死神くん 第4話 神の選択

基本的にリアタイで全力で挑むのですが
眠くて、力尽き果てることもたまにあって(笑)
死神くん4話、やっと観終りました。

芝居仕立てで面白かったですね。今までとはまた違う雰囲気。
安ケンさんの迫力ある芝居が印象的でした。

悪魔から魂を守ることを死守しようとした死神くんは
今までになく生を全うすることを力説してた。

「責任を持って天界に送ります」

生まれなかった命。
でもそれが天命だったんですね。
その言葉がとても重くて、そして慰められました。

20140515-11.jpg


原作ではホテルでの火災ではなく車の中の出来事だったそうです。



医学生とその彼女が車に乗っている。
高熱の赤ん坊とその母親と遭遇し実家の病院に連れて行くことにする。
さらに途中で端倒れている男性を助けるが、今人を刺殺したと言い逃走を手伝えと脅される。

5人を乗せた車は正面のトラックをさけ、ガードレールを突き破り崖から墜落する。

そこに死神くんが現れ、時間を止めて言った。
「この中で死ぬのは1人だけだ。もし希望があれば聞く」と。

話し合いのなかで様々な人生模様がわかってくる。

医学生と彼女は恋人どうしだが敬遠難に陥っている父の病院を助けるために、父の決めた相手と結婚することに決めたこと。
女は別れた後は自殺するつもりだったこと。
子供の父親は飲んだくれであること。
刺した男の相手は軽傷だったこと。

「病気の子供が死ねばいい」
「殺人の犯人が死ねばいい」
「子どもを死なすなら私が」
「私は死ぬつもり」

結局結論の出ないまま死神くんは言う、、「時間切れだ。誰が死ぬかは神が選んだ」と。

車はまっさかさまに転落し車は崖下に叩きつけられた。
はたして死んだのは、、、
関連記事

コメント

これも、良かったですねぇ。
やっぱり泣いてしまいました。
舞台の上での芝居のようでしたね。

体格の良い平岳大さんのそばに立つ死神くん。
ほんとに妖精さんか何か、人間以外にしか見えません。
ちっちゃくて きゃわいい~~~♡♡

平さんって、たしか
理系でコロンビア大の大学院かな??まで
進んだ方だったような気がします。
でも役者になりたい、って思ったんですね
すごいです。

召された命が
まだ生まれる前の命だったから
名簿に名が載らなかったのですね・・・・・。
でも、ちゃんと
死神くんが責任を持って天界へ
送り届けてくれるのですね。
安心して下さい、って。。泣けた。

「死ぬのは運命で決まっていますが
生きるのは、運命に任せてはいけないんです。
自分で切り開かなければいけないんです。」
死神くんの言葉はいつもすごく大切です。

一方、ウリさとちゃんは
打ち上げが、松重豊さんと桐谷未玲ちゃんと自分の
3人だけだったらどーしよう、
と真剣に心配しておりやす(笑)

ラジオでまじ心配するサトチに、
この間の、「鼻からスイカ→ミカン→ミニトマト→マスカット」の件の次に
たくさん笑いました。(笑、笑)

おもしろいサトちゃん。

2014/05/16 (Fri) 22:19 | トベニ #IRhqFhsY | URL | 編集

トベニさん☆

漫画の死神くんは子供くらいの大きさなんですってね。
おーちゃん、普通に166㎝ありますが(ホントはもうちょっと低いって自分で言ってたけど)
バッチリです。
ホントちっちゃくて きゃわいい☆

平岳大さん、どこかでお見かけしたようなお顔立ちだと思ったら
平幹二朗さん、佐久間良子さんのご子息だったんですね、お父様にそっくりです。

さとちゃんが打ち上げの心配してたことを、中田監督が心配してて(笑)
僕は俳優じゃないですが打ち上げには出ますよ、、とツイで呟いてました。
ははは、素敵な監督さんです。

>鼻からスイカ→ミカン→ミニトマト→マスカット

あれは相当笑いました。
たくさん笑いました。
面白い子だわ、ホント。大好き☆

2014/05/16 (Fri) 22:53 | るぴ #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する