またまたテンプレ変えちゃいました
ホント、秋っぽい、いや飽きっぽいヤツだと思われてるかなぁ

基本的に白ペースのテンプレが好きなんですよね
でね、選ぶときの基準は実は字体だったりするんです
字の大きさとね
それと文字幅と段落の間隔
そこが自分の好みじゃないとなんか落ち着かない

最近は寒くなってきたから、テンプレももうちょっと暖かいのがいいなぁって思ってて
探してきました
ポップコーンな感じのがいいなって
あ、ポップコーンじゃなくてポップですね

popcornのニノのソロ
「それはやっぱり君でした」

歌いだしの詞が好きだなぁ
どっちかというとわかりにくいニノが歌う
わかりやすいラブソング

わかりやすくそう簡単に
君も僕もわかるくらい簡単に
伝えてみよう
好きなんだよ


「虹」のアンサーソング的な
いや、アンサーというよりアフターかな?
名字を重ねて、どれだけの月日が流れたのか

「虹」と「それはやっぱり君でした」を
同時再生すると
掛けあいのように聴こえたり
重なりあうように聴こえる部分があるとか、ないとかという
巷の噂
そんな噂があるだけで楽しいや(笑)

歌えるように届くように君を迎えに行けたらな

彼女はもうこの世にはいないってことよね

僕の書いてる歌詞は基本ウソですって言うニノだけど
彼から出てくる言葉であることに間違いはないわけで
いつも
彼が抱えてる影みたいなものを感じちゃうんだけど

どうかな、僕はちょっとかわったのかな?

ここがすごく好きです
かわっていくよね
少しずつ
良くも悪くも(いい意味で)
かわることで楽になったらいいなぁって思う(何故かそう思っちゃう)

曲調は春を感じるような優しさなのに
最初に聴いたときは何故か涙が出てきて仕方なかった
何回も何回も聴いてるので
流石にいつまでも泣いてませんが(笑)

寂しくて暖かい、不思議な心地よさがある

「虹」のときみたいに
ピアノ弾いて歌ってほしいなぁ、、、、

作曲してくださった方が俺はずっと大好きでいつか一緒にやりたいなーと思ってたの。でも今回念願かなってデモもらって、ああ、やっぱりいいなぁと。そこから俺がピアノに直したりとか3~4日ぐらいアレンジしてくんだけど、ディレクターに1日1日、出来上がったものを送ってたのね。仮のつもりで詞を書いたの。歌ってみたらハマリが良かったから結局そのまま行ったんだけど、だから早かったよ作詞は。スタジオで信号音をオーディオに戻す作業っていうのが1時間くらいかかるんだけど、待ってる時間がすごいヒマなの。だからこの1時間で詞が書けるか、ちょっと競争してみようと思って。そしたら時間内で出来ちゃった。でも結果ただ悲しいだけの歌になってしまい、10代に頃に作った歌とかほとんど救いのない歌詞だったし、なんでかああなっちゃうんだよね。で、どうしよっかなーという時に、ふと「虹」を作ってた時のこと思い出して、大好きな人に曲をかいてもらいアレンジと作詞を自分がやってる、という環境が今回似てたので、終盤の詞は「虹」の続きにしてみたの。そしたら何か救いがあるかなって。最初はアレンジももう少しコアというかダウナーな感じだったんけど、今回は「popcorn」というアルバムだからやっぱ聴いていて気持ちよくないといけないかなと思って、これも精いっぱいポップな方に寄せたんだよ。


昨日のしやがれ
「おまえ、そういうところあるからなっ、 気をつけろよ!」
あいば兄ちゃんと弟ニノちゃん(笑)
楽しそうに右目と左目半分っこで目隠しって(笑)←こどもかっ!!
年子の兄弟にのあいがたまんなかったなー
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/3959-0293475e