MIRACLE デビクロくんの恋と魔法

何度も言うけど←正式タイトルは「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」
ついデビクロくんって言っちゃうよね(正式タイトルが頭に入らず、笑)

12月の初旬に地元のユナイテッドシネマで鑑賞しました。
1か月遅れだけど、相葉ちゃん初主演の記念映画ですからね、レビュー残さずにはいられまい
、、ってことで、、、

20141202-1.jpg


相葉ちゃんは正確に言うとすでに撮ってますから主演映画。
デビュー前の1998年「新宿少年探偵団」、潤くんも出てるジャニーズ映画で主役張ってます。
    ⇒⇒  はぴるぴ別館レビュー「新宿少年探偵団」

これがまたみんな若くてね、学芸会レベルの演技力で、可愛くてたまんないの。
ストーリ展開もとんでもな感じなんだけど、なぜだか面白かった。やっぱり一生懸命するってことがなにより大事よね。そこが相葉ちゃんの相葉ちゃんたる所以だとも思うのです。
歌唱力がもって生まれた才能なように、私は演技力ももって生まれるものじゃないかと常々思っていて、だから上手な人は小さい頃から上手い。ニノがそうなように。
そう言う意味では相葉ちゃん上手くなったよね、、、ホント。

20150107-1.jpg

4人の男女の恋愛模様の話ではありますが、断然輝いてたのは安奈(榮倉奈々)とソヨン(ハン・ヒョジュ)で女性優位な映画でしたね。
幼なじみの光が好きなのに伝えられない、男勝りでさばさばしてて、お人好しな安奈に思い入れて見た人が多いんじゃないかしら。彼女の可愛らしさがこの映画の可愛らしさになってて、子役時代の二人がとっても雰囲気が似てて可愛かった。

ヒョジュちゃんは韓国人設定で韓国語を話す場面が多かったので不自然さが少なかったけれど、
それでも日本語で演じるって本当に凄いことだと思うんですよね。
かつてチャンドンゴンが中村トオルと演じたアクション映画、動画でチラッと見ただけではありますが、名優なのに日本語のセリフがお気の毒に感じたことがあって、そりゃそうだと思う、母国語以外で演じるって大変なことだもん。
そう思うと、ヒョジュちゃんは実に上手に日本語で演じてました。想像以上に良かった。
透明感があって可愛くて綺麗な女優さんよねぇ。彼女の存在感じたいがとても魅力的でした。

居酒屋でソヨンが「マショヨー(呑みましょう)」って言ったのを光が「え?どこのマンション?」って聞いたのはアドリブなんだってね。あまりにもドンピシャなタイミングで笑っちゃいました。

斗真くんに関しては感謝しかありません。本当にありがとう。(なぜ私が言う←)
出演分量は少なかったけど難しい役だったと思うんですよね。あまり説明がされないままあの立場の役を演じられたのは斗真くんだからだとも思ったりするのです。
今や堂々の映画主演俳優なのに、相葉ちゃん初主演映画に共演してくれて、本当にいい奴です。
次の斗真くんの映画は何があっても観に行くからね~♪

20141221-6.jpg

監督もインタビューで話されてたけど、光は優しくて純粋で、いつも先にごめんなさいって謝っちゃう人。
ちょっと現実感ないくらいの人の良さで、彼の心の闇の部分をデビクロくんが表現してる。
デビクロ通信に書かれてる言葉が詩的でなかなかうんちくがあっていいんですよ、それはすなわち光が抱えてる本音の部分でしょ。
この映画を観た人が全員が全員、相葉ちゃんらしい映画って評してるけど、本来相葉ちゃんの魅力って、誰からも好かれる明るくて楽しくてっていうパブリックなイメージとともに、絶対に見せないのに垣間見えるちょっと暗い部分がものすごい魅力だからね。
一緒に映画鑑賞した映画友は原作を読んでたのですが、デビクロくんの登場部分をアニメだけじゃなくて、光が闇の部分として演じたらもっと面白くなったかもしれないって、、観終った直後にそんな感想を言ってくれて、なるほどと思いました。

と、長々と書きましたケド
シンプルなストーリーで素直に楽しめる映画なんだけど、最後泣いてましたからね。
なんかわかんない泣けちゃうのよ。
相葉ちゃんの優しさと作品の優しさがぴったり合ってたのかな。
忙しい年末、クリスマスソングが流れてて、雪も降ったりしてて、おー寒いって季節に、
心が暖かになる映画だったなー。(年明けちゃいましたケド)
関連記事

コメント

No title

オンニ~♡
(わ、、入力しようとしたら
「かなモード」になっとる
お正月のあと毎年こうなってるのよね(笑))

デビクロくん、
予想していたのを上回ってよかった。

「ピドゥルギ」(鳩)って単語をね、
ついちょっと前に、覚えたばかりだったの
私にとってタイムリーなことに

ヒョジュちゃん素敵でした。
前に浅草で観光しているVTRを見たときに
日本語があんまりうまくて驚いたことがあって。
「ハン・ヒョジュでござる。」なんて
言葉が、すらっと出てくるんだもん 

チャンドンゴンさんがとても苦労されている様子のVTR,
見たことがあります。
私はその時の中村トオルさんの真摯な態度に感心したことを
覚えてます。

言語って、単語単語を言えればいいのではなくて、
聞いた人が聞きとれるようにするためには
文章を、音楽の楽譜のように、音階として
真似ができるかどうか、がキーですよね。

ヒョジュちゃんもそれが、うまいんだねぇ
(実はおーちゃんはそれがずば抜けて上手いひとり)

彼女の『トンイ』は、
人との対し方、と言う意味で
女性として私もこんな風でありたいなぁと
何度も思わせてくれた素晴らしいヒロインでした。

とーまくん、
よかったねぇ。あれ、とーまくんだから
ああいう雰囲気になって、
いい感じなんだよねぇ。
何度も言うけど
「これが、あの、天才テレビくんにでてた”子”・・・。」
と信じられないわ。
いい役者ですよね

「絶対に見せないのに垣間見える暗い部分」
本当にそうです、ほんとです。

アブナイ夜会で見せたひとつの表情もそうだったけど、
あ・・・!と思わせてくれる、ミステリアスな人ですね、
相葉ちゃんは。

ちょこちょこ変わる、ミスドの彼のポスターも楽しみです。



2015/01/07 (Wed) 23:27 | トベニ #IRhqFhsY | URL | 編集
No title

トベニさん☆

いっしょだー。
旦那がPCした後は必ずカナモード(笑)

外国の作品にこんなに素敵に馴染んでいられるってすごいことですよね。
「ハン・ヒョジュでござる。」って、、可愛い。
聡明な方なんでしょうね、そして存在の透明感に憧れます。

デビクロくんね、そう、予想を上回ってましたよね。
このよさをどうやって伝えたらよいのかわからないんだけど、ともかく最後は泣いてました。
何で泣くんだろーって思いつつ。
相葉ちゃんの優しさと作品の優しさがぴったり合ってたのかな。
クリスマスイブ生まれの相葉ちゃんがこんな素敵なクリスマスの映画に主演することができて本当に良かったです。

2015/01/08 (Thu) 13:09 | るぴ #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する