昨日のこと、風が少し強かったけど暖かな昼下がりの原宿で
スンジョンさんご一家と楽しい時間を過ごしてきました。
そもそもはミョンミンさんの韓国カフェ会員であるイラストレーターのオム・スンジョンさんがデザインフェスタに参加されるので、日本に不慣れなスンジョンさんをアテンドしてほしいと依頼があったことが始まりでした。
それはSAMTAさんがカフェ会員の皆さんとの交流で深い信頼関係があってのことで
同じ俳優さんのファンということだけでは普通は起こりえないことでしたよね。

、、て何を今更説明してるんでしょ(笑)

いや、時には振り返ってみないとね。
何故私たちは今ここで集まってこんなに楽しい時間を共有してるんだろって
不思議で堪らない感覚になるから。。。

今回はSAMTAさんが仕事で参加できないということで
韓国語が話せる人は梨、、じゃない無し☆
コミュニケーションの頼みの綱はLINEの翻訳機さんのみ←
あとは笑顔とボディランゲージのみ←←←

ははは、でもなんとかなるもんです。
ブラームス通りのオサレなレストランでランチをして
イサクくんのために青山劇場のこどもの城でちょっとだけ遊び(実は私たちも若干ゲームで白熱し)
キティランド隣の落ち着いたカフェでお茶をして
楽しい時間はお開きとなりました。
事前にいろいろと手配をして下さった友人には感謝です。

今回はご主人さまのお母様(シオモニム)も一緒で
75才とは思えない若々しさと身のこなしの軽さに刺激を受けました。
綺麗なお肌の理由はパック。
その中のひとつは、卵とハチミツと少々の水を混ぜたものだそうで
これは是非チャレンジしてみたいです。

スンジョンさんはご病気をされて、
まだ治療の途中ではあるけど、ひと段落したということで家族そろっての日本への旅行でした。
海外旅行出来るくらいに回復されたことが嬉しくて
でもやはり以前に比べたら頑張ってるんだってことも感じられて、
お疲れじゃないですか?って聞いても大丈夫っておっしゃるの。
入院中も個展を開いて、作品を作り続けてるんですよね。
絵を描くことがスンジョンさんの生きることそのものなんでしょうね。

折鶴を折って送ってくれた皆さんに元気な姿を見せたくて来日されたそうです。
会った時もお別れするときもちょっとだけ涙ぐんでて、
色んな思いが溢れてるんだなぁって思うと私も胸が詰まります。

まだもう少し時間がかかるかも知れないけど
すっかりと元気になってお会いできる日が必ず来るはず。
「コッ、ノロオセヨ」って最後に言われました。

釜山近くのスンジョンさんの静かなお住まいのあるところに是非遊びに行ってみたいです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/4190-120c7c46