2015.06.03 余白を見守る
ユチョンの兵役が8/27に決まったそうですね。
SBSドラマ「匂いを見る少女」の評判もよかったみたいだし、今はソルギョングさんの「ルシッドドリーム」の撮影中。
「海霧」では新人賞8冠達成という凄いことやってのけちゃったし、良いイメージで区切りがついて良かったね。

「匂いを見る少女(냄새를 보는 소녀)」をなんとか今観ようと思ってるんだけど、無痛覚症の役だったのね。
サンウが映画「痛み」で演じてた無痛覚症、あれは辛そうだった。実際はすさまじい現実のはず。
ドラマは可愛い雰囲気らしいので楽しみです。

ユチョンと同じC-JeSの大先輩のチェ・ミンシクさんが百想芸術大賞で「鳴梁」で映画部門大賞を受賞した時の挨拶がとても素晴らしくて、これトベニさんに教えてもらったんだけど、素敵なので私のブログに記念に保存したいと思います。
横にいるのはガンホさんね。
にこやかに拍手するアン・ソンギさんも素敵。
いやぁ、韓国のオッサン俳優は最高っす!←



百想芸術大賞 'チェ·ミンシクの自己反省と余白  ⇒⇒ sbs
2015年5月27日

「見る人によって好き嫌いがはっきり分かれるが、「鳴梁」という作品は明らかに私に重要な作品だ」とし「卑しいからだにフラストレーションを味わうきっかけとなった。本当にたくさん勉強しなければならない、終わりがなく驚異的な重圧にもう一度苦しむきっかけにもなった。だから、ますます感謝の気持になる作品だ」と作品に対する格別な愛情を表現した。
昨年の夏に公開された「鳴梁」は全国1700万人の観客をひきつけて韓国映画興行史を書きかえた。 チェ·ミンシクはこの作品で李舜臣将軍を渾身の熱演で披露した。
チェ·ミンシクは今、全国を回って、映画「大虎」の撮影に邁進している。 このような近況を伝えて、最近自分に特別な所感を抱かれた音楽を言及した。
まさに映画「ミッション」(監督ローランジョペ)のOSTであった。 チェ·ミンシクは「この音楽が感情的に今撮る映画と触れ合った部分がある。「ミッション」は、軍隊での最初の休暇の時にソウル劇場で見た映画だ。突然、その時代の私を思い出した。授賞式に参加しに釜山で夜明けに上がってきてたくさん考えた。20代、より遡って高校生の時、映画、演劇をしたいと夢見てたその時のチェ·ミンシクと、今のチェ·ミンシクがどう繋がっているのかを悩んだ」と告白した。
チェ·ミンシクは初心を失ったかのようで自分が恥ずかしかったと言った。 彼は「あまりにも変わり、あまりにも染まって、良い作品の話をするよりは、この映画が興行になるのかないのかを話すようになった」と反省​​した。
これをきっかけに自分自身を見つめ直すきっかけになったと付け加えた。 チェ·ミンシクは「少しでも残っているの余白をしつこく捕えて見守る。この世を生きて変わることが自然だと言い訳して見るが、それでも最後までその余白を見守るように努力して、より良い作品に恥ずかしくない俳優なれるよう熱心に努力する」と観客に約束した。
「殺人の追憶」の脚本家シム・ソンボによる監督デビュー作。
あらすじの予備知識ゼロで臨んだので、
途中からの展開に「うっそーん」

20150429-11.jpg

現実に亡命や様々な理由で密航を企てた話は日常的にニュースになるし、人知れずにこういうトラブルで消えてしまった方たちがいるかもしれないと思いながら観てたわけですが、2001年に実際に起こった「テチャン号事件」というものを題材にしていることを後で知りました。
驚きというよりやっぱりという気持ち。絶句しながら観てる場合じゃないよね、事実としてあったことなんだから。
ともかく現実がずっしりと重いです。

船長のチョルジュにとって老朽化した漁船チョンジン号が人生のすべてで、なにがあっても守り抜きたいという思いが最後に狂気になってあんな風になったのかな。家族のように一致団結して船に乗っていた仲間なのに。
一番大切な守りたかった場所が、どんどん深くなっていく霧の中で迷走し、コントロールできない方向に暴走してしまった。
最後はもうホラーでさえもあった。怖いよー。

始まりはキム・ユンソク演じる船長の目線だったものが、後半はユチョン演じるドンシクの目線へ展開する。

20150603-2.jpg

ぶっちゃけな話、ユチョン初出演映画で、評判がとてつもなく良かったので観に行ったんだけど、その理由で観たとして、かなりの衝撃的な作品だったわけですが、充分に見応えのある内容でした、素晴らしかった。

あの可愛いユチョンが、どこからどう見ても田舎の素朴な青年にしか見えなくてドンシクでしかない。
殺戮が繰り返される修羅場の中での彼の唯一の正義が彼女を守ることだったんだと思うと、それはそれで納得ができる。
ふたりが感じた感情が恋愛だったかどうかなんて、あの状況で誰も決められない気がするんだよね。

だから、流れ着いた先で彼女がとった行動は納得できる。
あれからドンシクは彼女を探したんだろうか、どうかなぁ。
どこかで会えないかと思ってはいたよね。きっと。
そんなこちら側の思いのためのサービスですかね、最後のシーンは。

作品的には流れ着いた海岸の場面で終わって欲しかったけど、
ひとり黙々と働くドンシクの暮らしに少しだけ触れさせてくれたのは監督さんの優しさでしょうか、そういうことにしておきます。

20150603-1.jpg
途中でちょっとお尻が(腰が)痛かったんですよね。
長そうだなとは思ったけど143分。そりゃ痛くなる(笑)

面白い映画でした、今までにないテイストの時代劇。
観た人に感想を聞くと「面白かったよ」って必ず言うんだけど、でも具体的にどこが面白かったって教えてくれないの。
何となくわかる気がする、なんか具体的に言いにくいかも。

20150529-3.jpg

天保十二年(1841)。老中水野忠邦の世に言う天保の改革の真っただ中。あと10年もしたらペリーが浦賀にやってくる幕末に近い江戸時代。
この時代の人が美味しそうに食事をし、働き、話題の戯作が発行されるのを楽しみにしている様は、次は何の映画を観ようかと楽しみに友達と会話してランチする今日の私の姿と何もかわらない。

女からの離婚請求の権利がなく、そのための政府公認の縁切り寺(鎌倉の東慶寺)と聞くと、女は虐げられて暮しているのかと思うけど、いやいや結構逞しい。
案外、亭主は女房に逃げられると何もできないじゃんってところも、今と同じじゃーん。

そんな男と女の物語が想像以上にてんこ盛りになってます。
これだけの話を1本の映画に入れてしまうって相当だと思うよ。そりゃ143分かかるっちゅーの。
よく混乱しないでまとまったと感心します。

兎にも角にも、贅沢過ぎるキャスティング。
いいんですか?ホント。
どなたもドンピシャに素敵に似合っていて生き生きしていて、
それが作品全体に品がある要因かなと感じました。

想像妊娠騒動やハチミツ浣腸のくだりは面白かったけど
いっぱいあり過ぎて思い出せないくらいのエピソード数で、
できれば少し数を減らした方が、ひとつひとつにゆっくり感動できたのになぁ。

私はじょごと信次郎のラブラブてしたところをもうちょっと見たかったよ。結構斬新なファーストキスだったし☆
20150529-44.jpg

お歯黒眉なしが艶っぽかった☆
20150529-55.jpg
昨日「海霧」を観てきました。
ゴジラが顔を出してるTOHOシネマズ新宿で、
新しい映画館綺麗だった、それだけでテンション上がります。
胃がヒューヒューする←

映画の感想はまた後ほど、
予備知識なしで行ったけど、なかなかのずっしりな作品でした。
全俳優さん素晴らしかった、見ごたえあるよね。
ユチョンの演技ほとんど初見でしたけど、あの俳優陣の中で堂々の演技力。
っつか、俳優さんでしかない。
どこをどう見ても訛りのある田舎のさえない青年。ちょっとぷくっとしててアイドルの片鱗はゼロ。
アイドルのラブシーンって緊張しがちだけど、まったくそういう感じもなかった。
凄いよ凄い。

ランチは小田急百貨店の10Fにできたstorystoryのカフェで。
ここで「流星の絆」のアリアケのハヤシライスが食べられると聞いたのでさっそく行ってきました。
小説に登場するメニューが食べられるという企画で、
たまたま前日にツイで知った情報なんだけど、翌日実行なんてぐっとタイミング。楽しい☆
そして美味しかったです☆
有明3兄妹を思い出して泣けるー。

ブックカフェなので購入前の本を持ち込んで読んでもいいんだって、
窓際の席に座ったんだけど、タブレット端末が置いてあってそれも自由に利用できる。
ひとりで行ってもゆっくり過ごせる雰囲気でした。
いやぁ素晴らしい。

休日の昼下がり、おーちゃんの話、ユチョンの話、ソル様の話、ミョンミンさんの話、そして突然のC-JeSの話題。
話が尽きないです。楽しいなぁ。
何の縁なのかサンウから繋がってる話題だから久々のペク氏の話題が不思議な気がする。

C-JeSはJYJから始まった事務所らしいんだけど、今はソル・ギョング、チェ・ミンシク、イ・ボムス、イ・ジョンジェ、そしてムン・ソリさんもそうなの?凄い俳優さんが揃っててビックリ。

ペク氏はサンウの時、いろいろあって話は知ってるけど、正直ピンとこなくて、わからない。
国が違うと考え方も理解できない部分もあるだろうし、あんまりそこに関わってくると、俳優が好きで作品が好きから始まってることが、なにがやりたいことなのかわかんなくなるから。

ただ言えることは「海霧」が素晴らしかったってこと。
俳優として良い仕事ができる環境が整って良かったねって思う。
そこに大好きなソル様がいて、ユチョンの大きな力になってることも嬉しいし、ソル様もいろいろあったけど、もっともっと良い作品に出てほしい。
この間見た「ソウォン」も素晴らしい映画でした。(泣いた泣いた)

今度ソル様の映画にユチョがカメオ出演するんだってね。
好きな人たちが良い関係で良い作品で繋がる感じがとても楽しみになってきました。
2015.04.02 Sakura
朝仕事に行く途中に綺麗な桜並木があって今朝はまさに超満開。綺麗でした。
毎回そこを歩きながら嵐のSakuraを聴くのが良いんですよ
そうすると気持ちはウロボロス←
そう、私にとってSakuraはどっちかというと嵐の曲というよりウロボロスなんだよなぁ。

イクオの部屋にあるのはベッドだけで、あんな殺伐とした部屋で暮らしてたイクオのマイホームはまほろばだけだったんだなぁとか、でも彼は本当に心の暖かな子だったとか、
竜哉を尊敬してた深町は、竜哉のことどこまで知ってたのか、でも美月を止めたことや、オムライスを食べながら泣いてたから、実は復讐のこと全部知ってたのかなぁとか、
最後の方、特に最終回が秀逸だったので、いまだに余韻が残ってて切ないの。
満開の桜の下をSakuraを聴きながら歩くと、まだまだウロボロスしてます。

ドラマ繋がりの話をすると、今回は魅力のあるドラマが多かった気がします。
私は断トツ「デート」がお気にいりで、そして「ウロボロス」と「ゴーストライター」

デートは久々の大々ヒット作品で、1話から最終回まで全部面白かった。
最終回もよかったよねぇ、リンゴを分け合って食べるシーンなんてどんなラブシーンより意味深くて素敵だった。
何話か忘れたけど、お雑煮を作る回の話が大好きです。やっぱり食べながら泣いちゃいうシーンにとことん弱くて、依子がお雑煮を食べながら泣くシーンは良かった。
それと鷲尾くんが依子の家の鍵を受け取って勘違いしてガッツポーズしたのは笑ったなー。
すべてが面白かったデートだけど、私的には鷲尾くんが大大大大ヒットです。
中島裕翔くんはしばらく鷲尾くんだな(笑)ピングレ楽しみにしてる

娘は「問題のあるレストラン」がすごく面白かったんだって、
娘世代の女子に刺さるドラマだったんだろうね。
私はハイジさんが楽しみでした。

「ゴーストライター」は視聴率もよくなかったし、あまり話題にもならなかったけど、
よくできた脚本で、いつも私の予想より先に行っちゃう面白いドラマでした。
絵が綺麗で、ひんやりとした質感だけど熱くて、いろいろあったけど結末が気持ちよくて、良質なドラマでした。

ホント今回はよくドラマを観たわ。
もうすぐ始まる春ドラマは今のところ、相葉ちゃんのドラマだけは観るけどあとは未定。
毎回ひとつふたつくらい楽しみなドラマがあるといいよね。


今、週3で午後も仕事を始めたんだけど、やっとなんとなく落ち着いてきたところです。
では、今から行ってきまーーす♪
2015.03.21 ウロボロス
殺せんせーとウロボロスで感情が忙しい。←

「暗殺教室」なんてぶっそうなタイトルなのに黄色い物体が笑ってるし、ナニ?
初見はそんな風に思ってたのに、いるまんじゅうから始まって、殺せんせーがニノちゃんだなんて、
思いがけずにご縁のある映画になっちゃって、まさかニノが舞台挨拶に登場するとはね。
いつ観に行きますかね、楽しみ☆

そして昨日の「ウロボロス」最終回。
秀逸な最終回だったなぁ。今日一日、思い出すたびにちょっと涙目になってたもん。
切ないけど、結子先生のところ帰っていった竜哉とイクオ。

ムロさん(深町)が予想外に泣かしてくれたよね。
竜哉とイクオの決意を感じて美月を止めるなんてさー、彼も瞬時に別れを覚悟したってことでしょ。
泣きながらオムライスを食べるなんて反則だ。
私、泣きながら食べる人にホントに弱いんだから、あれは泣きました。

まほろばの子役の二人と、斗真くんと旬くんが本当にピッタリで
イクオが時々あの子役の子みたな表情になるの、復讐のためだけの人生を生きてるのに、
たっちゃんが大好きな素直で可愛いイクオになるんだよねー、それが切なくてすごーく良くて、
私ねぇ、特別に斗真ファンってわけじゃないけど、斗真くんの芝居は自分で思ってる以上に好きみたい。

このドラマは斗真くんが原作を読んで是非演じてみたいと、旬くんと演じてみたいと5年前から願ってた作品なんだって。
俳優のそういう願いが叶うんだね。
良い話だなぁ。
次の作品は「予告犯」 (6/6公開)、楽しみ。

ヌフフフフ~、今「暗殺教室」の宣伝がTVで流れた。
ニノちゃんだ(笑)
いつかはとは思ってたけど
映画化されると知って、さっそく読んでみました。
「ピンクとグレー」

評判はなんとなく知ってたし、期待しつつあまり期待しないでなるべくフラットに読みたかったんだよね。
幼なじみというより合わせ鏡のような二人の物語。

最初は時系列も前後するし、少し読みにくい文章で、
シゲのイメージもちらちらしてちょい邪魔だったんだけど、
途中からは惹きこまれて、ラストまで一気に読みました。
シゲだってことも忘れてた。

面白かった。
やるなーシゲちゃん、次は「閃光スクランブル」読むよ。
20150311-6.jpg

中島裕翔  菅田将暉  柳楽優弥
映画の出演者がときめくわー。

中島くん、デートでぐぐーんと私のお気に入り範疇まで登りつめました。
彼って「理想の息子」にでてた背の高い方の子だったのね、知らなかった。
半沢直樹は観てない。

主役だからりばちゃんなんだと思うけど、
イメージ的にはりばちゃんが菅田将暉くんで、ごっちが中島裕翔くんっぽいんだけどな。
柳楽優弥くんは誰の役?
彼が主役でもいいくらいだけど、この役はアイドル級のイケメンが必須だからね(だから?←)

映像化しやすいストーリよね。
公開は来春だそうです、楽しみだなぁ。



その前に楽しみなのが11/7公開の「グラスホッパー」

妻を轢き殺され、復讐に燃える「鈴木」、、、生田斗真
人を自殺させる仕事をしている「鯨」、、、浅野忠信
殺しを請け負っている「蝉」、、、山田涼介

これも映画化を知って原作を読みました。
伊坂幸太郎って日常にある非日常ってイメージだったけど、
いきなり非現実的な世界に突入したので、読みはじめはちょっと苦労したの。
読み終わった感想を一言でいうと

「白昼夢」

これも映像化すると面白そう。

斗真は脳男で人間の感情を捨てる覚悟をした人にすぐなれそうだし(笑)
山田君はおーちゃんと共演した時に、生きることに希望を持たないように生きる青年をミステリアスに演じたし
浅野さんだし(←簡単)
そりゃもー楽しみです。


20150311-11.jpg
自分を“映画人”として認めていただいてありがとうございます

「感情が動く時に人は見てくれるんだ」と言っていただいた
(緒形さんに)「芝居をやるには難しい環境かもしれないが向いてるから続けなさい」と言っていただいて
なんとか続けてこられています

向いてると言われたのが芝居と格闘技しかなくて
その2つだけが向いてると言われて
20年前からこの仕事をさせてもらってますけど何もできなかったんです

またここに帰って来られたとき実力を認めていただけるんだと思っています
戻ってこられるよう精進しますので、誰かまたここに連れてきてください


アカデミー賞で岡田くんのことばが素敵だったので書き留めとく。
実直に努力し続けてきた人だもんね、映画人として、、のくだりは感動しちゃう。
「ジャニーズの」というフィルターをとっぱらうのは簡単なことじゃなかったはず。

向いていると言われたのが芝居と格闘技って、、そうだとしても、おかだっちってやっぱりなんか面白い。
やっと自分の髪で登場でしたね。
もんちっちみたいに可愛くて笑っちゃった。

誰かまたここに連れてきてください。っていう言い方も笑っちゃうけど、でも本音だよね。
作品があってこその俳優だもん。
でも、作品の力は大切だけど、この俳優が演じるなら観てみようっていうのも大きい。
岡田くんはそう思わせてくれる人で、「永遠の0」はまさに私にとっては、岡田くんだったから観たし感動した作品だった。

アカデミー賞は、他にもノミネートしてほしいと思う作品もあったけど、
最近の日本映画の盛り上がりがそのままの楽しい賞レースでした。
安藤さくら、二階堂ふみ、池脇千鶴、主演女優賞を取って欲しい女優さんばかりで、
「紙の月」だけ観てなかったんだよね、これはもうさっそくレンタルしなくちゃ。
個人的には助演男優賞は「そこのみにて光輝く」の菅田くんが良かった。
どうしてノミネートさえもされてないのか不思議です。


昨夜、「小さなおうち」が地上波でやってて、ゆっくり観られないから録画してたのに、最後の方をだんながTVつけて観てた。
珍しいのよ、そういうの観ない人が。私に説明しようとするの。ネタバレやめて~~(笑)
そしたら「母と暮らせば」の発表の様子が流れました。
楽しみだなぁ、ニノちゃん。
来年のアカデミー賞でニノちゃんに会えたら嬉しいなぁ、、気が早過ぎだね。

岡田くんは次は「図書館戦争」、そして「エヴェレスト 神々の山嶺」
井上文雄プロデューサーは天地明察からのお付き合いだそうです。
仕事ってなんでもそうだけど、信頼関係の積み重ねだもんね。


私もがんばろ。
2週間の研修期間を終えて、今日から次の段階です。
ちょっと気が重いけど←、仕事行ってきま~す♪
ピカンチとsakuraの初回盤、昨日同時に二つフラゲしました。
6月の話だけど、青の炎のニノちゃんバージョンも予約しちゃったー。うしし
やっぱりさ雑誌系は我慢するけど、聴けるもの動くものには弱いよね。
最近雑誌は全く買ってません、偉いでしょ(何の報告か、、)
「赤めだか」は買っちゃいました。ぼちぼち読もうとおもってます。
それと、「ピンクとグレー」を図書館で予約してます。
最近コヤシゲにちょい反応してまして、
newsのアルバム、そのうちレンタルしようと思ってる。(まだ買わない)

映画「ピンクとグレー」に主演する中島裕翔くんが出演してる
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」が最高に面白いです。
最近の月9の最高傑作ちゃう?って思うくらいに面白く観てます。
脚本が面白い、役者さんもピッタリはまって、絶対にふられるとわかってて鷲尾くん応援してます。

あと観てるドラマは
「ゴーストライター」
ひんやりとした質感、展開が早くてつい観ちゃう。

「セカンド・ラブ」
ジャニースのセックスシンボルを目指すと豪語した亀ちゃんを観なくちゃと思ってね。
大石静さんの脚本では「セカンドバージン」が大人の恋愛にドキドキしたよなぁ。
今回は恋愛ものとしてのドキドキ感はいまいちなんだけど、登場人物がみんな痛い。
三十半ばの高校教師の深きょんが、なんかーもー、仕事も家族も袋小路に入りまくって、
不倫相手もなんだし、カマトトっぽくて、潔癖病的なお母さんを丸抱えで、あんな人生絶対嫌!
あれじゃ突然現れた得体のしれない亀ちゃんについてっちゃうかもって思うもん。(おい)
でもダンサーの亀ちゃんも、亀ちゃんだからいいけど、普通に世のなかであんな人と出会ったら、人生博打過ぎって思う。
、、ってつい語っちゃいました。
どことなく韓国ドラマの匂いもある。
あんまり視聴率よくないみたいだけど、私的には楽しみに観てます。

「〇〇妻」
シリアスそうでコメディにも見えたり←
展開が予測できなくて、東山くんの不思議なハイテンションが可笑しくて大笑いしながら観てたけど、
最近ちょっといろいろわかってきてつまんなくなりつつあります。

sakura主題歌の「ウロボロス~この愛こそ、正義。」
3,4話あたりがちょっとめんどくさいなーって思ってたけど、ここにきて俄然面白くなってきた。
怪しい人がみんな金時計してるってとこが劇画っぽいよね。
ドラマって、ストーリーが面白くて観る場合と、俳優さんに惹かれて観る場合があると思うんだけど、
ウロボロスに関しては完全に斗真くんだから観るって感じかもって最近気づいた。
復讐劇で刑事ものだから「流星の絆」や「魔王」を思い出すねって最初の頃言ってたけど、韓国ドラマばりに警察がダメダメな話。
魔王の頃の斗真君は力が入り過ぎて観てて疲れたけど、上手くなったなぁって思う。
たくさん映画に出演して経験を積んだもんね。
上野樹里ちゃんも好きだし、「もうすぐ君の前から消えるよ」のくだりのシーンは最高でした。

でさ、潤くんの金時計。
Mステでsakuraを初披露した時、翔ちゃんと潤くんだけが両手に腕時計をしてて、
他の3人はしてなくて、なんだろって思ってたんだけど、あれ、潤くんの右手は「金時計」だったんだって。
他の時計はカモフラージュ?
お洒落なことするな~☆
Mステあとに潤くんと斗真くんが会ってるっていう話もなんか嬉しいし。

ウロボロスの副音声のウラバラスも楽しい。
旬くんが赤いリンゴをかじったのはウロボロスのスタッフは花より男子のスタッフが多くて
すりおろしリンゴしか食べられなかった花沢類に対してのオマージュだったんだって。
面白いねー。

そーいえばさ、sakuraの特典映像のナレーション。
ぶらり旅のナレーションみたいなアレ、
特典映像っていうのはたぶんコアなファンが買い求めるものだと思うんだけど、
あのナレーションのターゲットは誰ですか。誰が喜ぶの?謎です。
メンバーの会話に被るナレーションって、ちょっとさぁ。ヤメテ
どうせなら、ムロツヨシさんに主題歌sakura特別出張バージョンでご出演いただいて、
サクラバラスしてもらえばよかったのにー。(無理です)
SEKAI NO OWARI をよく聴いてます、TreeとデジタリアンをiPodでシャッフルして。
嵐とセカオワ、ランダムにどっちかが出てきても意外と違和感なく聴ける、不思議と。
作り込まれた感じが似てるのかぁ。
歩くのにちょうどよいテンポの曲が多いです。

ねぇ おしえてよ
自由はどんなものなの
わたしはあなたが会いにきてくれる
不自由なこの場所が
とても好きだわ


「マーメイドラプソディー」
初めて聴いた時、この部分がとても印象に残った。
あなたが会いにきてくれる不自由なこの場所が好き。
なんかわかるなぁ。
狭い世界に閉じ込められるより自由の方がいいに決まってるけど、
人の気持ちって正しいことがすべてじゃない。
映画「海月姫」の主題歌だったのね、そういえばそうだったような。

たまたま昨日「私の男」という強烈な(非常にアブノーマルな)映画を観たんだけど、
花(二階堂ふみ)と、透明感のあるこの可愛い曲の人魚が何故か私の中でリンクしてしまって
不思議な反芻を繰り返してました。

自由は孤独と半分ずつ
彼に会えない自由な世界へ


『何したってあれは私の全部だ』
津波で家族を失った花にとって、淳悟(浅野忠信)との暮らしが不自由でも狭くても間違ってても、世界のすべてだった。広い海に出してあげたかった。

初めて見た硝子の外の世界
あぁ わたしはあなたに一番に伝えたい
何て海は広いの


世の中広しといえど、「マーメイドラプソディ」と「私の男」を並べて語る人いないよね。我ながら変わってる←
「私の男」は強烈だったけど私は好きな映画でした。
そしてアルバム「Tree」は素晴らしいセカオワワールドです。