「暗殺教室」に続いて、「暗殺教室 卒業編」を観てまいりました。

不思議よね、何のご縁か、
明らかにこの映画を観る層ではないわけで、
ニノが殺せんせーの声をやってると知って急遽映画館に足を運んだ前作。
少年ジャンプのアニメだよなんて言われても知らない世界だし、
暗殺と教室が繋がる単語は意味不明で物騒。
そんなワタクシが楽しく2作品を無事観終りました。

卒業おめでとう
20160406-1.jpg


そんな世代じゃない私目線からのポイントは
「タコ型超生物の殺せんせーのリアリティ」

それは前作の感想でも書いたけど、
ともかく殺せんせーが愛らしくてキュート。
水に弱くてすぐぶよぶよになったり、
ビッチ先生の胸の谷間を愛でながらお茶をすすったり、
器が小さくて「バーカバーカ」と叫んだり、
合間合間で出てくる殺せんせーのギャクがテンポが良くて面白い。

今回は死神と呼ばれた人間だった頃の殺せんせーが
なぜタコ型超生物になったのか、
そして、なぜE組の先生になったのかというエピソードも明らかになった。

まあね、漫画っちゃー漫画だからね。
あんまりそこのストーリ展開の整合性にあれこれ思うってことはないんだけど、
そんなに違和感ないっていうか、
そこがすごいんじゃないかって思うんですよね。
私がそう感じるってのが。

無事に暗殺を終える瞬間。
ちょっと涙ぐんでしまいました。


ある意味現代版金八先生なわけです。
殺せんせーがちゃんと金八先生してて、
生徒に慕われてて、
落ちこぼれの生徒たちがそれぞれ自分の将来に夢を持って、
渚もちゃんとせんせーの意志を継いでラストを迎えたもんね。

しかし、柳沢、怪物に変身し過ぎ(笑)
触手生やし過ぎ(笑)
CGがリアルで結構怖かった。
殺せんせーのシンプルなフォルムと
怪物になった柳沢のグロさがあまりにもな対比で
2人の対決は笑うしかなかった。

ニノちゃんファンとしてはあんまりこの映画で彼を誉めたくないんだけど
(おいしいとこもってきすぎ←)
すいませんね、ファン目線の発言になっちゃうかもしれないけど
ニノの存在が利いてたなー。

声でここまで殺せんせーを演じられるって凄いと思う。

ジャンプで連載されてた原作がほぼ映画と同時にラストを迎えたんだそうで、
原作者の松井優征さんがなるべく二宮くんのイメージにならない様に描いたのに、
実写の死神があまりにも原作に似てたので驚いたとおっしゃってました。

最近、ニノって天才かもってマジで思い始めてます
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/4445-885f8fe8