なんかもーね、大野智だけ見てたい症候群みたくなってて、←
NHKを見るとVSが見たくなって、最後はしやがれ見てホッとして
そこからMステ見たり夜会見たりで、、完全にスパイラル状態。
抜けられないちゅーの。さとちゃん。

時系列でいうと、19,20日がBlastライブで(日本時間)
翌21日がVS慰労会で、22日がしやがれ自由時間、で夜が夜会、23日がNHKで、24日がオフ。26日がMステ、かな。
テレビ局は違うのに、絶妙な順番で放送されたもんです。

10周年を迎えるまで自分がどこに居るのかわからなかったって、確かにずっと言ってた。
デビューの時からずっと戸惑ってきた人だし、
だからおーちゃんがやめたいと考えてたことは、そうかもと思うんだけど
2006年あたりからっていうのが驚きだったんですよね。
だって2006年から10周年までって、嵐がとんでもない勢いで人気が上昇した時期で
おーちゃんだって、個展とかプーシリーズの舞台したり、ドラマ初主演した頃。
その間に葛藤してたんだなぁって思うとね。
いや、だからこその葛藤なのかなぁ。
周りがノリにノッテるときにひとり悩んでたのかと思うとね、、、

自由になりたかったっていうの
わかるよって言ってくれるかもしれないけど、もしかして翔ちゃんには理解できないんじゃないかなぁ。
でも自分には当てはまらないけど、大野さんはそう思ったんだからそうだっていう
お互いを尊重して認め合うところが5人の稀有な関係よね。

やめようと思ってたっておーちゃんが言った時の、
翔ちゃんの驚いた顔と、潤くんとニノのなんとも言えない表情と、
やめないでいてくれてよかったっていう相葉ちゃんの言葉が
すごーく印象的だった。
相葉ちゃんはとてもフラットな人で、こういう人がグループに居ると安心する。

翔ちゃんは休まず前へ前へ、上へ上へ行く人、
おーちゃんはいろんなこと時間をかけてやっと安心してそこにいられる人、
こんなに正反対なのにお互い支え合ってやってきたかけがえのない存在。

ニノが未来を語らない人で今が一番大事ってことあることに言ってたことが
実はリーダーの言葉から影響を受けたっていうのは驚きだったけど、
いろんな場面でニノがリーダーの発言をしっかり受け止めてるのは見てたからね。
腰を痛めた時、ジャンプアップじゃなくてスライドで舞台に登場することを決めた瞬間もリーダーのひと言だった。
普段はそうでもないけど(←)、いざというときのリーダーに対する信頼が絶大だと思った。
繊細で人を良く見てる人だから、もしかしたらやめないでいて欲しいとずっと思ってたんじゃないかな。

潤くんが4人に演出したいと思わないかと質問してたけど、
おーちゃんが振り付けすること一番嬉しそうなのが潤くんで、
色んな事が吹っ切れたおーちゃんが潤くんとどんなコラボレーションを見せてくれるのか楽しみにしてる。

大切なことは全部 君ひとりで抱えていた
言いたいこと何も言わず 放してしまった手のひら 思い出すよ今でも


夕焼けをバックに歌った「マイガール」が今回のライブの象徴的な曲なんだけど
あらためて歌詞を見ると泣ける。
なんていい曲なんだ。
おーちゃんはいっぱい泣いて、いろんなもの全部ハワイに洗い流してきたんだね。
Mステで夕日を背に5人で歩いていた姿がたまらなく素敵だった。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/4317-217fd7e5