映画「海にかかる霧」

「殺人の追憶」の脚本家シム・ソンボによる監督デビュー作。
あらすじの予備知識ゼロで臨んだので、
途中からの展開に「うっそーん」

20150429-11.jpg

現実に亡命や様々な理由で密航を企てた話は日常的にニュースになるし、人知れずにこういうトラブルで消えてしまった方たちがいるかもしれないと思いながら観てたわけですが、2001年に実際に起こった「テチャン号事件」というものを題材にしていることを後で知りました。
驚きというよりやっぱりという気持ち。絶句しながら観てる場合じゃないよね、事実としてあったことなんだから。
ともかく現実がずっしりと重いです。

船長のチョルジュにとって老朽化した漁船チョンジン号が人生のすべてで、なにがあっても守り抜きたいという思いが最後に狂気になってあんな風になったのかな。家族のように一致団結して船に乗っていた仲間なのに。
一番大切な守りたかった場所が、どんどん深くなっていく霧の中で迷走し、コントロールできない方向に暴走してしまった。
最後はもうホラーでさえもあった。怖いよー。

始まりはキム・ユンソク演じる船長の目線だったものが、後半はユチョン演じるドンシクの目線へ展開する。

20150603-2.jpg

ぶっちゃけな話、ユチョン初出演映画で、評判がとてつもなく良かったので観に行ったんだけど、その理由で観たとして、かなりの衝撃的な作品だったわけですが、充分に見応えのある内容でした、素晴らしかった。

あの可愛いユチョンが、どこからどう見ても田舎の素朴な青年にしか見えなくてドンシクでしかない。
殺戮が繰り返される修羅場の中での彼の唯一の正義が彼女を守ることだったんだと思うと、それはそれで納得ができる。
ふたりが感じた感情が恋愛だったかどうかなんて、あの状況で誰も決められない気がするんだよね。

だから、流れ着いた先で彼女がとった行動は納得できる。
あれからドンシクは彼女を探したんだろうか、どうかなぁ。
どこかで会えないかと思ってはいたよね。きっと。
そんなこちら側の思いのためのサービスですかね、最後のシーンは。

作品的には流れ着いた海岸の場面で終わって欲しかったけど、
ひとり黙々と働くドンシクの暮らしに少しだけ触れさせてくれたのは監督さんの優しさでしょうか、そういうことにしておきます。

20150603-1.jpg
関連記事

コメント

オンニ~☆

船の映画を撮ると知ったばかりのときには
「韓国版のJack & Rose (タイタニック)をやるのかしら!?」くらいにしか考えていなかった私。 まだセウォル号の事故の前でしたから・・

観終わってからしばらく
いろんなことを考えていました。
真っ白な状態で見たかったために
それまで、ずっと我慢してきた
インタビューを解禁して
キム・ユンソクさんのインタビューに
役者と言うものの
怖いくらい真剣な姿をみたり

しばらく経ってふと気付いたのが
「この映画は、シムソンボ 監督
ポン・ジュノ 制作脚本 の映画だよ!!」
→「だから あのラストでなければならなかったのだなぁ」 という・・
「殺人の追憶」を観終わった時のあの感覚・・

だから、あれでこそ 彼らの作品なのかもしれない、と思いました。

一番印象に残ったのが
紅梅(ホンメ)の 、文字通り 映画の中で
紅一点の
「韓国に渡るのに、いちばんいい服を着てきたんです。」という
あのスカートや上着の色と
そして 三つ折りのソックスです。

映画中何度か出てくる
性行為のシーンのなかで ドンシクと彼女の場合だけ
その行為のあとに 青年が優しく
ソックスをはかせてあげていることによって
そのほかのシーンと 全く違う印象を残していたことでした。

アジェ(おじさん)が死ぬのを目の前でみてしまった二人の 
直後のそのシーンは
「愛、というものを越えて、生存の確認のための行為だったのではないか」と、紅梅ホンメ役のハン・イェリさんが話しています。

船長にとって、
守るべきものは 自分の船
ただ一つであった。
間男と浮気する妻も 、どうでもいいし
船を処分してお金をもらっても
それは彼にとって
生きる屍になることだったのでしょう。

船の名前が前進(チョンジン)号であったことも
切なかった・・
IMF危機直後の韓国とは、本当にこういう苦しい状態に
あったのだと。 これが実話をもとにしたものなのだと。

本当に俳優さんたちすごかったです。
船の上での 父、母(←男だけど)祖父、息子たち、という
役割を それぞれが担って存在していた。

最後に 急に聞こえる言葉が全羅道ことばから
標準語になり
そして朝鮮族の人たちの多く住む九老地区
中国語の看板が並ぶ、 その町。
工事現場で働くドンシクが食事をする

試写会で 監督が 質問に答えて
あの、後ろ姿の女性はホンメであること
子供はドンシクの子どもではないこと
を話されていたそうです

もしかしたら、訪ねあてた、九老地区にすむ
兄の子かも知れず、そのあたりは
見る人の想像に任されている・・と言うことですね 

小学5年で家族が職を求めてアメリカに渡り
それから貧しさのため ありとあらゆる仕事を
おじさんたちの中で混じってやってきたユチョンは
歌う仕事がしたくて、
なんとかお金をためて韓国に渡るために人の嫌がる仕事でもなんでもやった、と言っていました。
「ノガタ」(日本語では使ってはいけない言葉ですが、日本語のdokata
から来ています)=日雇いの、工事現場で働く仕事  をたくさんやったそうです。 
アメリカ帰り、という華やかなイメージで見られがちだったけど
流暢な英語も、(その後の流暢な日本語も)
働く中で必要に迫られ必死でマスターしたものであったのですよね

そんな彼がドンシクの役をどうしても欲しいと頑張った。
自分は、すごく似ている状況で育ったからドンシクの気持ちがわかるのだと。
それを知った時深い感慨がありました。

その役を、先輩たちに守られながら頑張って
賞ももらっての入隊となり、本当に良かったです。
もともとアメリカ永住権を放棄しての、自分の意思で決めたことですから、
精いっぱい頑張って努めを果たして来てほしい。

そうそう、大鐘賞のときだったかな?
シム・ソンポ ポンジュノ ペアが、
タキシードのユチョが着席した時に
「うわっ!! ウリ マンネ かっけ~~!!」と
目を輝かせてたのが面白かった。
そっかドンシクの姿を覚えてたんだね~

今日が偶然ですが、満29歳の誕生日です~
あまりにいろんなことがあったので
まだ29歳であることに驚く。

後で落ち着いてまたこの映画、じっくり
見直したいと思っています~




2015/06/04 (Thu) 11:06 | トベニ #IRhqFhsY | URL | 編集

トベニさん☆

ホンメの白い三つ折りのソックスは印象的でした。
ドンシクが優しく履かせてあげてたでしょ。
あれはインパクトあったわぁ。

たくさんの人が悲惨な死を遂げ、いつも優しかった機関長のおじさんが殺されて、全てが死に向かう混乱や恐怖の中で、若い二人が愛し合うということは、
生への希望を見い出す、まさに生存の確認だと思いました。
唯一二人が生き残ったんだもんね。

家族のように団結して、一生懸命働いていたのに
何かがちょっと狂いだして、
信じられない結末に終わってしまった。


初映画出演にこの作品を選んだことが凄いねって、
それを決断した事務所が凄いねって、話してたけど、
実はユチョンくん自身がこれをやりたいって熱望したんですね。
そっか、、その話を知ると
この作品に対してまた違った感慨があります。

でも、詳しいことは知らないでいても、
そういう役に対する思い入れのようなものは
映画を観てるだけでもちゃんと伝わっていたような気がします。

いやぁ、百想のユチョンをネットで見たけど
またまたシュッと細くなって、
ドンシクとのギャップがさらに凄かったでーす(笑)

2015/06/07 (Sun) 18:09 | ルピナス #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する