大野さんに癒されたいという思いで立てた企画

アジアンポップスという雑誌、前にも書いたけど不思議な雑誌なんですよねぇ。
紙質が厚くて画用紙のちょい薄いぐらい、だから全体のページ数が少ない。
必要なとこだけ切ってファイリングする身にとっては、結構迷惑な雑誌です(←おい)
でも、監督とかPDの目線の興味深い記事を載せてくれるんですよね。
今回はまだ買ってなくて、死神くん特集と去年の今日の日はさようなら特集を
大人買いしようかどうしようか、ただ今迷っております。

「ASIAN POPS MAGAZINE 109号」
「死神くん」の内山プロデューサーの非常に興味深い記事があったみたいです。
リアリティショー、・ラブストーリー、死神くん(のような特異なファンタジー)を提示したってのもこの記事。

提示した3つの企画とも
大野さんに癒されたいという思いで立てた企画。


特に役作りしてくれということはないです。
死ぬ人の最期にそばにいる人だという意識だけ持っていただいて、
過剰に優しくするでもなく、
過剰に怖がらせるでもなく、
「最後まで一緒にいますよ」って、
あなたに言われたら「うれしい!」と思うようにしてほしいとだけ言いました。

あとは彼の持っているそのまんまで、
そうなっていると思います(笑)



だよね、だよね
そーだと思うわ
彼の持ってるそのまんまで
  そのまんまで、、、、、
(癒される)
堪んないはずだ
こんなファン冥利に尽きるドラマってある?


尚且つファンだけが楽しむドラマではないって言ってくれてるしさー(あちこちで)
楽しいはずだ


それと、非常に反応した部分なんですけど

事務所の方に「細かいですよ」と言われていたので、
神経質なのかなと思ってたんですけど、、、


大野さんから挨拶のハガキを頂いた時に、普通は名字で頂くことが多いのに
名前の方で来て、しかも間違えられやすい名前をきちんと呼んでくれてて
出だしの書き方で、

ちょっと他のアイドルの方とは違うなと。  
それを読んだ人の気持ちが想像できる人なのかなと感じました。


うん、ものすごく見てる人だよね、きっと。
でなきゃ、あんな繊細な細かい絵は描けないと思うもん。
「細かいですよ」って言われてるんだーってのが
くすぐられるよね、、、あは。
関連記事

コメント

ひゃっはっはっはははは!(^^)!

オンニの字のフォントがでかすぎる(爆)(^◇^)

ふへへへへへ  で・か・す・ぎ・る(爆)

今日はね、ビッグデーで
早朝からずっと、目の回るような一日でした
あーなんとか無事終えたなぁ
そう思って へとへとで帰ってきて
パソコン開いたら
オンニのデカイ字(←3回言った。)
デッカイ声で笑って
もうこれだけでも癒された
そんでこれから「死神くん」第2話 見まぁ~~す♡
癒されまくる一日の終わり(笑)(ほっ)

おーちゃんはね
たまに「智さん。。。」って
呼びたくなる時があるんだよね
普段はじーちゃんだし、ふわふわだし、
へっへっへっへ だし
ぼ~~~~~~っ なんだけどね
ある瞬間ふと、なんか境地に達してる人に感じられてね
前世で、修業を積んだ禅僧かなんかだったんじゃないか?って思う事が。

人の気持ちが想像できるって言うのは
人間にとって一番大切なことでしょ

帰り路開いた本に
こんな記述が。
「成熟、と言うが、もはや技術ではない。 
人間のなかみである。
生死勝敗を忘れ、すべてが空(くう)になり
己も空に溶け切ることが禅の極致と言われるが、
彼はそれに近づいているようである。

そのくせ、彼が禅の修行をやったというはなしは、
聞いたことがない。

いや、それどころか 彼自身、自分がそういう境地に近づいていることを
ちっとも気づいていないに違いない。

思いあわせてみるとこの若者が19歳で入門した時から
およそ我意我執というものがなかった。
天然自然に まるで生まれたままの明るさで生きているような男だった。

もともと、何を容れるにしても、器(うつわ)が
途方もなく大きくできているのである。
技術ではない。  境地である。」

何度となく読み返した
「竜馬がゆく」なんですけど
今夜、偶然開いた、ここ読んだ時、誰かさんのことを思い出したよ。

そういうあなただから、今
この「死神くん」が、できる気がしてね。

日本を癒すオトコ~♪
その存在にありがと~~~

オンニ言ってたでしょ。
「おーちゃんに気付けて、よかったなぁ」って。
ホントにそう思うよ!

さてと
梅こんぶ茶飲みながら
「死神くん」みるか~
至福のひととき~

2014/04/29 (Tue) 23:14 | トベニ #IRhqFhsY | URL | 編集

トベニさん☆

お忙しい一日だったんですね。
お疲れ様でした。

そんな一日の終わりに
梅こんぶ茶とおーちゃんの「死神くん」
ふぅ、沁みますねぇ、疲れがとれまする~(*^。^*)

>我意我執というものがなかった。

うむ、確かに
誰かさんのことを思い出します。

>ある瞬間ふと、なんか境地に達してる人に感じられてね
>前世で、修業を積んだ禅僧かなんかだったんじゃないか?って思う事が。

ふふふふふ、、ある。
あまりに言葉を知らなくて驚くこともままあるし
ともかく破格な方ですわ、そういうとこ全部好き。

字もデカくなるってもんです(笑)

「死神くん」
想像をはるかに超えて楽しいドラマです。
ひゃっほ~~~~(^o^)丿

2014/04/30 (Wed) 14:12 | ルピナス #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する