2012.11.07 期待満々
この記者さん、どれだけ「ドラマの帝王」に期待してるんでしょ(笑)
気持はわかる(#^.^#)
この先の展開はまったく見えず
3話が楽しみ~♪

"ドラマの帝王"視聴率上昇の兆しが見られる!  star.mt

"ドラマの帝王"は演技派俳優キム·ミョンミンが久しぶりにドラマに出演ということで開始前から期待をしていた。しかし、初回視聴率は6.5%で、すでに視聴率に弾みを受けた"馬医"や"ウララ夫婦"に押された。2回で視聴率が打って上がるのか停止するか、その結果を気にせざるを得なかったが、2回は7.3%でわずかに上昇した。もちろん数値で0.8%の上昇は不備である。しかし、重要なのはこれから視聴率がぐんぐん上昇する可能性が目に見えるという点だ。

まず、命なのか成功なのか、恐ろしい選択の岐路に立っている!
初回は物語の基本を固める時間だったので多少退屈な部分があった。特にドラマの制作現場という背景は放送関係者以外には一般に関心のある分野ではないので、撮影テープを伝達するなどの状況は苦しい状況にもかかわらず、それほど大きな緊張感を与えなかった。
しかし、2話で話が180度転換され興味津々となった。常勝疾走したキム·ミョンミンが一日で没落し、アシスタント作家で名刺すら出していたチョン·リョウォンがシンデレラのように浮上する兆しがみられ、成功のために自分の命までかけなければならない状況への展開が劇的緊張感が最高潮に達したためだ。単にドラマ制作会社と放送局背景の話ではなく、 "命を担保にした血弾く成功記"が予想され、次の3話目が気になった。

第二 ​​に、早い展開でどうなるのか読めない物語!
"ドラマの帝王"はドラマ制作者キム·ミョンミンの成功と没落、アシスタント作家チョン·リョウォンが作家の間で埋没する状況がすべて1話だけで描かれ、2話では没落した人々がジジリ窮状合って、無視されながら生きて成功のチャンスをつかむ状況が繰り広げられた。
ところが下手すると死ぬんだ。滅びて成功して死ぬこともあり、このような劇的な物語が2話のスピードに展開され主人公が窮地に追い込まれたが、この状況は1話を見た時は全く予想していなかった。、2話を見て"あれ?これは虚を突く反転か? " と思うほど"ドラマの帝王"は、視聴者が予期しない方向に話を引っ張っている。
スリラーや推理物がないにもかかわらず、どこに飛ぶかも知れない話を展開させているという話だ。
だから、当然次の回を見るしかない。明らかにほとんどの視聴者が予想していない話が待っている期待感で溢れるからだ。

第三にキム·ミョンミン、チョン·リョウォン 信頼性の高い演技派俳優!
キム·ミョンミンの演技はすでに定評のあるので二言えば小言だろうし、チョン·リョウォン、やはり"サラリーマンチョハンジ"での唐突溌剌な役で演技力を認められた。この二人の俳優の出会いが尋常でない。空に浮き上がって底を打ったが劇的な状況で多少重さのある話だが、正劇とコメディーを自然に行き来する二人の俳優の演技を見て"やはり!"の感嘆の声をあげることになる。
今後、この二人笑わせ泣かせるだろう期待感が2回目からまと感じられたので、次の話は見ないわけにいかない。

先が読めない話が期待されるドラマ!だから、私のスコアは〜★★★☆(3つ半)

20121107-9.jpg
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/3976-d5d28e77