「かぞくのくに」を観ました
泣きすぎて息が苦しかった

20130607-1.jpg

ヤン・ヨンヒ監督のドキュメント番組を録画したものをSAMTAさんから頂いてたので
続いてそれも見させていただいたんだけど(感謝~☆)

国境は
分断したり区切られているけれど
それは政治によるもの
映画を作る立場から見ると
国境はつなぎ目だと思いたい
だから渡れるもの
ひょいと越えられる糸みたいなもの
越えるものだと思っている


監督の心からの切望ですよね
北朝鮮で暮すお兄さんや姪と会えない
自分の作品を観てもらうこともできない

劇中で大きなスーツケースを見つけて
これを持って自由に好きなところへ行くんだって言った
オッパの言葉が悲しかった



面白そうな韓国映画が目白押しですよね
まずは近場で「オオカミ少年」を観なくちゃ
  (中学生円山にヤン・イクチュンが出てるのも気になる~)

以下は私の覚書デス(劇場は他にもたくさんあるので各々チェックして下され)
「建築学概論」 6/8(土)~ 新所沢レッツシネパーク
「折れた矢」 6/15(土)~ シネマート六本木
「嘆きのピエタ」 6/22(土)~ 新宿武蔵野館
「10人の泥棒たち」6/22(土)~ TOHOシネマズ六本木ヒルズ(2週間限定公開~7/5まで)
「ベルリンファイル」 7/13~ 新宿ピカデリー

「ザ・タワー」「殺人の告白」「共謀者」「悪い奴ら」はレンタル開始を待つかなぁ、、、←ひとりごと
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/4102-709d5962