NEWS ZEROのスピンオフ番組って今まででもあったのかしら、
今回が初めて?

「櫻井翔×大野智×加藤シゲアキ アイドルの今、コレカラ」

20150731-11.jpg

面白かったねー
7/31放送で、流石に深夜過ぎてリアルタイムには見られなかったけど
翌日から一日一回は見てる(笑)
3人が並んでるだけでも嬉しくなっちゃう、
見ないとはいられない、媚薬的な番組(なにそれ)になってます。

シゲは毎年本を出してるけど、今回が読みやすい短編集と言うことで注目が集まったし、
丁度おーちゃんのFREESTYLEⅡの個展が始まったところで、
アイドルでありながら他の分野でも活躍する3人という
話題性のタイミングがあったってことなんですかね。

「アイドルのコレカラ」というテーマで話すには、3人がそれぞれ過ぎてさ。
面白くてたまんないんだけど、そんなに関心がない人にはどう映るんのかな?
ま、キャスター、アート、作家ってくくりだけで充分面白いのか。

先日、お父様が総務省の事務次官に就任して親子して凄いって話題になったけど
デビュー当時の何者でもない普通のアイドルグループのひとりだった翔ちゃんは
櫻井家では異端児で、だから自分のことを「温室の雑草」だと言ってた。
アイドルとしての寿命は長くないと思いながらのデビューだったから、
キャスターという道を見つけたことは偶然でもなんでもない。

おーちゃんは、ホントに面白い人で。
婦人画報のインタビューでも、テレビに映る見られるということが慣れなくて嫌だっていまだに言ってて(笑)
ハワイのインタビューでも年々苦手になるって言ってたよね。
でも絵を描くことと釣りがあるから大丈夫って。
なんでそういう人がアイドルしてんだろって話だけど
そういう君が一番アイドルだよって思うし、
アイドルだから成り立ってるってこと、おーちゃんが一番よくわかってるんだと思う。

シゲちゃんは、それこそ作家になるなんて思ってもみなかっただろうし、
どこに泉が湧くかわからない、、、って自分のことを言ってた。

所属するNEWSというグループが、次々とメンバーが脱退して
自分の存在価値がないってことに気がついてから、
もがき苦しんだ先に見つけた作家として立場であって、
私からしたら、彼が一番波乱万丈な気がする。

NEWSが4人になったとき、
テゴマスにはテゴマスがあって、慶ちゃんにはエブリィのニュースキャスターがあったけど
シゲには何もなかった。
NEWSでいられるということがシゲにとって唯一の最後に残された頼みの綱だったから
だから「4人になって本気でアイドルやろうと初めて思った」って言葉は
サラッと言ったけど、あの言葉の裏にとてつもないドラマがあるんだよね。

大野さんと翔ちゃんだけじゃ成り立たなくて、シゲが入って成り立つ番組だったね。
後輩のシゲちゃんが結構番組をまわすお手伝いしてて、翔ちゃんも楽そうだった。

おーちゃんとシゲの関係も面白くてさ、
あれはジャニーズの先輩後輩っていうより、完全に釣りを介しての出会いで釣り仲間で、
たまたま二人がジャニーズだったってことですかね。←

人見知りのシゲちゃんが、やっぱおーちゃんだからいつもと違う感じだったね。
だって、釣りするとき前日からおーちゃんの家に泊まり込んで
寝てるおーちゃんを迎えの車に運んだり、
正月に釣りしてベロンベロンに酔ったおーちゃんを家に送り届けたり、
おーちゃんにとってシゲは仲良し釣り仲間の後輩ですからね、普通に(笑)

でもシゲがどん底だったときに出会ったんだね。
「シゲ悩んでたね」って言ってた。
そういう事あんまり言わないおーちゃんだけど、シゲの悩む姿をずっと見てたんだね。
言葉では何も言わないけど、背中で、存在でリーダーとしての役割を果たしている人って翔ちゃんが言ってたけど、
シゲにとってもおーちゃんの存在が自分を後押ししてくれて救ってくれたって感謝してる。

おーちゃんってそういうめぐりあわせっていうか、存在っていうか
なんかさ、おーちゃんってさ、知れば知るほど面白くて好きになる人だなって、ホントしみじみ思います。

++追記++
今風呂に入りながら、もしやこのスピンオフ企画
作家加藤シゲアキ誕生の裏に大野智ありを世に告知したくて
櫻井翔が提案した企画なのではないかという思いが駆けめぐり
風呂場でひとりニヤついてしまったのでした。  ちゃんちゃん☆
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/4405-74aa9473