君の名は。

高校生の二人がすれ違うシュチュエーションはないってことだよね。
20160913-2.jpg

公開されてすぐネット上での評判がいいので行こうかな-とは思ってたんですけどね、
3週目で興行60億円突破、どこまでいくのか予測不能の大ヒットでビックリです。
で、本日やっと観に行ってきました。
地方のシネコンですけど、結構な盛況でした。(平日だしレディスデイでもないのに)
予告編以外の情報は阻止して、おかげさまでネタバレなしで観ることができました。

ラブストーリでSF、時空を超えて男女が入れ替わる。
簡単な話ではないから集中して観ちゃうから面白い。
絵が綺麗。
RADWIMPSの劇中歌がピッタリで疾走感がありました。
でも設定が納得しきれない部分もあって、そのせいで終わってからも考えて、
新たな発見が鑑賞後にあったりするから、案外そういうのもヒットに繋がってるのかもしれない。

以下、そんなに詳しくは書かないけどネタバレありです。
20160913-3.jpg

東京の瀧くんと、飛騨の三葉の入れ替わり、
実は3年の時間のロスがあるので三葉は瀧くんの3つ年上なんだね。
三葉が髪を切った日、東京に瀧くんに会いに行ったときまだ瀧くんは中学生で三葉の存在を知らない。
でも瀧くんが飛騨に三葉を捜しに来て紐を返した日は、三葉にとっては同じ日ってこと?(ややこしい)

三葉の家は代々村の巫女、口噛み酒を生み出し、鎮守の役割を果たしてきた。
1200年前に彗星が落ちた糸守にいつか又同じことが起きることを予測して守るべき存在だったんじゃないか。
おばあちゃんが私も若い頃夢を見たと言っていたし、お前のお母さんも同じ経験をしている。
みんな三葉と同じような経験をしてる?

でも、そうだったらなぜ三葉のお父さんは家を出て政治の世界に入ったの?
(そのあたりは小説「Another Side:Earthbound」で明かされてるらしいです)

彗星が落ちた糸守の様子は3.11の震災、最近の水害、地震を想像させる。
村の大火事ですべての資料が消失してしまっても、代々伝え続けるものがあることをおばあちゃんは語っていた。
そして、結果彗星事故が起きても村の人たちは助かった。
それは大きな災害から人々を救いたいという願いが表現されている。

授業で黄昏時を誰そ彼、方言で「カタワレ時」って言ってたけど、
片割れってひとつがふたつに分かれたもの。
瀧くんと三葉がひとつだったと言えるし、彗星がふたつに分かれたことを表してもいる。

時系列と空間の広がりがすごくある。
そして出会えるべき人と出会うということが、特別じゃなく、実は自分たちにも起きているんじゃないかという思い。
会っていた記憶が消えてしまった二人が、最後に言った「君の名は。」
それは探していた人に会えたという確信の言葉かもしれない。

関連記事

コメント

オンニ!!
すっごくお久しぶりです~~

ほんっと、
おくらばせながら、
やっと見ました! 「君の名は」

もう、これだけ動員してくると、
「見ずばなるまい!!」 と考える人がまた
増えているのか、リピーターも多いんでしょうね
地元の映画館でも超満員の回が続き、人気に驚きました。

私が観た夜、セカオワの深瀬さんが
すごくよかった!!とコメントし、メンバーたちも
「うんうん。。」とうなづいているところをMステで
見て、なんだかすっごく納得してしまった。
私にも、この映画の世界観って、初めてのものだった!

あとは海外の人たちがこれを見た感想を聞きたいなあ。
宮崎監督の「千と千尋の神隠し」のとき
監督ご自身が「こんなの、外国の人にわかるわけないんだ。」とおっしゃっていたのに
予想に反して 海外の評判が高くて

この映画も、みんながどういう感想を持つのか
とても興味があります。

新海監督は、古語にかかわる作品が
いくつかあるのでしょうか
「黄昏」(たそがれ)は
「誰そ彼(たそ かれ)=あれはだれ?
って言葉に起源があるんですねぇ~!!
薄暗くなって、よく見えない時間 ってことですかね。そこから「かたわれ」時・・・とか
おもしろかった 日本語は、すてきね。
高校時代の古典の授業思い出しちゃった。万葉集好きだった。
なんか、日本人でうれしいなあ、って思ったよ、この映画見て。こういう感覚わかってうれしいって

おばあちゃんがしてくれていた、
繭五郎?(まゆごろう)さんの火事??の話を、
よく覚えてないんだけど なんかキーワードが
あったような気がして
もう一度見る!!!

うん、評判以上でしたっ!

2016/10/16 (Sun) 22:42 | トベニ #IRhqFhsY | URL | 編集

トベニさん☆

ひょえ~~~(笑)
いくらなんでも放置しすぎだよなーって思って
久々にブログ更新して、確認したらトベニさんからのコメントが!

、、なんかビックリしちゃいました。
運命感じたから(笑)
ぷぷぷ、ホント冗談じゃないですってー(笑)


「君の名は。」
驚きの大ヒットで200億円超えるんじゃないかといわれてるそうで、
どんなもんかなってそりゃ見たくなりますよね。

映像が綺麗で(風景が実写かと思うくらいにリアルですよね)
音楽も良くて疾走感があって、
途中から驚きの展開になって、
観る方はネタバレ完全阻止で観に行って頂きたいです。



おばあちゃんの繭五郎さんの話ね。

そーなんですよ、
最後おばあちゃんはどうなったのか、
出てこなかったので気になっちゃいますよね。

他の方のブログの感想記事を読んでて、なるほどって思ったのがひとつあって、
繭五郎さんが火事を起こしたことによって代々受け継がれてきたものが消失してしまった。
でも村の人たちはひと伝えで大事なことを後世に伝えてきた。

東日本大震災のとき、釜石では「津波てんでんこ」といって
地震が起きたら各が自分の判断で高いところに逃げることという教えを伝承してきて、
それで釜石の小中学生は全員が逃げて被害を免れた。

そういうことを意味してるんじゃないか、、と。

四葉は彗星の被害から村を救ったわけで、
そういう願いがこの作品い込められているんじゃないかと感じるの。

運命の人と出会う物語でもあるし、
3.11の話でもあり、
日本人が伝承してきたものの、なくしてはいけないものの物語でもあって、
不思議な世界感のある作品なんですよね。

何度も観に行きたくなる人の気持ちがわかるような気がします。

いやぁ、久々にトベニさんとお話できて嬉しかったです、ありがとねん☆

2016/10/16 (Sun) 23:59 | るぴ #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する