マーメイドラプソディー

SEKAI NO OWARI をよく聴いてます、TreeとデジタリアンをiPodでシャッフルして。
嵐とセカオワ、ランダムにどっちかが出てきても意外と違和感なく聴ける、不思議と。
作り込まれた感じが似てるのかぁ。
歩くのにちょうどよいテンポの曲が多いです。

ねぇ おしえてよ
自由はどんなものなの
わたしはあなたが会いにきてくれる
不自由なこの場所が
とても好きだわ


「マーメイドラプソディー」
初めて聴いた時、この部分がとても印象に残った。
あなたが会いにきてくれる不自由なこの場所が好き。
なんかわかるなぁ。
狭い世界に閉じ込められるより自由の方がいいに決まってるけど、
人の気持ちって正しいことがすべてじゃない。
映画「海月姫」の主題歌だったのね、そういえばそうだったような。

たまたま昨日「私の男」という強烈な(非常にアブノーマルな)映画を観たんだけど、
花(二階堂ふみ)と、透明感のあるこの可愛い曲の人魚が何故か私の中でリンクしてしまって
不思議な反芻を繰り返してました。

自由は孤独と半分ずつ
彼に会えない自由な世界へ


『何したってあれは私の全部だ』
津波で家族を失った花にとって、淳悟(浅野忠信)との暮らしが不自由でも狭くても間違ってても、世界のすべてだった。広い海に出してあげたかった。

初めて見た硝子の外の世界
あぁ わたしはあなたに一番に伝えたい
何て海は広いの


世の中広しといえど、「マーメイドラプソディ」と「私の男」を並べて語る人いないよね。我ながら変わってる←
「私の男」は強烈だったけど私は好きな映画でした。
そしてアルバム「Tree」は素晴らしいセカオワワールドです。

関連記事

コメント

No title

あんみょ~ん☆^^

私もtree よく聴いてます~^^

マーメイド は
さおりちゃんの作詞の曲ですね
大好きな曲です
歌詞がいいですよね
自由と孤独は半分ずつ。

全てを自分の判断で行える「完全な自由」は、
きっと素晴らしいものでもあるだろうけれど
すごく大変なものでもありますよね
ある程度の囲いの中での自由というのが
もしかしたら一番、楽なもののかもしれない

tree おもしろい、すごいアルバムだなぁ
って思っています。
こんなの見たことある???

彼ら自体が
どこまでも、ひたすら
どこまでも original  であること。
誰の真似もしていず
誰のように、とも思っていず
ひたすら 自分とは誰かを追い求め
その徹底した作品作りは
色ひとつ、音色ひとつ、声色ひとつ、光ひとつ
筆跡ひとつ ポーズひとつ 
どこにも無駄がないし
ひとつの完成された演劇のようで
どこまでもどこまでも オリジナルで
素晴らしいんですよね
すばらしい self produce力ですよね

イキナリ自分たちでライブハウス作っちゃって始めた、
っていうの、かっこいいなぁ
誰かによって作られたのではなくて
すべてが自分たちの中から始まっている。

このアルバムのジャケットになっている
樹のある風景
これは10月の野外ライブの舞台なんでしょうね
どこかに自分も映っていないかと
ファンも嬉しいですよね
チケットはとれなかったけど 少し離れた所からも聴けたので
我々家族も、近くまで行けました
その日は台風の暴風雨になってしまい
さおりちゃんが
「こんな雨なのに、雨なのに、みんな来てくれて・・・」と
言ったまま泣きじゃくっていたようでした
周りを見渡して、家族連れが嬉しそうに来るコンサートなんだなぁ。って
しみじみ思いながら、不思議な気持ちで。


世界の終わり、と思った場所から、闇をくぐり
自分の居場所をみつけたfukaseさんと、
彼とともに生きるメンバーたち

星の光だけでとったジャケット写真。
三味線、箏、篠笛、チェロのおと。
大変な苦労をして録音した花火の音。
ブラスバンドもホンモノ。
一つ一つの隅々まで彼らの美意識、こだわりが
溢れていて。

初めて聴いたとき、「銀河街の悪夢」が
「いってきます」の声ではじまり
途中、線路の音が出て どきっとして
最後に「ただいま」って聞こえたとき
なぜか、ああ、よかった、帰って来た、って
ふと、涙がでました。
こんな、魂の旅をしてきた方だったんだなぁって。




2015/02/18 (Wed) 22:42 | トベニ #IRhqFhsY | URL | 編集
No title

トベニさん☆おっはよ

tree 面白いアルバムよね~。
色んな音が集まった遊園地みたい。
メロディも素敵だし、何より歌詞が素晴らしい。
「僕らはもう一人じゃない」って仲間がいることの幸せが詰まった曲もあれば、
精神を安定させるくすりで苦しい気持ちも吐露した曲もある。
「銀河街の悪夢」は聴くたびに心拍数が上がってきて、私も少し苦しくなります。
新しい才能ってこうして出てくるんだね。

セカオワでトベニさんとお話できて嬉しいなぁ。
ウチでは息子との共通の話題にもなってて、それも嬉しいです。

2015/02/19 (Thu) 09:26 | るぴ #/ziU86Hc | URL | 編集
No title

オンニ!!

わたし、
この曲が
Nakajin さんのボーカルで始まり
Fukase さんに変わり
その後もかわるがわる歌ってるってことに
つい昨日気付きました!!!!

(みんな分かってるんだよな)

でもびっくりした!!!
一人の人の声だとずっと思ってた!!!

突然失礼しました~~

2015/03/04 (Wed) 18:05 | トベニ #IRhqFhsY | URL | 編集
No title

私も最初は、Fukaseっていろんな歌い方するんだな、って思ってたの。
マーメイドのところをFukaseが歌ってるのね。
息子に最初はNakajnの声だって言われて初めて気がつきました。

あはは~~(*^。^*)

2015/03/05 (Thu) 00:09 | るぴ #/ziU86Hc | URL | 編集
No title

またまたこちらであんみょん☆

セカオワの単行本「世界の終わり」が
どこでもみんな、売り切れでなかなか
買えなかったんですが、ようやく手に入れました☆

読んでいたら昨年10月の
NHK [Songs]を見たくなって、
録画してあったのを見たら、
何だか、何か所も涙が出て仕方ない部分が
ありました。

彼らのおうちのリビングで話してくれた4人の
インタビュー。

もう生きていても仕方ないんじゃないか
「せかいのおわり」
そう思った時に
射し込んでくれた一筋の光
それがこの仲間たちだったこと。

音楽をやりたいから集めた仲間なのではなく
この仲間たちと一緒にいたいから
(たまたまみんなの共通の趣味であった)音楽をやっている。

地元のビデオレンタル店の階段に座って
いじめられる苦しみを泣きながら話すさおりちゃんに
「お前の居場所は俺が作るからもう泣くな!」と
Fukase が言ったこと
Nakajinが、不登校のfukaseを毎日訪ねた
友人であったこと
Nakajinにとっては、自分には思いもよらない発想をもち
それを実現しようとするFukaseが、憧れの人でもあること

そして彼らの将来の夢

オンニが、嵐とセカオワを混ぜて聴いても
不思議と違和感がないと言われたことが分かるなぁ

メジャーデビュー前から、ニノがセカオワに興味があった
と言うのはなんだかすごくうなずける。

一緒にいる時心からほっとした顔してるでしょ。
どちらのグループもね。
そこ、すてきですよね
家族のように、それぞれが他の人には担えない役割を
分担してるところも似てる。

それにしても、1月だっけ?しやがれで2つのグループが
いっしょにやった、「ワードバスケット」で
おーちゃんが(必死の思いで、多分、笑)言った
ワードの数々が、面白すぎた。

2015/03/17 (Tue) 14:25 | トベニ #IRhqFhsY | URL | 編集
No title

トベニさん☆

ライブハウスを自分やメンバーの居場所にしたかった
自分の逃げ口を一番最初になくす人
人生でもっとも好きな人間を集めてバンドを組んだ
音楽をするために4人でいるのではなく4人で居続けるために音楽をする
でっかい家を建てたい ツリーハウスみたいなマンション メンバースタッフ友達まで全部で暮す
ひとりで暮らせない
仲間であり続けるために歌い続ける
4人の冒険


SONGSの動画を観てきました。
観ながら心に響いた言葉を書き留めてみたの、
ふふ、トベニさんと重なってますね☆

おーちゃんがメンバーはどのジャンルにも当てはまらない
どこにもないジャンルの仲間(共同体)だと言ってたけど、
セカオワはさらに家族という結びつきが大きくて、
寄り添いあってやっと人生をしっかりと歩き出せた人たちなんですね。

それは彼らの音楽の世界感と切り離せないことなんだね。

ライブに来た人たちが、家族そろって楽しめるって言ってたけど、
そこはまさに嵐のライブと一緒ね。
夢の国、安心してそこに居られる空間。幸せな場所。
共通項がありますね。


しあがれのワールドバスケット。
あれねー、本当に面白かった。

やじろべー

(笑)(笑)
と思ってたのね。(わからんでもない)

突然、チンジャオロースって(爆)(爆)

後半立ち上がってたし。
あーー、ホントにおーちゃんが楽しくて可愛かったです(*^。^*)

2015/03/18 (Wed) 18:13 | るぴ #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する