「改過遷善」完了

改過遷善全16話が終わりました。
、、っていつの話(笑)

20140701-2.jpg

なんかどっかで総括したくて、これでもずーっとなんとなく(←)考えてて、
簡単に言っちゃうと面白いドラマだったなぁって思う、いろんな意味で。

単に今までの経験からの印象なんだけど、
言葉がわからなくて、全体の印象で作品を面白いとかそうでもないとか感じるとして
で、字幕付きでしっかり理解して見たとして、印象が変わるかと言うと、
意外と変わらないんですよね。これは不思議なくらいだいたいがそう。

ともかく、とても韓国事情のたくさんあるドラマだった。
突然の2話打ち切りっていうのもあるけど、最終回のラスト10分の
これであとなにをどう終結させるというのか!という緊迫感は今まで経験したくとないくらいのもので、あれはあれで貴重な経験な気もするし、
ミニシリーズもの(16話)としての骨格はあるんだろうけど、登場人物のどこと誰に重点を置いてストーリが展開してるのか、私なんかは迷ったですよ。(←言い回し変)
伏線をいっぱい張って、視聴者の興味がある方へ引っ張っていって、そうでもないものはバッサリという手法は今までもたくさん見たけど、今回はさらに、実際に起きてるらしい社会問題もたくさん盛り込んでたから、複雑さがすごかった。

小難しい話が面倒な人は見ないよね。
私もミョンミンさんが出てなかったら見ないかも、、視聴率は稼げないドラマです←

ヒール役は誰なの?なんてたまにブログで呟いてたりしたし、
ソクジュと対立できるのはヨンウ所長だけよ!なんてことも言ったけど
正直言うと終盤になって、突然ヨンウが酷く画策を巡らす人物になってきて、ソクジュと対立し始めたときに。キタキターって書きながら、なんとなく違和感もあった。

これは勧善懲悪のドラマじゃない気がして、だから面白いと思った気がするの。(←言い回し変) 記憶を失う前のソクジュが単に悪人だったとしたら、このドラマは底の浅い平凡なドラマになる気がする。

私が一番面白いと思ったのは4話で、それは過去の自分がやったかもしれない、記憶にないことと向き合って案件を解決したから。
複雑よね、事実はソクジュしか知らないのに、本人が覚えてない。
で、最終回が面白かったのも、結局ソクジュが戦っていたのは、過去に自分が作ったシステムだったわけでしょ。
結局、「改過遷善」のヒーローはソクジュで、ダークヒーローもソクジュだったってことなんだよね。

記憶喪失という、韓国ドラマの定番みたいな設定のドラマを何故受けたんだろうと最初に思ったけど、ミョンミンさんがこの役を演じて見たかったという理由はとても納得がいきました。

お父様と釣りに行くラストシーンはとても好き。
時間がなかったのが理由なのかもしれないけど、ソクジュの記憶が戻らないまま終わったのも面白かったね。今のソクジュだって真実のソクジュなわけだし、記憶や経験ってなんだろうって考えちゃう。

言葉とともにしっかりと理解して見たら、ツッコミどころ満載のドラマかもしれない。
一番気になる、ソクジュが記憶をなくしたバイク事故の犯人は誰?
コモが投資したCPのお金は結局戻ってこないの?
どーしてサンテを歌手志望って設定にしたの?(笑)  などなど。

でも、もーいっかなー(←おい)
ミョンミンさんは次の名探偵ニムに向かってもう走り出してるし~♪

みんなでワイワイ言いながらドラマを見られて楽しかったです。
お疲れ様でした~~~
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する