婦人画報の山口晃さんとの対談。
美容院でくらいしか手に取ることのない雑誌だけど、
10ページの記載って聞いて買っちゃいました。
なかなか良かったです。

奈良さんや草間さんともそうだけど、
日本を代表する画家の山口さんと対談しても
ぶれないよね。大野智は大野智のまま。
そういう彼の在りようは間違いなく作品に表れてると思った。

「自分にちゃんと直結したものとしての作品を創るとき、
言葉としては自覚してないかもしれないけど、
大野さんは必要なものをちゃんと選び取っていける人だと思いました」

一流の人は的確に表現するんだなぁ。
それよ、それ。
フリスタⅡを見てきて、自分でいろいろ想像していた以上に
ひたすら楽しくて、すごい安心感があったのは
そういう大野さんを感じたからなんじゃないかと、
山口さんのこの言葉で思った。

7/29(金) 個展行ってきました。
20150729-11.jpg

20150729.jpg

前回は作品集でしか見てないけど、
誰に評価されるわけでもなく、ただ作りたいからという思いのまま
寝る間も惜しんでコツコツと作品を作り上げてきたおーちゃんの努力に感動して、
ひとりの世界で閉じこもって楽しんでつくった作品という印象で、
もちろんすごく上手で驚いたんだけど、
今回は、直接見たという違いもあるのかもしれないけど
ものすごく作品に広がりを感じてね、
おーちゃんが絵を描く人としての一歩っていう話をしてたけど、
「自由で面白いことをやっている」
そんな思いが伝わってきた。

パクの絵がすごく愛らしかった。
毛並みがつやつやして白い毛が混じってて
鼻や瞳が濡れているみたいで、大きな絵だけど本当のパグがいるみたい。
でも足のあたりはふわーって描いてて、水墨画みたいな軽さで、輪郭の線もあるのよね。
軽やかで、ともかく存在感が可愛らしいの。

その横に、例の(←)キャンバスアートの赤いメガネの人の絵があるんだけど、
これはもしかして、「今日の日はさよなら」の時に1時間早起きして描いたという
初めて油絵に挑戦したみっちゃん?
ネットで初めて見た時はちょっと怖いと思ったけど実際に見るとそうでもない。
ずっと見てると口元なんかが翔ちゃんに似てなくもないって思えてきて
だんだんと愛着が(笑)
はい、結果、キャンバスアート時計は購入しました。

個展は時間で区切られてて、1時間の時間制限があるけど、
とてもゆったりと見られました。
普通、入り口から入って順路があって順番に見て出口へ向かうけど
フリスタⅡは順路がないので好きなところから見てくださいって
最初にスタッフが説明してくれるの。
好きなところに移動して、見たい絵を何度でも戻って見られるの。
触れられたら困るものに停止線もあったけど、
基本的には近づいてよーく見てくださいということで
かなり顔を近づけて見ることができました。
そういう雰囲気もアットホームですごく好きで、
おーちゃんの個展って気がした。

それとさ、おーちゃんの顔の造形物、
あれどうやって型をとったんだろうね、
超リアルなおーちゃんの顔がそこにあって
壺に乗っかった赤い顔のおーちゃんが奇妙すぎてしばらくしゃがんで見てたけど
可笑しかったわー。
嬉しかったし(笑)

全部で3つのおーちゃんの顔があったけど、
もーびっくりですよ
その小ささに。
実物はこんなに顏小さいの????
やっぱアイドルって凄いなーって、マジで思ったのでした。

なんてね

しかし、大野智という人は、知れば知るほど好きになる人だと
最近大真面目に思ってます。(今更何を言う←)
お久しぶりです。今日は久々のフリーな1日でございまして、髪カットしてプチヘッドスパして、肩のマッサージしてもらってきて、ブログのテンプレートを変更して気分転換終了。
テンプレートの活字のサイズって結構その時の自分の気持ちと比例してるかも、って思った。
ってことは、今は大きい?(笑)
とりあえずこのテンプレを選んだってことはそーいうことなんでしょうか(自己分析しきれず

FREESTYLEⅡの追加チケット発売が決まったみたいですね。
今回は抽選だそうで、すごい倍率でしょうけど、とりあえず申込画面までは行けるってことです。前回はそれさえも叶わないで終わりましたから。
こればっかりは祈るのみです。

ただ今、あの「キャンバスアート時計」を購入するべきか否か、悩み中。
あの絵ってさ、もしかしてメガネの色をどうするかってさとらじで募集して決めたやつですか?
なんであの顔の人の絵を描こうと思ったんだろ、で、なんでそれをキャンバスアート時計に採用したんだろうね。
とりあえず言えることはあれをリビングに飾る勇気はないってこと。
自分の部屋ならなんとか大丈夫か、、ちょっと怖いけど。(その前に部屋がない)
やっぱ、さとちんって面白いなぁ。
私の想像の域を遥かかなたにいっててカッコいいっす←(カッコいいのか)

FREESTYLEⅡの作品集が届かない。まだ発送の通知もなくてちょっと遅いかも。
書店では売切れてるところあるらしいから、品薄状態なんでしょか。
開催前日の内覧会で嵐と岡田っちとシゲちゃんがいっしょで、大野さんに説明してもらいながら1時間まわったって話を、シゲがビビットでしてくれて、珍しく写真まで公開してくれて嬉しかった。おかげでいろんなことが胸熱、満足状態、いつまでも待てるよー。

インタビューを受けるおーちゃんが、7年前といろんなことが変わって、絵の描き方も変わったって言ってて、たぶん気持ちも違うんだろなぁって印象がすごくある。
切羽詰った感じで、必死で制作してた最初の個展までの状況は作品集からも感じるけど、凄いなぁ、尊敬するっていう感動とともにちょっと切なかったりするじゃない。
今回は描けないっていう苦悩もあったけど、それを乗り越えたおーちゃんを感じられそうで、「今の自分を見て」っていう言葉とともにすごく安心してる。

その作品をみんなに見せてね。
ツイッターなんかでも、特別に嵐ファンってわけじゃないけど大野智の絵を見たかったってつぶやきよく見かけるんだよね。
チケット売り切れてるなんてすごいなって(そーゆーレベルじゃない売切れ方です、笑)
ファンの子にはもちろんだけど、そういう人にも見てもらいたい。
作品はもうそこのあるんだからさ、ゆっくりでいいからみんなに見せてねー☆

シゲアキ先生カテでまた書くと思うけど、「傘をもたない蟻たちは」読み終わりました。
全部面白かったけど、最終章の書き下ろしの「にべもなく、よるべもなく」はシゲちゃんの作家としての才能にすごい期待する。
10000文字インタビューを読んだら、あれはシゲ自身なんだとしか思えなくて、いろんなこと抱え込んで自分に絶望する姿が泣けたよね。シゲも書いてて自分で泣いたって言ってたけど、彼のウジウジした湿っぽい優しさがたまんなかった。

ダ・ヴィンチの加藤シゲアキ特集も面白かった。
なんとなくだけど、シゲって脚本とか映画もできるんじゃない?って思った。
各場面の描き方が上手いよね、イメージが鮮やかに浮かんでくる。
なんてね
ご贔屓さんの可能性をあれこれ思うのがファンの醍醐味だよね(笑)

今夜のコヤシゲの「変ラボ」も楽しみだし、
(※いやいやいやいや!zeroでしたよzero!zeroで上海個展。泣けた、おーちゃん好きだー。)
なんつーっても30日の「ZEROカルチャースピンオフ」
櫻井翔×大野智×加藤シゲアキ 楽しみでたまりませ~~~ん
2015.07.14 フリスタGOODS
困ったなぁ、、、、

普段ね、グッズは一応買いますよ。
今年のワクワクのバック、仕事用にして愛用してます。
持ち手が白いから嫌だとか、なんだかんだ言いながら買ったけど、結果気に入ってます。←
でも基本グッズにはそれほどのこだわりは持ってなくて、
使えそうなものは買おうかなってくらいなんだけど、、、

フリスタのグッズ。

全部欲しい!

まだ具体的に画像も見てないのに、
それでも全部欲しい!

どうしよー、予算がー(笑)

1.Tシャツ(2サイズ)各2800円
2.キャンバスアート時計5200円
3.ミルクガラスマグカップ(2種)各2000円
4.ポストカードセット(10枚入り)1500円
5.フィギュア1200円
6.缶バッジセット800円
7.ショッピングバッグ1200円
8.5年日記帳1800円

2015.07.14 村の人気者
すっごい田舎で、
なんか ちょっと山奥に、すっげーじじいがいる
ちょっと行ってみない?みたいな

行ったらなんかもう 森ん中がアートになってたり
ほんで勝手に入るやつは
仕掛け作っといて
足にヒモをびぃーーって結んで
逆さまに吊るされてしまうと
「誰だぁ!勝手に入ったのは~」って言いたくない?

ふふっ


今日のさとらじ。
すげえじじいがいるって人気者になりたいって、
うん、なれるよ、おーちゃんなら絶対。

どっかの記事でよんだけど、
マッチがジャニーズの中で一番のアイドルは誰?って質問されて、「大野」って答えてた。

たくさんの後輩たちと飲んだときに、
大野の周りにたくさん人が集まってきて、みんなに世話焼かれてたからって(だったかな?笑、そんなニュアンス)
あいつが一番アイドルの素養があるんじゃない?って

みんなと一緒に飲んだことあるけど
自分でなにかしなくても
周りがついてくる
才能があると思う。


いま見つけてきた、これこれ。

そんなにたくさんの交流があるとは思えないんけど
その場でそう感じたマッチって凄いね、よく人を見てる。

愛されて可愛がられる人だよね。大野さんってホント。

話かわるけど、
フリスタの上海の展示会。
結局予定していたものは中止になったみたいね。
タクシーを使ってのファンの追っかけがひどくて(高速道路をとばしたらしい)
ことが起きては大変ということで中止になったらしい。
何が中止になったのかはわからないけど、会場でインタビューくらいは予定してたのかな?

正直言うと、最近のおーちゃんを芸術家扱いする感じがあんまり好きじゃなくてね。
絵を描くことはおーちゃんにとって欠かすことのできないことで、だから出来上がった作品をファンの人に観てもらいたいって思ってくれてて、ファンも約束を楽しみに待ってる感じ、シンプルにそういうことなんだと思うんだけど。

おーちゃんのなりたい人気者ってのはそーいうことで、
人気者になりたいって、おーちゃんよく言うよねー。
ホント、そういうとこが好きですわ。
2015.06.24 FREESTYLEⅡ
20150624-4.jpg

5/12の記事
20150512-1.jpg

大野さんの個展がニュースになったのは5/12だから、一か月以上下書き保存されたってことね。
情報解禁前夜にそれらしきツイを見て、「え?個展?」って驚いて(今年中かなとは思ってたけど)、珍しくしばらくざわざわして眠れなかった。

日常の中にあるさとらじのおーちゃんとの絵の話。
今こんな絵を描いているとか、眼鏡の色をどうするかアンケートを取ったりね、ひたすら楽しい話なわけですよ。
初めて釣ったクロダイの歯を宝物にしてたのにかーちゃんに捨てられた話とか、今度はイシダイの歯を使ったオブジェを作ってて、おでこに自分の歯を使ったとかね。
いつかみんなに見せるから楽しみにしててねって約束が、そばにあったはずの世界が、突然に「アート」になり「海外進出」になり、チケット争奪戦の話になるだろうと(なってしまうのは必須だったから)いう違和感。そういうものをひっくるめた気持ちがたぶん「ざわざわ」なんだろうな。

おーちゃん自身は何も変わってないと思う。
描くこと作ることは彼そのものだから。待ってくれてるファンに見せたいっていう気持ちだけだからね。
見たい人が多すぎるって言ってしまえばそれだけなんだけど、作品は間違いなくそこにあるんだから、もうちょっとカジュアルに楽しめる方法(公開方法)を取ってくれないですかねぇ、事務所様。

「前回より今の自分が表れていると思っています。あれから7年経って、大野智がどんな風に変わったのか見てほしい」

おーちゃんのこのコメント、すごくいい。
「今の自分」って言ってくれるのが、すごく心地いい。

超多忙なアイドルの仕事をしながら寝る時間を削ってフィギュアを作ったり絵を描いたりしたのは、一日一回そうやって好きなことをしないといられないという、好きだからやるというシンプルでまっすぐなエネルギー。
前回のFreestyleの作品集を見て感じたことは、好きをよりどころにしないと自分を保てないくらいに切羽詰ったところで生きてきた大野智という人だった。
夜中に粘土をこねて、洗っても取れなくて爪が黒くなってて、そんな爪で収録に来るなってマネージャーに怒られてたおーちゃん。
そんなエピソードを聞くとなんかたまんない。

今はもう迷いはないとハワイで言い切ったおーちゃんが、見せてくれる今の自分がどんな作品なのか。
もうそれだけで私は嬉しい。
ホントはね、ざわざわする前に「おめでとー」って言いたかったんだけどな。
だよね、ホントそう。

おーちゃん、個展開催おめでと。
作品を見せてくれるって約束を守ってくれてありがと。
そして、待ってたファンの子全員に見せてね。
約束だからねー。
20日にthey武道が出演してるクリエにおーちゃんが来てたってツイで盛り上がっておりました。
(タイムリーな話じゃない下書き保存されてた話題、笑)
they武道っておーちゃんのソロでよくバックで踊ってる3人組のjr.くんたちだよね。

カーキ色のキャップにマスクして深めに座ってて、紹介されたら僕はいいからってジェスチャーだったそうで、できればほっといてーって感じだったんだろうね。会場の盛り上がりは凄かったらしいです。
注目されればされるほど深く座って周りから帽子しか見えなくて、
出ていく時も下を向いて忍者みたいに存在を消してたそうな(笑)
笑、笑、笑、、、おーちゃんらしいー。
長年嵐のライブについてくれてるthey武道くんたち、大野強化担当くんもいるという話は常々聞いてたから、嬉しかっただろうなぁ。

they武道の林くん(@大野担)が披露したソロ曲は「いま愛を語ろう」(2002年「HERE WE GO!」)
恋愛中の恋人同士の歌だね。
ちょっと懐かしいような照れくさいような、、昔過ぎて忘れた(笑)
こういう曲って20代前半だな、やっぱ。
メジャーじゃないけど秀逸な曲ってたくさんあるわけで、そういうのを後輩くんたちが歌い繋いでいくっていうのっていいな。

あまりそういうとこ行かないおーちゃんなので、話題騒然ですよ。
どしどしそういうとこに出かけて欲しいので、なるべくそっとしておいてあげてね、、、
そのうちラジオでその話してくれるかなー。

そして、昨日は相葉ちゃんのラジオで、洋服をjr.くんにおさがりする話。
ふぉ~ゆ~の松崎くんが相葉ちゃんのうちに来て服、靴、時計、いらないものもいるものも持ってったって。

デビュー組の後輩くんとの交流の話も嬉しいし、
デビューしてないjr.くんたちとの話も微笑ましくていいな。
みんなそれぞれに頑張れる活躍の場がずっとあるといいよね。
10代20代の若い男の子たちだけど、人生をかけた頑張ってる姿が垣間見えてキュンとする。
母目線だったりするのです←

そういう意味では、町田くんのことも何気に気にしてる。
おーちゃんと裏表の人な気がするから(どっちが裏とか表って話じゃないよ)
私は最近の昼のドラマの演じてる彼しか知らないけど、好きな世界で(舞台、踊り)活躍してほしい。

ところで、昨日の相葉ちゃんラジオの思い出シュレッダーっていうコーナー。
トイレに入る時女性はスカートを下すのか下さないのかの話で、
下すでしょ、下さなかったらぬれちゃったりしないの?的な素朴な疑問を主張してて、
なんかもー、深夜、ひとりの台所で大爆笑してしまいました。
相葉ちゃんってホント好きだわ

あー、時間ー。
仕事いってきまーす☆
飛べない届かない空はない
掴めない見れない夢もない

消えない色のない虹はない
いらない必要のない人はいない

癒えない解けない傷はない
動かない移らない時代もない

バレない伝わんない嘘はない
迷わない間違えのない人はいない


初めて聴いた時は覚えにくいメロディラインだなぁって思ったのに、
聴けば聴くほど癖になる、青キミ。いい曲だわ。
Sakuraも相当繰り返し聴いたけど、青キミも現在激リピ中です。

ソロパートが続いて、最後に大野さんの伸びやかな声が広がる感じはちょっとたまんないです。
だからね、この曲は是非フルで歌って欲しい。
ユニゾンで歌うサビの部分は、空に向かってわーって伸びていくような爽快感があるよね。(翔ちゃんがスコーンって抜ける感じって言ってたね)
歌詞の、ないないないの三重否定が肯定になる面白さがあって、
日常にある不安に怯えながらも、でもやっぱり誰かと寄り添って未来へ向かう感じが、相葉ちゃんのドラマの雰囲気にもピッタリです。

ダンスも軽やかで可愛くて素敵なんだけど、
この曲に関してはダンスなしでもいいとさえ思うくらいで、
いつか生歌で5人のユニゾンをしっかり聴いてみたい気もする。

初回盤のメイキングもよかったね。
ニノと潤くんが、誰が一番変わったかって話で相葉ちゃんって。
明るくなったって。
たぶん元々は明るい人ではあるんだと思うんだけど、そうではない影の部分もファンはなんとなく感じていて、それが相葉ちゃんの魅力でもあるんだけど、末っ子ちゃんふたりが期せずして同じこと言ったのが面白かった。

でさ、ウラアラトーク2015。
これは通常盤に収録されてるのね。
あ、そうなのね、、、(笑)
てことで、初回盤はAmazonでフラゲしたけど
通常版は発売日にTSUTAYAにひとっ走りして買ってきました。

これは買うだけの価値のあるトークだったわ。
大野さんの赤ちゃんの匂い問題☆
以前に、番組で大野さんが触った本がどちらかっていうの、ピッタリ当てちゃった翔さん。
雑誌でこの件について、たまに大野さんからいい匂いがするって、だからわかったんだって言ってたけど、
他のメンバーからもいい匂い(赤ちゃんみたいな)発言が飛び出してきて、これはいったい私にどうしろと、、、

うう~~~
大野さんの可愛い生え際をくしゃくしゃってしたい!(←危険)
だって赤ちゃんみたいに可愛いんだもん生え際(←マジ危険)

温泉の素の硫黄の匂いはだめで
ラベンダーなら大丈夫で。
お風呂に5分浸かれなかったのが最近大丈夫になったって
ったく、どんだけ可愛い34才だって話だわ。
「日刊スポーツ・ドラマグランプリ」受賞おめでとー☆
昨日から内田Pのお話でちょっと盛り上がっております

「死神くん」がおーちゃんのドラマを作りたいってことから始まったことは周知のことだけど、
企画の段階でてたのが、ペットとか家政婦とか、、、、置物(爆笑)
おーもーしーろーいいーー!!!

でもおーちゃんなら家にじっといるだけでドラマが作れそうな←

すげーな、おおのさとし。
そんな人他にいない(笑)

ラブストーリはいやだって、さとらじでも言ってたけど
(40になったらいいって言ったよね、言ったよね!言ったよーー!)

ペ、、、、ペットってなんですかっ

黒猫さとちが気ままに、ふんって無視したり
ごろにゃんと甘えてきたり。
そんなドラマですかっ(ふんがっ

そんなドラマ作れるんですかっ

あ、、、、鼻血が、、、、、




内山P「攻めた」ドラマGP作品賞「死神くん」
  ⇒⇒ nikkansports.com  
 「第18回日刊スポーツ・ドラマグランプリ」主演男優賞は嵐の大野智(34)が受賞した。対象作はテレビ朝日系「死神くん」。自然体で取り組んだことが3度目の受賞につながった。作品賞も同ドラマで、ダブル受賞となった。
 内山聖子(さとこ)プロデューサー(50)は「死神くん」は攻めた作品だったと振り返る。週末を控えリラックスする時間帯の金曜午後11時15分からの放送枠で、死を扱うことが攻めだったという。「大野くんが死神くんとして迎えに来る、それがなかったら成立しなかった」という。
 「大野でドラマを」というところから企画が始まった。「ふと見たら大野くんが家の中にいるイメージで、家政婦役やペット役などの案がありました。そっと寄り添ってくれる存在を演じてほしかった」。そこに「死神くん」が挙がった。死を前にした人に寄り添う主人公が合致した。収録に入って驚いた。「監督の心、ゲストの心、人の心にすっと合わせられる。天才だと思います」。
 いつか「死神くん」の映画をやってみたいと言う。「3Dでビュッと出て隣に来てくれたらすごいでしょ?」。




今日のさとらじ、「岡目八目」
「岡田准一の岡、目玉の目、漢数字の八に、金目鯛の目と書きます。」
突然の金目鯛の目のたとえに戸惑いました。
普通はたとえないたとえ、さとちゃんったらー(笑)

始めは潤くんがライブを演出する話。
通しリハーサルも衣装付き通しリハーサルも演出側でチェックするから潤くんはいつもぶっつけ本番で、
そりゃ緊張するよね、脈拍も一番高いはずです。
そしてジャニーさんの演出力の凄さの話になって
最後さらーっと「目指したいですね、いつかなってやりますよ」って。
言ったよね、確かに聞いたからね。←

ARASHI BLASTのインタビューで
だんだんテレビに出るのが恥ずかしくなるって言ってたけど、いやいやいつまでも出てね、簡単に会えないんだから。
でもライブ中のインタビューではまだまだ踊れるって自信満々に言ってたし、ライブは内なる自分を出せる場所だって言ってた。

本来、おーちゃんが一番合う場所って舞台なんだろうなって思う。
歌って踊る本業の姿はファンは知ってるけど(そこがあってのファンだから)、そうじゃない人はバラエティ的な番組やドラマでの姿しか知らないわけで、マルチな仕事を要求されるアイドルって本当に大変だなって思うよ。やれちゃうからこそアイドルで居続けられるんだろうけど。

いつかなってね、やりたいことやって。
急がなくてもいいよね。
研修スタートが先月の19日だから、まだ一カ月もたってないんですねぇ。
長かった(この年で時間が過ぎるのが長いって結構貴重かも、笑)
今週になってなんとかくメドがついてきて、ストレス感が減ってやっと落ち着いてきたかな。
慣れてしまえばどーってことないんですよ、早く慣れたい。
気になってた確定申告の件もどーにかなりそうで、やっと落ち着けそうです。

映画観たい。
何よりピカンチ観たい!
メイキングが評判よさそうなので楽しみ感満載でキープ状態です。
ハルちゃん待ってねーー

自分が目いっぱいの時って助けて欲しくなるよね、おーちゃんに←
ぼーっとドラマ観て発散もしてたけど(デート面白い!)
ともかく繰り返し観たのが、Mステのsakuraと、
ロス&ベガスのオフなおーちゃん。
特に前半の潤くんに引率されたじーちゃんがほのぼのしまくりでたまりません。
しばらくはこれで幸せに生きていけそう。

「緊張すんなよ」「なんでだよ」
「あ~眠っ」
セレクトショップの大あくび
「ロス住んでるんですか?」
彼は限界‥・虫の息(ちーん)
スムーズクリミナルの 「アーオ!」
ビリージーンのちゃらちゃっちゃ、、むねーむのーむまーい
潤くんがホットドックを注文するときのおーちゃんの可愛い横顔
誰かにしためくばせ
潤くんのカニクリームでの「カワイイね、今の」←おまえが可愛い
看板から顔出しての 「やめろよ」
潤くんへの 「その飲み屋どこ?」wwwwwそこ?
「どこがイイの?」「高床式だってところがイイよね」←潤くんお世話になってます
「なんでも言うのやめてくれる」
え~(ちーん)
「ばいばい」
VTR後の4人のおーちゃんへのかまいかた
「食べてた食べてた」「あったでしょ」
甘やかされすぎでしょ
あーーかーーわーーいーーいーー

以上、可愛いを並べてみました