ウロボロス

殺せんせーとウロボロスで感情が忙しい。←

「暗殺教室」なんてぶっそうなタイトルなのに黄色い物体が笑ってるし、ナニ?
初見はそんな風に思ってたのに、いるまんじゅうから始まって、殺せんせーがニノちゃんだなんて、
思いがけずにご縁のある映画になっちゃって、まさかニノが舞台挨拶に登場するとはね。
いつ観に行きますかね、楽しみ☆

そして昨日の「ウロボロス」最終回。
秀逸な最終回だったなぁ。今日一日、思い出すたびにちょっと涙目になってたもん。
切ないけど、結子先生のところ帰っていった竜哉とイクオ。

ムロさん(深町)が予想外に泣かしてくれたよね。
竜哉とイクオの決意を感じて美月を止めるなんてさー、彼も瞬時に別れを覚悟したってことでしょ。
泣きながらオムライスを食べるなんて反則だ。
私、泣きながら食べる人にホントに弱いんだから、あれは泣きました。

まほろばの子役の二人と、斗真くんと旬くんが本当にピッタリで
イクオが時々あの子役の子みたな表情になるの、復讐のためだけの人生を生きてるのに、
たっちゃんが大好きな素直で可愛いイクオになるんだよねー、それが切なくてすごーく良くて、
私ねぇ、特別に斗真ファンってわけじゃないけど、斗真くんの芝居は自分で思ってる以上に好きみたい。

このドラマは斗真くんが原作を読んで是非演じてみたいと、旬くんと演じてみたいと5年前から願ってた作品なんだって。
俳優のそういう願いが叶うんだね。
良い話だなぁ。
次の作品は「予告犯」 (6/6公開)、楽しみ。

ヌフフフフ~、今「暗殺教室」の宣伝がTVで流れた。
ニノちゃんだ(笑)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する