2012.01.31 憧れは冒涜
雑誌媒体やなんやらかんやら、もう溢れてますからね。きりがないから手は出さないって決めてるんだけど、今回これはどうしても読んでみたくて購入しちゃいました。22ページと23ページだけ欲しくて(笑)
購入後すぐに雑誌は2ページを残して解体されました

その人はその人だからこそ完璧なのに、自分がその劣化版になってどうするの?
自分は自分だからこそ、突き詰めれば、その人を超える可能性もあるのに


憧れは冒涜って言葉がかなり強烈なんだけど、読みたかったのはそこじゃなくて、ニノが一般的な役づくりをしないって部分。
もーもーもー、ニノちゃんったら、最近私がモヤモヤと考えてたこと知ってたの?(笑)
ビックリするくらいの私にとってタイムリーなこと話してるから運命感じちゃうよ。

観客本位だよね。仕事の仕方も全部そう。ニノもよく言ってるけど、やりたいことじゃなくて望まれてることを優先してる。そこが面白い子だなぁって思うんだけど、客観的にまわりや自分を見てプロデュースしてるというか…。

やり方に正解はない。ニノはニノのやりかたでやってるだけのことで、結果はすべて観客が判断する話なんだから、はっきり言って過程は問題じゃないもん。
でもニノちゃんの言葉は、本当に面白い。

また、この写真がむちゃむちゃ色っぽくてたまんないんですけど

それって、オレが色っぽいんじゃなくて、想像する人のほうがエロティックなんだと思うよ
と言われてしまったのでした。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/573-8f0abc66