スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根部屋のプリンス

あまりにも今更ながらではありますが、
wowowで「屋根部屋のプリンス」を鑑賞終了。
韓国ドラマ久々だったわー
300年の時代をタイムスリップする荒唐無稽な設定も受け入れちゃったのはユチョンの力だよね。
いろいろ突っ込みたいところはあるけれど、面白かった。
2012年3月のドラマ、ユチョンもまたこんなドラマに出られますように。

300年経っても悪い人は悪い人、善良な人は善良な人、
私の友達に「みなしごハッチ」が嫌いって言ってた人がいてね、
理由は勧善懲悪だから。
成る程って思ったけど、きっと彼女はこのドラマも勧善懲悪で駄目って言う(笑)

300年を超えた姉妹の悪縁も愛のひとつなんですかね。

悪縁と言えば、今日本ドラマがリメイクしてる「ごめん愛してる」
これも韓国の本家本元は悪縁を感じたドラマでして、

ものすごく好きなドラマではあるんだけど
実はあれは「因果応報」のドラマなんだよね
ラストはウンチェが父親の代わりに自分の命で償ったでしょ
きついドラマだけど、だからこそ毒もあって廃人が続出したんだろうって思う
ジソプの魅力も大きかったけどね
(毎回観るたびにダダ泣きするワタシ)
人が人を愛するってこんなに重いかなぁ
ここがねぇ、、私が感じる「THE韓国ドラマ」ですわ
野王でいうと、悪縁も「愛」のひとつなんですかね
私ならさっさと悪縁を絶つけど(←バリバリな日本人)

    ⇒ http://sutakora.blog37.fc2.com/blog-entry-4037.html

長瀬くんが演じてる日本の「ごめ愛」には毒がない。
ストーリはほぼ一緒なんだけど、似てるようで全く違う。

根本に流れるものがあまりにも違う、国民性。
ま、だからね、どっちも面白いです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。