上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピカンチとsakuraの初回盤、昨日同時に二つフラゲしました。
6月の話だけど、青の炎のニノちゃんバージョンも予約しちゃったー。うしし
やっぱりさ雑誌系は我慢するけど、聴けるもの動くものには弱いよね。
最近雑誌は全く買ってません、偉いでしょ(何の報告か、、)
「赤めだか」は買っちゃいました。ぼちぼち読もうとおもってます。
それと、「ピンクとグレー」を図書館で予約してます。
最近コヤシゲにちょい反応してまして、
newsのアルバム、そのうちレンタルしようと思ってる。(まだ買わない)

映画「ピンクとグレー」に主演する中島裕翔くんが出演してる
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」が最高に面白いです。
最近の月9の最高傑作ちゃう?って思うくらいに面白く観てます。
脚本が面白い、役者さんもピッタリはまって、絶対にふられるとわかってて鷲尾くん応援してます。

あと観てるドラマは
「ゴーストライター」
ひんやりとした質感、展開が早くてつい観ちゃう。

「セカンド・ラブ」
ジャニースのセックスシンボルを目指すと豪語した亀ちゃんを観なくちゃと思ってね。
大石静さんの脚本では「セカンドバージン」が大人の恋愛にドキドキしたよなぁ。
今回は恋愛ものとしてのドキドキ感はいまいちなんだけど、登場人物がみんな痛い。
三十半ばの高校教師の深きょんが、なんかーもー、仕事も家族も袋小路に入りまくって、
不倫相手もなんだし、カマトトっぽくて、潔癖病的なお母さんを丸抱えで、あんな人生絶対嫌!
あれじゃ突然現れた得体のしれない亀ちゃんについてっちゃうかもって思うもん。(おい)
でもダンサーの亀ちゃんも、亀ちゃんだからいいけど、普通に世のなかであんな人と出会ったら、人生博打過ぎって思う。
、、ってつい語っちゃいました。
どことなく韓国ドラマの匂いもある。
あんまり視聴率よくないみたいだけど、私的には楽しみに観てます。

「〇〇妻」
シリアスそうでコメディにも見えたり←
展開が予測できなくて、東山くんの不思議なハイテンションが可笑しくて大笑いしながら観てたけど、
最近ちょっといろいろわかってきてつまんなくなりつつあります。

sakura主題歌の「ウロボロス~この愛こそ、正義。」
3,4話あたりがちょっとめんどくさいなーって思ってたけど、ここにきて俄然面白くなってきた。
怪しい人がみんな金時計してるってとこが劇画っぽいよね。
ドラマって、ストーリーが面白くて観る場合と、俳優さんに惹かれて観る場合があると思うんだけど、
ウロボロスに関しては完全に斗真くんだから観るって感じかもって最近気づいた。
復讐劇で刑事ものだから「流星の絆」や「魔王」を思い出すねって最初の頃言ってたけど、韓国ドラマばりに警察がダメダメな話。
魔王の頃の斗真君は力が入り過ぎて観てて疲れたけど、上手くなったなぁって思う。
たくさん映画に出演して経験を積んだもんね。
上野樹里ちゃんも好きだし、「もうすぐ君の前から消えるよ」のくだりのシーンは最高でした。

でさ、潤くんの金時計。
Mステでsakuraを初披露した時、翔ちゃんと潤くんだけが両手に腕時計をしてて、
他の3人はしてなくて、なんだろって思ってたんだけど、あれ、潤くんの右手は「金時計」だったんだって。
他の時計はカモフラージュ?
お洒落なことするな~☆
Mステあとに潤くんと斗真くんが会ってるっていう話もなんか嬉しいし。

ウロボロスの副音声のウラバラスも楽しい。
旬くんが赤いリンゴをかじったのはウロボロスのスタッフは花より男子のスタッフが多くて
すりおろしリンゴしか食べられなかった花沢類に対してのオマージュだったんだって。
面白いねー。

そーいえばさ、sakuraの特典映像のナレーション。
ぶらり旅のナレーションみたいなアレ、
特典映像っていうのはたぶんコアなファンが買い求めるものだと思うんだけど、
あのナレーションのターゲットは誰ですか。誰が喜ぶの?謎です。
メンバーの会話に被るナレーションって、ちょっとさぁ。ヤメテ
どうせなら、ムロツヨシさんに主題歌sakura特別出張バージョンでご出演いただいて、
サクラバラスしてもらえばよかったのにー。(無理です)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/4358-b1f3a0fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。