キャンバスアートの赤いメガネ

お久しぶりです。今日は久々のフリーな1日でございまして、髪カットしてプチヘッドスパして、肩のマッサージしてもらってきて、ブログのテンプレートを変更して気分転換終了。
テンプレートの活字のサイズって結構その時の自分の気持ちと比例してるかも、って思った。
ってことは、今は大きい?(笑)
とりあえずこのテンプレを選んだってことはそーいうことなんでしょうか(自己分析しきれず

FREESTYLEⅡの追加チケット発売が決まったみたいですね。
今回は抽選だそうで、すごい倍率でしょうけど、とりあえず申込画面までは行けるってことです。前回はそれさえも叶わないで終わりましたから。
こればっかりは祈るのみです。

ただ今、あの「キャンバスアート時計」を購入するべきか否か、悩み中。
あの絵ってさ、もしかしてメガネの色をどうするかってさとらじで募集して決めたやつですか?
なんであの顔の人の絵を描こうと思ったんだろ、で、なんでそれをキャンバスアート時計に採用したんだろうね。
とりあえず言えることはあれをリビングに飾る勇気はないってこと。
自分の部屋ならなんとか大丈夫か、、ちょっと怖いけど。(その前に部屋がない)
やっぱ、さとちんって面白いなぁ。
私の想像の域を遥かかなたにいっててカッコいいっす←(カッコいいのか)

FREESTYLEⅡの作品集が届かない。まだ発送の通知もなくてちょっと遅いかも。
書店では売切れてるところあるらしいから、品薄状態なんでしょか。
開催前日の内覧会で嵐と岡田っちとシゲちゃんがいっしょで、大野さんに説明してもらいながら1時間まわったって話を、シゲがビビットでしてくれて、珍しく写真まで公開してくれて嬉しかった。おかげでいろんなことが胸熱、満足状態、いつまでも待てるよー。

インタビューを受けるおーちゃんが、7年前といろんなことが変わって、絵の描き方も変わったって言ってて、たぶん気持ちも違うんだろなぁって印象がすごくある。
切羽詰った感じで、必死で制作してた最初の個展までの状況は作品集からも感じるけど、凄いなぁ、尊敬するっていう感動とともにちょっと切なかったりするじゃない。
今回は描けないっていう苦悩もあったけど、それを乗り越えたおーちゃんを感じられそうで、「今の自分を見て」っていう言葉とともにすごく安心してる。

その作品をみんなに見せてね。
ツイッターなんかでも、特別に嵐ファンってわけじゃないけど大野智の絵を見たかったってつぶやきよく見かけるんだよね。
チケット売り切れてるなんてすごいなって(そーゆーレベルじゃない売切れ方です、笑)
ファンの子にはもちろんだけど、そういう人にも見てもらいたい。
作品はもうそこのあるんだからさ、ゆっくりでいいからみんなに見せてねー☆

シゲアキ先生カテでまた書くと思うけど、「傘をもたない蟻たちは」読み終わりました。
全部面白かったけど、最終章の書き下ろしの「にべもなく、よるべもなく」はシゲちゃんの作家としての才能にすごい期待する。
10000文字インタビューを読んだら、あれはシゲ自身なんだとしか思えなくて、いろんなこと抱え込んで自分に絶望する姿が泣けたよね。シゲも書いてて自分で泣いたって言ってたけど、彼のウジウジした湿っぽい優しさがたまんなかった。

ダ・ヴィンチの加藤シゲアキ特集も面白かった。
なんとなくだけど、シゲって脚本とか映画もできるんじゃない?って思った。
各場面の描き方が上手いよね、イメージが鮮やかに浮かんでくる。
なんてね
ご贔屓さんの可能性をあれこれ思うのがファンの醍醐味だよね(笑)

今夜のコヤシゲの「変ラボ」も楽しみだし、
(※いやいやいやいや!zeroでしたよzero!zeroで上海個展。泣けた、おーちゃん好きだー。)
なんつーっても30日の「ZEROカルチャースピンオフ」
櫻井翔×大野智×加藤シゲアキ 楽しみでたまりませ~~~ん
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する