芋虫

映画「キャタピラー」を観てきた
キャタピラーって芋虫のことなのね
夫が戦場で両脚と両腕を失い頭半分にヤケドして口も聞けない状態で帰ってきた
国からは勲章をもらい、村では生ける軍神として褒め称えられる
でも夫はただ寝ていることしかできない
生きている証は、食欲と性欲だけ

映画開始そうそうが戦場でのレイプシーンだったので若干憂鬱になった
あーー、わかってたけど重い映画を観に来たもんだー、って

でも夫久蔵が芋虫状態になって帰ってきてからのシゲ子との日常生活は
重いという表現とはちょっと違う
夫が手足がなく寝たきりだということはあっても
妻が働き、ご飯を食べ、セックスする
考えてみたら当たり前の(ぎりぎり当たり前範疇の、笑)の夫婦の生活のようにも見えて
「戦争の不条理」を問う映画だと言われてるけど
なんだか究極の夫婦の話のような気もしてきた

でも綺麗ごとの夫婦愛なんて描いてない
夫は戦場に行く前はDVでありシゲ子は暴力も受けていた
シゲ子には軍神の妻と呼ばれる晴れがましさもある
寝て食べてセックスを求める夫だけのへの嫌悪感もある
同時に夫婦としての愛情もあって
理屈抜きに揺れる感情を寺島しのぶは見事に演じてましたね

私が好きなシーンは久々に白米を炊いて食べるところ
感情をむき出しにぶつかっても人間おなかがすいたらご飯食べるでしょ(笑)
どんな悲惨な状況になっても夫婦でご飯を食べるってなんか本質だなぁって思ってしまった

でもこれが夫婦の話ではなかったとラストでわかった
そうだ、戦争の不条理を突き付ける映画だったんだって

エンドロールで流れた元ちとせの「死んだ女の子」の歌は
それ自体がすごい力を持ったメッセージで
映画の内容とはまったく別の存在感があって
違和感でもあり不思議でもあり、その歌そのものに感動しました


映画レビューの「はぴるぴ別館」にアップしてもいいんだけど
なんかこっちの方が自然体に感想がでてきたので、こっちにアップしちゃった
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する