上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分を“映画人”として認めていただいてありがとうございます

「感情が動く時に人は見てくれるんだ」と言っていただいた
(緒形さんに)「芝居をやるには難しい環境かもしれないが向いてるから続けなさい」と言っていただいて
なんとか続けてこられています

向いてると言われたのが芝居と格闘技しかなくて
その2つだけが向いてると言われて
20年前からこの仕事をさせてもらってますけど何もできなかったんです

またここに帰って来られたとき実力を認めていただけるんだと思っています
戻ってこられるよう精進しますので、誰かまたここに連れてきてください


アカデミー賞で岡田くんのことばが素敵だったので書き留めとく。
実直に努力し続けてきた人だもんね、映画人として、、のくだりは感動しちゃう。
「ジャニーズの」というフィルターをとっぱらうのは簡単なことじゃなかったはず。

向いていると言われたのが芝居と格闘技って、、そうだとしても、おかだっちってやっぱりなんか面白い。
やっと自分の髪で登場でしたね。
もんちっちみたいに可愛くて笑っちゃった。

誰かまたここに連れてきてください。っていう言い方も笑っちゃうけど、でも本音だよね。
作品があってこその俳優だもん。
でも、作品の力は大切だけど、この俳優が演じるなら観てみようっていうのも大きい。
岡田くんはそう思わせてくれる人で、「永遠の0」はまさに私にとっては、岡田くんだったから観たし感動した作品だった。

アカデミー賞は、他にもノミネートしてほしいと思う作品もあったけど、
最近の日本映画の盛り上がりがそのままの楽しい賞レースでした。
安藤さくら、二階堂ふみ、池脇千鶴、主演女優賞を取って欲しい女優さんばかりで、
「紙の月」だけ観てなかったんだよね、これはもうさっそくレンタルしなくちゃ。
個人的には助演男優賞は「そこのみにて光輝く」の菅田くんが良かった。
どうしてノミネートさえもされてないのか不思議です。


昨夜、「小さなおうち」が地上波でやってて、ゆっくり観られないから録画してたのに、最後の方をだんながTVつけて観てた。
珍しいのよ、そういうの観ない人が。私に説明しようとするの。ネタバレやめて~~(笑)
そしたら「母と暮らせば」の発表の様子が流れました。
楽しみだなぁ、ニノちゃん。
来年のアカデミー賞でニノちゃんに会えたら嬉しいなぁ、、気が早過ぎだね。

岡田くんは次は「図書館戦争」、そして「エヴェレスト 神々の山嶺」
井上文雄プロデューサーは天地明察からのお付き合いだそうです。
仕事ってなんでもそうだけど、信頼関係の積み重ねだもんね。


私もがんばろ。
2週間の研修期間を終えて、今日から次の段階です。
ちょっと気が重いけど←、仕事行ってきま~す♪
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/4359-35ffdf00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。