そーだなーって思った、こんな記事(日本のサイトです)
  ⇒⇒ 「ドラマの帝王」は「彼らが生きる世界」を超えられるか? 

「彼らが生きる世界」と「ドラマの帝王」は、もちろんその表現のコードから明らかな違いがある。「彼らが生きる世界」は、ドラマ制作環境の中での“恋愛”を掲げているが、「ドラマの帝王」は、最初から“コミカル”を掲げている。しかし、“商業性”との“真心”の対決で、“真心”に軍配を上げた「彼らが生きる世界」は、作品性だけは確実に認められた。


「彼らが生きる世界」はノ・ヒギョンさんの脚本ということと
破壊された男で共演したキジュンくんが出てるので見たドラマなんですよね
確かブログにエントリしたなぁて思って探したんだけど
やっと見つけた~(←自分のブログが管理しきれてない状況)
ドラマを見た私の感想等々が書かれてます
   ⇒⇒ 2010.04.08 ドラマのように生きろ

このドラマは視聴率はあまり高くなかったって記憶だったけど
そっか「天国の階段」と同時期の放映だったなら苦労したよね

クサセ(彼らが生きる世界)はどんなストーリだったか思い出すんだけど
あんまり記憶がないんですよね
とりあえずヒョンビンとヘギョちゃんのラブストーリメインだったような
けっこうべたべたいちゃいちゃしてたよ(くっついたり別れたり)
結局はドラマ制作の舞台裏だから、日常のあれやこれやで劇的な展開ってなかったんですよね
そーすると「ドラマの帝王」もドラマ制作現場という同じ土俵なので
同じような展開になるんだろうなぁって、3話見て思いました
2話の日本のヤクザが絡むビックリ展開はあそこだけね
そりゃそーだ
そっちに展開したら、全然違う話なっちゃうわ

そーするとキジュン君が演じるライバル監督ソン・ギュホが
ドゥジェ(ドラマの帝王)ではエンソニーってことなんですよね
キジュンくんは最初すごーく嫌な奴でね
でも実はすごく孤独な人だってわかって、ワタシ泣いたもんなー
そこを期待したいわけですよ!!!←これが言いたい

今んと
そーねー
字幕なしで見てるから理解しきれてないのかもしれないけど
エンソニ良い奴だとは思わないけど
そんなに不遜でも尊大でもなく、中途半端に嫌なやつ(笑)
すんません、、あくまでるぴ的感想ってことで許してね

そして大きなポイントが
ドゥジェはベースがコミカル仕立てだってこと
3話から登場したシウォン君がいい味をだしてましたよね
そこに1点期待集中です☆

コミカル仕立ては、ポイント外れるとただのバタバタドラマになっちゃうから
若干の懸念が、、、、(大苦笑)

今日が(も)勝負よね
ドゥジェドラマの帝王☆どうなりますか☆
パソコンの前で会おう(^o^)丿
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/3983-26cdbe02