死神くん 第2話 死神手帳

死神くん、初回が11.2%で、2話が10.1%でした。
視聴率は気にしないと言いつつ、深夜枠で二桁は素晴らしいので一応記録しとこ。←

おーちゃんがラジオで、「キャラが全然かわるよ」って言ってたとおり
随分変わりましたねぇ。
1話で見守る死神であることがよくわかって、
そして、死神さんの変幻自在の顔芸も見られつつ(笑)という感じで2話以降はいきそうです。
楽しいわぁ。
カラスの検視官との絡みが、1話ではそこだけテイストが違うって思ったけど
こっちがメインなのね。

島孝一に「友達やめる」って言われたときの死神くんの「、、、え?」が堪んなくて
「、、、え?」だけを数回リピートしたワタシ(笑)
繊細よね、大野君の演技。
人間界の保険の仕組みも何も知らなくて、
プシューって缶チューハイあけてプハーってしつつも、
全てを悟ってるようにも見えるし、
人間味があるけど人間じゃないし、
空に浮く姿はさすがのカッコよさ。

25年前の原作だから、どーしても昭和レトロな雰囲気があって
でも、それも面白さのひとつになってる。

金曜の深夜に楽しむのにピッタリよね。
でも笑って観てたのに、終わってみるといろんなこと考えさせられる。
なんか、もー、すっかり死神くんのペースに絡み取られてます(笑)


4話まで監督さんが毎話変わるんですよね。

1話の中田秀夫監督は代表作は映画「リング」「仄暗い水の底から」
2話の常廣丈太監督は大好きで毎週楽しみに見た「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の監督さんなんですね。
どーりでテンポがすごく良かった。

で、3話は筧昌也監督は伊坂幸太郎の小説「死神の精度」(金城武、小西真奈美)のを映画化の監督さんだそうです。 
なんとっ、死神のオーソリティ(←そんなのある?笑)

毎回のゲスト俳優さんが、これまたいい俳優さんが揃ってますよね。
悪魔くんが登場してますます面白くなりそうです。

3話予告 ⇒⇒ 死神くんHP

大野智が死神としてナビゲーター的な役割をしてゲスト俳優を引き立て
尚且つ自身も主役として充分に見せるところを見せている。
というような主旨の感想をどこかで読んだけど
本当にその通りだと思う。

ファン目線から言いますと
この死神くんは、キャラ的にかなーり大野さんなんですよね。
大野さんなのに完全に死神くん!
そこが楽しくて面白くてたまりません。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する