2013.01.23 アイバホープ
意外と面白いです
アイバホープ、じゃなくてラストホープ

卓巳センセイが主役だけど
群像劇の要素もあって
6人の先生の個性も際立ってるし
全員が問題アリな過去を引きずってて
邪魔にならない程度に過去が挿入されてテンポがいい
それぞれの過去がどうリンクして繋がっていくのか楽しみ

カンファレンスのシーンは
専門用語の連発で難しいけど
高度医療の一端を覗くようで興味深いし(医療に関わる方の感想も聞きたいね)
卓巳センセイが患者さんを診察してるのを見ると
こういう先生だったら安心だろうなって思うのは
相葉ちゃんのキャラクタによる安心感よね
同時に、暗い過去を持つっていうところが
相葉ちゃんに合う気がするんだよね

いつも明るくて元気で天然で
ムードメーカー的な存在だけど
真逆な面を内に秘めてる雰囲気も持ってるでしょ
上手く言えないけど
何か切ない感じ、、、(←全く上手く言えてない)
そういうとこが感じられたらいい味がでそうです(実はそこを一番期待してる)

ここが患者さんの「ラストホープ」なんです。っていう決め台詞は
先端の医療を扱うにしてはちょっと軽い気もするけど

私が一番観てていいなぁって思うのは
扱ってるテーマは重いのに重くなり過ぎないところ
ずっしりと重く問題を投げかけるドラマも良いけど
程よい緊張とリラックス感と、、
その時にどういうドラマが観たいかっていう気分って重要なんだなぁって思った
ドラマの良し悪しとは別にね

高嶋さんが演じるセンター長がくせものね(坊主頭が光ってる~~笑)
ヒッチコックの「知りすぎていた男」って
どういう意味なんだろね
卓巳センセイも何をどこまで知ってるんだろー


アイバホープ(仮)って
ずっと(仮)なの?(笑)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/4025-fe158920