「時期尚早」

嵐のデビューシングル
「ジキショウソウ」と言ってると思ってたら
「テケソウソウ」だったとは

即!確認したもんね
、、、確かに
「テケソウソウ」とも聞こえる!!

俺はだってラップ、レコーディングしたから、覚えてんだけど
テケソウソウって言って、、、って言われたんだよね、確か


「テケテケソウソウ」
Take it sosoだね

        

2007年 ~ +act.「黄色い涙」と友情。嵐~
圭の役づくりについてこんなこと言ってた。

筆を折って「もう・・・たくさんだ!」って言うような、すごくシリアスなシーンがあるんだけど。それも、圭の過去設定を・・・オレの中で、だよ?画家を目指してる人が筆を折っちゃうぐらいだから、よっぽどのことで・・・そこでそうなるだけの過去があったんだろうな、とか。相当の過去があって、だからあの場面であの台詞が出るんだなぁとか。
そういう圭の過去を色々考えて、想像するんだ。勝手に自分の中で設定を決めて、台本のうしろの方に書くの。両親は戦死して、でもお母さんに優しくされた記憶がある。で、その後は親戚に預けられ・・・とか、とにかく勝手に想像するの。だから、役づくりはそれぐらい。


「でもお母さんに優しくされた記憶がある。」
役づくりの設定に、さらっとこんなこと言ってくれちゃうんだもんなぁ、さとち☆
関連記事

コメント

へぇ・・・・・。
智ちゃんの役作り。
お母さんの愛情、かぁ。 やっぱり智だねっ

結構、「書く」人なんですよね、意外と。
日記も付けてるって、言ってたもんね
絵のこと聞かれると、すぐに「これは、何月何日の、何時に完成した。」とか
答えるの。 日記をつけているから、ってのもあるし
常に自分に、期限を課して取り組んでいるからでしょうね
絵、描きたいだろうな・・・。

あの、圭っていう役はよかった。
優しさも可愛らしさも、哀しさも。
最後では、圭が一番変身してたように思いました。
あれ、考えたら、おーちゃんは「けい」っていう役に縁があるのねー
トタン?ブリキ?の衣装ケースをテーブルにして
鍋が無いから洗いおけにまな板でふたをしてゴハン炊いて
(カレ―作ってた時って、ご飯は何で炊いてたっけ!?)
あの昭和の、着たきりスズメのみんなが愛おしい
黄色い涙、私、しずかに感動しました 別館にコメさせて下さいね~

そそ、今朝のびっくりは
『時期尚早』じゃなかったことでしたね!
デビュー曲のしょっぱなに『時期尚早』ってなにそれ!?
って思ってたの(笑)
この時期はまだ、翔ちゃんが書いたラップじゃないでしょうね、多分?
さくらっぷが、ホント大好きです
音としての言葉、翔ちゃんの持つその感覚がすごく好き♡

そういえばサイトウ君、あれからどうなったんでしょうね~


2012/10/18 (Thu) 18:32 | トベニ #IRhqFhsY | URL | 編集

トベニさん☆

グループの名前をタイトルにしちゃうくらいの力の入ったデビュー曲なのになのに
いきなり「時期尚早」で始まるもんだから
当時ちょっとビックリしたんですよね
逆に洒落てるなぁって思ったりもしたんだけど
朝からおーちゃんが「テケソウソウ」だよって言うもんだから
テケソウソウってナニ?という驚きともに(笑)
なんかやたらとビックリしちゃった
あー、面白かったです(*^。^*)

実は、たまたま「黄色い涙」にとても思い入れを持ってるファンのブログを読んで
感動してたんですよ
単純に映画としての鑑賞ということとは別に
嵐への思いを透かしてみる「黄色い涙」を観るっていうのも
映画の見方としては当然あるし
その思い入れって素敵だなぁって思ってたところに
トベニさんからの感想を頂いて
なんか、つい涙しそうになりました
もう一回じっくり観てみようかなぁって思ってます

サイトウくん、お元気でしょうか(笑)
サトラジ、10年を振り返るシリーズ、楽しかったですね
私はひたすら、おーちゃんの笑い声を朝から聞けて楽しかったわ☆

2012/10/19 (Fri) 23:59 | るぴ #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する