先日たんたんさんと恒例のご近所ランチして
「僕空」はちょっと変わった脚本だったよねぇって感想を言い合って
ニノはどういう基準で作品を選んでるんだろって話になったんだけど

「車イスで僕は空を飛ぶ」は脚本が寺田敏雄さんなんですよね
「DOOR TO DOOR」や「マラソン」の脚本家さん
ドラマって脚本が大事だから、そこで選んでるかもね、きっと、って話になったの

で、映画は監督が大事だよねって話になって
「プラチナデータ」は大友啓史監督なんだけど
今、巷で面白いって話題になってる「るろうに剣心」も大友監督なんですよね
NHK大河ドラマ「龍馬伝」の監督さんで
たんたんさんはこのドラマ大好きだったから注目してる監督さんなんだって
いやぁ、テンションあがるわ~^^
盛り上がっちゃいまして、今度一緒に「るろうに剣心」を観に行く約束しました

監督さんがツイッターで呟いてたもんね
ニノ君は間違いなく次の次元に踏み出していると思うよ

いや~、もー、なにそれ~
楽しみ~

「車イスで僕は空を飛ぶ」と「プラチナデータ」
どちらも全然違う役なんだけど
だからといって役への臨み方は変わらないです
いつも言ってることになっちゃうけど
本当に何も考えていないですよ
だって、演じる役がどういう人かって考えても
そんな二言三言で語ってしまえるような人間像だったら
すごく淋しいでしょ
それは、映画やドラマの人物だけじゃなくて
僕自身だって同じこと
これまで生きてきた分
いろんなことがあった僕の人生を一言で片づけてしまったら、、
だから、余計なことは考えても仕方ないと思う
考えすぎて芝居をすると
見ている方にはかえって単純に見えていくものなんです
だから、できるだけ単純にしていく
単純にするって本心では怖いんですけどね
本当に簡単に見えてしまったら、それまでだから
僕がどんな思いを込めて演じたとしても
大事なのは見てくれる方がどう感じてくれるかどうか
見ている方にとって気持ちよくシンクロできるように演じられたらと思います

(TVnavi SMILE VOL.5)


押しつけがましくない、でもいろんなこと感じる距離感(演技、演出)がいい
あ、今日はTnTnさん実名でしたわ(笑)




先日、ドラマ「魔王」が再放送されてて
面白かったってお褒めを頂いて嬉しかったんだけど
弁護士さんのあの色の黒さは何か意味があるの?って聞かれて(笑)
あはは、、
単なる釣り焼けです(爆)
24時間テレビの始まる直前頃は絶好調超黒かったね
たまにおーちゃん見て固まった(あまりの黒さに)
30才超えるとお肌の管理は必須よ、おーちゃん
(最近ちょっと持ち直してきて安心してる母でした)
白くなれ~~白くなれ~~
ニノちゃんはたまに青白いしな、、←ひとりごと、、
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/3913-743148ec