24時間+数時間の編集が大変です(笑)

潤くんと石巻好文館高校吹奏楽部の「ありがとうの音色」
良かったね~、素直に感動しました
演奏を聴きながら感動して泣けた泣けた

やる前はもしかして指揮者はいなくても成立するものじゃないかと思うくらい
指揮者が何をするものなのかわかってなかったんだって
佐渡さんからレクチャーを受けて
短期間でいろんなことを吸収していった潤くんが垣間見えたね

どんなことに対しても真面目で
納得しなければ前には進めない
でもやりだしたら真正面から真摯に取り組む
誰かのために何かをしてあげたいという
潤くんの優しさをいっぱい感じました

潤くん学生時代の友達には、まっつんと呼ばれてるけど
生徒さんたち、まっつんって呼んでたね
そういう距離感で接してだなぁって思ってほのぼのしました

「指揮台に上がるっていうのは、ひとつはここに選ばれた人間であるっていうことを自覚しないといけないんですよ。そのことを本当に自覚して勇気ある一撃でした。本当に素晴らしかった!最高でした!」
「僕は常々音楽は心のビタミンだと思っているんだけど、心のビタミンに溢れた演奏でした」
「今まで自分の演奏も含めて、こんなに感動したことはないかもしれない」


佐渡さんから頂いた言葉です

人をまとめていくって、やっぱり人格なんだなぁ
佐渡裕さんは厳しくてあたたかで情熱に溢れる素晴らしい方でした


実は、最近ね、潤くんの笑顔がいいなぁって
どんどんいい笑顔になってきてるなぁって思ってたんですよね  
若い頃はもうちょっと違う印象を持ってたけど
年令を重ねてどんどん優しい顔になってきてる

4年前の24時間テレビでニノが手紙で
「優しい人はたくさんいますが、潤くんの優しさにはあたたかさがあります」って言ってた
やっぱりニノちゃんね、表現が的確だとホント感心しきりです


私が潤くんに対して「へぇ、こういう子だったのかぁ」って最初に驚いたのは
2001年に嵐が初めて持った単独番組「真夜中の嵐」の
「真夜中の修行僧 男らしさとは何か?」の回

あの頃、嵐の中でヘタレな子は誰?と聞かれて
全員が潤くんを指さしてた
そんな子だった(牛に追いかけられて逃げた、笑)

そんな自分を克服したくて、彼は山陰本線終電車に乗り
降りた駅で自ら志願して滝に打たれに行った
気温12℃、水温7℃の夜中の3時過ぎにガタガタ震えながら滝に入って叫んだのです

「相葉!二宮!松本!大野!櫻井!
この5人で、5人にしか出来ないことをやって
世界中の人を幸せな気分にさせる!!!」


私はそれを見たときにビックリしたんですよ
ファンになってから見たのでそれは最近のことなんだけど
当時の嵐は、無邪気で可愛いごく普通のアイドルな男の子たちにしか見えなくて
でも潤くんはそんな頃から
「世界中の人を幸せな気持にさせる」という
明確な目標を持ってたんだなぁって思ったの

人々を幸せにする、楽しませる=エンターテイメント

あれから10数年たって今に至った潤くんを見てると
それが今の潤くんを形成しているんだということがよくわかる
底辺にある思いは「優しさ」「あたたかさ」だよね

嵐の中のコンサートリーダー
翔ちゃんとともにひっぱるような立ち位置でありながら
可愛い可愛い嵐の末っ子
末っ子の笑顔がともかく可愛いです

今日は潤くんの誕生日
29才おめでとうございます☆
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/3905-b033fc65