昨日は「歌舞伎」初鑑賞してきました
新橋演舞場
新鮮で面白かったわ~
これはまた後ほど書くとして、、

ラストホープ最終回
帰りの電車で感想のツイをみてたら
ええっ?って驚いている人がいて
こりゃ中途半端にネタバレしちゃいかんと思いまして
先程しっかりと鑑賞いたしました
卓巳がドナーベイビーだったって話は予想ついてたよね

「私の中のあなた」がそういう映画でした ⇒ 別館レビュー
姉に臓器を提供するために生まれてきた妹の話

考えられないんだけど
そんなことが実際にあるんだろうか
卓巳は医療の最先端で命に係わる仕事をしてるから
乗り越えることができる強い人だったのかもしれない
それと、実際の両親はもういないし(育ての親には感謝しかないだろうし)

全体として、5話あたりまでは良かったけど
途中若干中弛んだかなぁ
先生たちの過去がどうやって繋がるのか
無理やり決着がつけられるんじゃないかと心配したんだけど
最終回が一番面白かった

医療の最先端でどこまで命を助けることができるのか
現実は治療という範囲を超えてしまっているのね
人の命をどこまで人が操作できるのか
研究者や医師がどの領域まで関わることができるのか
そんなドラマだった
テーマがぶれないドラマって観てて安心できる
狙ったのか、それとも結果としてそうなったのか
扱うテーマは重くて深いのに
重苦しく感じなくて、どこか清涼感があるのは
相葉くんだからかな
私はそこが結構気に入って観てました
カンファレンスのセリフ仕立てのシーンが面白かったし

波多野卓巳 誕生
橘歩美 真実
高木淳二 別離
荻原雪代 憎しみ
副島雅臣 野心
古牧利明 固執

それぞれの医師が抱えたものは
ちゃんと乗り越えて次に進んで終わったし
爽やかな終わり方でよかった

前の三毛猫ドラマはだめな部分もいっぱいあったので
セリフが多くても気持ちの上ではそんなに大変ではなかったんですよ。
でも卓己はプライベートなとこを表に一切見せない
プロフェッショナルだからすごく強いしすごく孤独なんだろうなって思う。
彼の家のシーンはまったくないでしょ
一人の時に何をしているのかどんな家に住んでるのか
生活感が全く見えないの。
お医者さんの家はお金持ちってイメージくらいしか持ってなかったけど
自分が演じてみて、お医者さんは人の生き死にの一番近くにいる
ものすごく壮絶な仕事だなって。 
ある種、図太くなきゃ続けられないだろうし
卓己も切り替えのできる人だよね。
辛いことがあっても引きずらない。


これはドラマが始まった頃のインタビュー記事
自分たちも結末を知らないまま撮影してるって言ってた
卓巳センセイ
優しくて飄々としてて
図太い(笑)
魅力的な先生でした
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/4041-7b9a743a