演技者として嫉妬を覚えました

二宮さんはジェームスディーンでした。リアルな演技の中に、太陽と嵐、光と影、幼さとニヒリズム、相反する青春の要素が満ち溢れていて、とても素晴らしかった。正直、演技者として嫉妬を覚えました ++豊川悦司++

世界レベルで同世代の役者を見ても映像でこれだけの演技をする俳優はそういない。日本人って海外の俳優に甘く自国の俳優に辛いんだけどよく見てほしいね。それくらい「青の炎」の二宮くんはいい! ++蜷川幸雄++


こんな風に言って下さった豊川悦司さんと今度共演だもんね、楽しみだ~♪

20120131-111.jpg
2003年に15000セット限定で発売された「青の炎 二宮和也コレクターズエディション」
6090円で発売されたけど、今とんでもない値段がついてる
内容はなんとなくわかるけど、、私のコレクション魂に火が、、あか~ん、怖い~
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する