スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大友はいいヤツ。

「俺じゃダメなんか? 俺が笑わせちゃるけえ」

日曜の夜のお楽しみ、
ラジオ「SORASHIGE BOOK」聴きながら、映画「溺れるナイフ」のレビューを書いてアップしてたら、
なーんとシゲがその話してた。
何とタイムリー!

俺は重岡のことは大友と呼びたい。
ベストアーティストですれ違った時、抱きしめたかったって(笑)

笑。
すごくわかる。

作品の内容は意外だった。
もっと甘いラブストーリーかと思ったらそうじゃなくて、
最初の方は神々の遊びだから、
誰に自分を重ねるのか、
若い人がどこに共感するのかわからなかったけれど、
だからこそ映画の自由さ、可能性を感じた。
音楽で言うとフィージョン。
変拍子みたい、、、と。

なるほど。

さらに「この世界の片隅に」の話題。
ま、タイムリーな映画ではあるからね。

シゲも観たのね。
忙しい中、映画を網羅してるなー。

来年1月から始まるドラマ「嫌われる勇気」
頑張ってね
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。