2015.06.24 FREESTYLEⅡ
20150624-4.jpg

5/12の記事
20150512-1.jpg

大野さんの個展がニュースになったのは5/12だから、一か月以上下書き保存されたってことね。
情報解禁前夜にそれらしきツイを見て、「え?個展?」って驚いて(今年中かなとは思ってたけど)、珍しくしばらくざわざわして眠れなかった。

日常の中にあるさとらじのおーちゃんとの絵の話。
今こんな絵を描いているとか、眼鏡の色をどうするかアンケートを取ったりね、ひたすら楽しい話なわけですよ。
初めて釣ったクロダイの歯を宝物にしてたのにかーちゃんに捨てられた話とか、今度はイシダイの歯を使ったオブジェを作ってて、おでこに自分の歯を使ったとかね。
いつかみんなに見せるから楽しみにしててねって約束が、そばにあったはずの世界が、突然に「アート」になり「海外進出」になり、チケット争奪戦の話になるだろうと(なってしまうのは必須だったから)いう違和感。そういうものをひっくるめた気持ちがたぶん「ざわざわ」なんだろうな。

おーちゃん自身は何も変わってないと思う。
描くこと作ることは彼そのものだから。待ってくれてるファンに見せたいっていう気持ちだけだからね。
見たい人が多すぎるって言ってしまえばそれだけなんだけど、作品は間違いなくそこにあるんだから、もうちょっとカジュアルに楽しめる方法(公開方法)を取ってくれないですかねぇ、事務所様。

「前回より今の自分が表れていると思っています。あれから7年経って、大野智がどんな風に変わったのか見てほしい」

おーちゃんのこのコメント、すごくいい。
「今の自分」って言ってくれるのが、すごく心地いい。

超多忙なアイドルの仕事をしながら寝る時間を削ってフィギュアを作ったり絵を描いたりしたのは、一日一回そうやって好きなことをしないといられないという、好きだからやるというシンプルでまっすぐなエネルギー。
前回のFreestyleの作品集を見て感じたことは、好きをよりどころにしないと自分を保てないくらいに切羽詰ったところで生きてきた大野智という人だった。
夜中に粘土をこねて、洗っても取れなくて爪が黒くなってて、そんな爪で収録に来るなってマネージャーに怒られてたおーちゃん。
そんなエピソードを聞くとなんかたまんない。

今はもう迷いはないとハワイで言い切ったおーちゃんが、見せてくれる今の自分がどんな作品なのか。
もうそれだけで私は嬉しい。
ホントはね、ざわざわする前に「おめでとー」って言いたかったんだけどな。
だよね、ホントそう。

おーちゃん、個展開催おめでと。
作品を見せてくれるって約束を守ってくれてありがと。
そして、待ってたファンの子全員に見せてね。
約束だからねー。
日刊スポーツ 大野智「今の自分」個展が7年ぶりに復活

嵐の大野智(34)が、個展「FREESTYLE2」(7月24日~8月23日、東京・表参道スペースオー)を開くことが11日、分かった。7年半ぶり2度目の開催となる。
「FREESTYLE2」では、フィギュア15点、絵画15点の計30点が展示される。制作期間は初開催となった前回の個展後から約7年。仕事の合間や休日に創作活動を行った。
08年の個展では、デビュー前から創作してきたフィギュア100点、絵画、オブジェ、写真など計約150点を展示した。今回は点数こそ少ないが、全体的にそれぞれのサイズが大きい。前回のメーン展示物の1つ、ヘッドフィギュアは高さ7センチ前後だったが、今回のフィギュアは高さ15センチ前後。1点1点が迫力を増している。
初挑戦した油絵も展示される。縦2メートル×横2メートルの巨大油絵。大野の作品は顔にフォーカスした作品が多いが、油絵も人物の顔が描かれている。
日本テレビ系「24時間テレビ」で、世界的画家の奈良美智氏や前衛芸術家の草間弥生氏とチャリティーTシャツの制作を通して交流を深めた。2人との出会いが大きな刺激になり、創作のアプローチの変化にもつながった。
幼いころから創作活動への興味が強く、独学で創作に没頭した。イラストレーターを夢見てタレント活動をやめようと考えたこともあった。初個展は約半年かけて全国6カ所で展示され、累計10万人を動員する人気ぶり。作品集「FREESTYLE」も売れ続け、累計25万部を売り上げるロングセラーになっている。
大野は「今までと違うやり方をした作品もあり、前回より『今の自分』が表れていると思っています。自分でもどんな個展になるのか、楽しみにしています」と話している。入場料は税込み1000円(4歳未満は無料)。日時予約制で動員数約6万人を見込んでいる。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/4381-aecc8c5e