続き

ミョンミンさんつながりで知り会って、今は月イチの映画友となったチングとよく話すんだよね。
強烈な力に引き付けられるようにミョンミンさんのファンになったあの頃感じてたものについて。
同じものを感じてたんだから確かに存在してたはずのもの。
間違いなくあったんだよ、その強い力は。
だからあんなにのめり込んだんだもん。
たぶん、いや、間違いなくミョンミンさんはその時と変わらずミョンミンさんで居てくれてるんだと思う。
素晴らしい俳優であることに間違いはないから。


先日のファンミでミョンミンさんが話してくれたことをSAMTAさんが丁寧に翻訳して下さったのを興味深く読みました。
その場の暖かな雰囲気が伝わってくる素晴らしい翻訳で、心から感謝いたします。とても面白かった。

ミョンミンさんのカフェ「サランハギ」の家族としての繋がりや、ミョンミンさんがカフェの皆さんに寄せる絶大な信頼感が伝わってきて、本当に素敵な関係だと思いました。

そうだよね、ミョンミンさんは韓国の俳優さんだもん。カフェは韓国の素晴らしい文化だと思う。
家族のように応援して下さるファンの皆さんが俳優として生きていく支えになってるんだろうなってことは心から思う。


でも、そこは私はいいかな。


そもそもの入口は、ミョンミンさんに堕ちたのは作品でつながれる俳優さんだからという理由だった。
当時のブログにも間違いなくそう書いてると記憶してる。

ある意味初志貫徹です。
家族にならなくても、作品で楽しむ関係のファンでいたいと思う。
当たり前といえば当たり前の話なんだけど、、、

ミョンミンさんのファンを卒業すると言ってるのではなくて、韓流からの卒業です。
韓流の定義は家族スタイルでファンでいるっていうことであって、韓国のコンテンツはこれからも楽しみに鑑賞しますってことです。

とっくにそうしてるんじゃないの?って突っ込まれたら、返す言葉がありません(笑)
なんだ、この今更ながらの宣言(おーーーーいっ!!!←全力の自己ツッコミ)


サンちゃんやミョンたんの話題で盛り上がった友達が、今サンちゃんやミョンたんの話題なしのまま、なんでも話せる大切な友達です。
出会いのチャンスをくれたサンちゃんとミョンたんには心から感謝してます。

ま、二人してsutakorasassaの殿堂入りですね。
胸を張って殿堂入りですって言える俳優さんでいてくれて、嬉しいです☆
  1. Diary
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール


Author:sutako/るぴ


別館(映画レビュー)


きゃらめるぽっぷこーん

月別アーカイブ

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30