久々に韓国映画の話題だな~☆

今、Gyaoで「ホン・ギルドンの後裔(怪盗ホン・ギルドン一族)」をやってるんですよ
意外に面白かった(←意外って)
イ・ボムスとキム・スロとン・ドンイルって、絶対面白い!って思うはずだけど
最近そういうメンバーが揃っててもガッカリするパターンが多かったから
ちょっと懐疑的なところもあったんですよね
面白かったです

20140123-1.jpg

さて、はんありで知った韓国映画100選の話題ですが ⇒yahooニュース
まずは発表した韓国映像資料院ってなに?って思ったんだけど  ⇒韓国映像資料院
いつかチャンスがあったら訪れてみたいです

1位は3作品
・下女 キム・ギヨン 1960
・誤発弾 ユ・ヒョンモク 1961
・馬鹿たちの行進 ハ・ギルチョン 1975


「下女」はリメイク版は見たけど最初の作品も見てみたいな
「鳥肌」みたいに韓国版に日本語字幕がついてるらしいです(残念ながら完売)
「誤爆弾」ってなに?(笑)タイトルもそうだしポスター見ても興味あるわ~

2位から9位
・自由夫人 ハン・ヒョンモ 1956
・荷馬車 <馬夫> カン・デジン 1961
・星たちの故郷 イ・ジャンホ 1974
・風吹くよき日 イ・ジャンホ 1980
・殺人の追憶 ポン・ジュノ 2003
・離れの客とお母さん シン・サンオク 1961
・ヨンジャの全盛時代 キム・ホソン 1975
・馬鹿宣言 イ・ジャンホ 1983
・風の丘を越えて 西便制 <西便制> イム・グォンテク 1993

以下の作品は続きに畳みました

100作品のうち私が見たことがあるのは18、かと思ったら16作品でした

・殺人の追憶 ポン・ジュノ 2003
・風の丘を越えて<西便制> イム・グォンテク 1993
・8月のクリスマス ホ・ジノ 1998
・シュリ カン・ジェギュ 1999
・NOWHERE情け容赦なし  イ・ミョンセ 1999
・ペパーミント・キャンディー イ・チャンドン 1999
・JSA <共同警備区域 J.S.A> パク・チャヌク 2000
・鳥肌 ユン・ジョンチャン 2001
・復讐者に憐れみを パク・チャヌク 2002
・地球を守れ! チャン・ジュヌァン 2002
・オールド・ボーイ パク・チャヌク 2003
・うつせみ <空き家> キム・ギドク 2004
・家族の誕生 キム・テヨン 2006
・グエムル-漢江の怪物- <怪物> ポン・ジュノ 2006
・シークレット・サンシャイン <密陽> イ・チャンドン 2007
・母なる証明 <マザー> ポン・ジュノ 2009


どんなレビューしたのか確認してみたら、☆2つなんてのもありました
100選作品なのにつまんないって言ってるよワタシ
仕方ないよね、つまんなかったんだから(笑)

「恋愛小説(永遠の片想い)」ないんですね
そーいえば「オアシス」が入ってないじゃないですか
いかんですよ、あんな名作が入ってないなんて

そして、なんと言ってもこの中にミョンミンさんの「鳥肌」が入っているということが嬉しいです
凄いよね、歴史に残る映画として認められたってことですよ
いい映画だったもんなぁ
私が今映画好きになったのも「鳥肌」のおかげだもん

・ダイ・バッド 死ぬか、もしくは悪になるか リュ・スンワン 2000
・浮気な家族 イム・サンス 2003

ところでこの2本は未見でした、タイトル見てすっかり見た気分だったのはなんでだろ(笑)

・ポエトリー アグネスの詩 <詩> イ・チャンドン 2010
・嘆きのピエタ <ピエタ> キム・ギドク 2012

今だ見かけず
ネットで探したらあるんだろうけど
地元のレンタルショップに期待します(*^。^*)

・鯨とり コレサニャン<鯨とり> ペ・チャンホ 1984 
・風吹くよき日 イ・ジャンホ 1980

西ヶ原字幕社さんが扱った作品(かな?)
チャンスがあったらいつか見てみたいです


以下は制作年度順

青春の十字路 アン・ジョンファ 1934
迷夢(死の子守歌) ヤン・ジュナム 1936
家なき天使 チェ・インギュ 1941
半島の春 イ・ビョンイル 1941
自由万歳 チェ・インギュ 1946
心の故郷 ユン・ヨンギュ 1949
運命の手 ハン・ヒョンモ 1954
ピアゴル イ・ガンチョン 1955
嫁入りの日 イ・ビョンイル 1956
金 キム・ソドン 1958
地獄花 シン・サンオク 1958
ロマンスパパ シン・サンオク 1960
朴さん <朴書房> カン・デジン 1960
成春香 シン・サンオク 1961
三等課長 イ・ボンネ 1961
ソウルの屋根の下 イ・ヒョンピョ 1961
高麗葬 キム・ギヨン 1963
帰らざる海兵 イ・マニ 1963
金薬局の娘たち ユ・ヒョンモク 1963
血脈 キム・スヨン 1963
裸足の青春 キム・ギドク 1964
魔の階段 イ・マニ 1964
黒髪 イ・マニ 1964
浜辺の村 キム・スヨン 1965
非武装地帯 パク・サンホ 1965
草雨 チョン・ジヌ 1966
山火事 キム・スヨン 1967
帰路 イ・マニ 1967
霧 キム・スヨン 1967
憎くてももう一度 チョン・ソヨン 1968
将軍の髭 イ・ソング 1968
休日 イ・マニ 1968
火女 キム・ギヨン 1971
花粉 ハ・ギルチョン 1972
森浦への道 イ・マニ 1975
冬の女 キム・ホソン 1977
異魚島 キム・ギヨン 1977
長雨 ユ・ヒョンモク 1979
最後の証人 イ・ドゥヨン 1980
避幕 イ・ドゥヨン 1980
チャッコ イム・グォンテク 1980
曼陀羅 イム・グォンテク 1981
小さなボール <小人が打ち上げた小さなボール> イ・ウォンセ 1981
コバン村の人々 ペ・チャンホ 1982
糸車よ糸車よ <女人残酷史 糸車よ糸車よ> イ・ドゥヨン 1983
鯨とり コレサニャン <鯨とり> ペ・チャンホ 1984
ディープ・ブルー・ナイト <深く青い夜> ペ・チャンホ 1985
キルソドム <キルソットゥム> イム・グォンテク 1985
チケット イム・グォンテク 1986
シバジ イム・グォンテク 1986
旅人は休まない <旅人は道でも休まない> イ・ジャンホ 1987
チルスとマンス パク・クァンス 1988
ギャグマン イ・ミョンセ 1988
達磨はなぜ東へ行ったのか <達磨が東へ行ったわけは?> ペ・ヨンギュン 1989
ウムクペミの愛 チャン・ソヌ 1990
ストライキ前夜 イ・ウン、イ・ジェグ、チャン・ユニョン、チャン・ドンホン 1990
南部軍 チョン・ジヨン 1990
追われし者の挽歌 <彼らも我らのように> パク・クァンス 1990
私の愛、私の花嫁 イ・ミョンセ 1990
競馬場へ行く道 チャン・ソヌ 1991
結婚物語 キム・ウィソク 1992
ホワイト・バッジ <白い戦争> チョン・ジヨン 1992
われらの歪んだ英雄 パク・チョンウォン 1992
ナヌムの家 <低い声-アジアで女性として生きること> ビョン・ヨンジュ 1995
美しき青年、全泰壱(チョン・テイル) パク・クァンス 1995
つぼみ <花びら> チャン・ソヌ 1996
豚が井戸に落ちた日 ホン・サンス 1996
ナンバー3 ソン・ヌンハン 1997
8月のクリスマス ホ・ジノ 1998
カンウォンドの恋 <江原道の力> 1998
シュリ  カン・ジェギュ 1999
NOWHERE~ 情け容赦なし  イ・ミョンセ 1999
ペパーミント・キャンディー イ・チャンドン 1999
春香伝 イム・グォンテク 2000
ダイ・バッド 死ぬか、もしくは悪になるか リュ・スンワン 2000
JSA パク・チャヌク 2000
鳥肌 ユン・ジョンチャン 2001
復讐者に憐れみを パク・チャヌク 2002
地球を守れ! チャン・ジュヌァン 2002
浮気な家族 イム・サンス 2003
オールド・ボーイ パク・チャヌク 2003
送還日記 <送還> キム・ドンウォン 2003
うつせみ <空き家> キム・ギドク 2004
家族の誕生 キム・テヨン 2006
グエムル-漢江の怪物- <怪物> ポン・ジュノ 2006
シークレット・サンシャイン <密陽> イ・チャンドン 2007
母なる証明 <マザー> ポン・ジュノ 2009
ポエトリー アグネスの詩 <詩> イ・チャンドン 2010
嘆きのピエタ <ピエタ> キム・ギドク 2012
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/4177-9c2f1895