クォン家にリホちゃん誕生。
おめでとー☆
2人のお父さんになって、次の作品も映画が決まったみたいだし、
友だちのブログでサンウ情報を得ながら、良かったねーって眺めてるのが、
近かないけど遠くもない感じで嬉しいです。

いつだったか映画友との定例会で
好きな人(歌手、俳優)が突然の結婚するっていう話題になって、
私はサンウファンとしての経験談を話したんだけど、
今なら言えるんだよね、
その人が自分の人生をかけて決めた結婚に対して、
ファンだからって嫌もダメもないよね(笑)何の責任もないのによく否定したよなぁって、、
ほんっと申し訳なかったって思う。
正確に言うなら、結婚が嫌というよりあまりのファンの拒否反応に疲れ果てたのと、
そこに至るまでの過程だったんだけど、、
それだって仕方なかった話で、今幸せにしてるってことがすべてです。

でも、もがき苦しむのがファンでもあるわけで、
そういう意味ではあの頃はあれがある意味まっとうなファンの姿だったのかもとも思ったりしてね。

毎回彼女と共通認識するのが
「ファンって勝手だよね」
いんだよ、ファンなんだから。←


年末に、サザンのコンサートに向かう電車の中で
なんとなくツイッターを覗いてたら、
紅白で嵐がフライングをするというヤフーニュースのコメント欄に
それを否定、批判する意見が続々と並んでて、ちょっと気が滅入ったんですよね。
そんなものは自分達のライブでやれとか、特別扱いされ過ぎとか、
パフォーマンスなしで歌で勝負しろっていうわけのわからんコメントまであった。
ずーっと昔さ、タイガースが紅白に初出場した時に、
歌合戦なのに楽器を持ち込んだら不公平という理由でグループサウンズなのに楽器なしで5人並んで歌ったことあって、
今じゃ笑い話なんだけど言ってること同じよね。
結果としてはフライングというより吊るされて降りてきただけで、普通の演出だったけど、
アンチがいるってのは人気の裏返しだからなぁってちょっと切なかった。

そんな気持ちでサザンの年越しライブに行って、何十年も第一線で活躍し続けたサザン(桑田さん)に
敬意の気持ちしかない最高のライブって思って帰ってきたのに、最近のニュースが理解できない。
桑田さんは感謝の気持ちを込めて紫綬褒章をお披露目したんであって、
嬉しそうでちょっと照れくさそうで、私もよかったなぁって心から思ったし、
オークションみたくいったのは、照れ隠しみたいな感じで、会場の雰囲気は好意的だった。

希望の苗を植えていこうよ
地上に愛を育てようよ
未来に平和の花咲くまでは…憂鬱(Blue)
絵空事かな?お伽噺かな?
互いの幸せ願うことなど


こんなに素敵な歌詞なのに、なんでかなぁ。

紅白のちょび髭は
全員集合~~だから
カトちゃんぺっ、、のお髭にしか見えなかったんだけどなぁ。

なんかボヤキっぽい。
基本楽しいことだけ書こうって思ってるんだけど、
ま、たまにはいいかー

頑張ってください。
桑田さんも
嵐も
サンウも
ミョンミンさんも。
好きな人みーんな(←まとめかたぶっちぎり、笑)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/4344-c062eafe