演技の大部分はリアクション

演技の大部分はリアクション、聞くことだ

ある本で読んで、なるほどなぁって思って書き留めた言葉なんだけど
ニノがよく同じような意味のことを言うんだよね

「演技って一人でするものじゃなく相手とそのリアクションがあってのもの
創り上げるのではなく自然と生まれてくるもの」


演じてて楽しいのは、共演者と(芝居の)キャッチボールができたとき
お、楽しいなぁって、、
以前にバラエティが演技の勉強になるってことも言ってなぁ(間合いってこと?)
ニノらしい独自の言い方なんだけど
手品も究極、演技の勉強になるって言ってたし(オモロイ子だ)

最近はドラマが近いこともあってニノインタビューが目白押しで大変なのだ

演技は面白いし好きな仕事、その演技が評価されることも単純にうれしい
でも役者は本業ではないという意識がどこかにある
自分の演技に対する褒め言葉は本業以外の人に向けての言葉のような気がする
そう言われているうちはまだまだじゃないかな


この記事が読みたくて、夕方わざわざ本屋まで行って読んできました(←買えよ!笑)
確かに、プロの芝居をする人に演技が上手いって言わないかも(そこは前提だから)
ちゃんと客観的に自分を見てるよなぁ、だから安心して絶賛しまくれます(笑)

「僕はアイドルでしかないと感じる一方で、そのアイドルの枠組みを広げたいと言う思いも最近強くなってきています」

(アイドルという)プロであるべきということかという質問に、、
そこに価値観があればプロでもアマチュアでもいいと思う
この人にこんなことをやらせてみたい、と言ってもらえるようにあり続けたいし、そのために努力をする


仕事のモットーは、、、
全力で向かうことが大事、何をやるにしても力を全部出し切ることは難しいから
そのうえで僕にまだ糊しろを感じてくれて、そんな糊しろに賭けてくれる人がいたら本望です


☆真面目なええ子や~☆



これはネットで拾った記事なんだけど

台本では激昂して叫ぶような描写があったんだけど
下半身不随になったばかり人は下半身に力を入れられないから大声をだせない
でも印象的なシーンとして演じたい
ドラマチックすぎるのはリアルじゃない、でもリアルに演じることによって
人生の一大事なのに淡々とした声で抗議していると感じるかもしれない
ドラマとして成立させながらリアルさも失わないよう
いくつものシーンでスタッフとずいぶん話し合った


「車イスで僕は空を飛ぶ」についての話
結構話してますね~
でも「プラチナデータ」については事前に語るような作品じゃないらしい
そこはニノちゃん、ちゃんと踏まえてます
関連記事

コメント

視線の先

「常に周囲の様子を観察し、自分に何が求められているのかを敏感に察知して求められた以上のことを全力で返す。」
 ネットから拾ったものですけれど、
この言葉はニノを本当に良く表わしていると思っているんです。

「きっと彼が非常に反射神経の優れた人だからだと思うのだ。準備のないところでもすぐに反応することができる才能が彼には備わっている」まさしく、その通りです。

先日楽しく「マジカルバナナ」をやっていた、
そう、あの姿勢の良いゴリラさんが登場したときですが
見ていてニノの反射神経の良さに舌を巻いた場面がありました。

「マジカルバナナ」のゲームだと、自然、
答える言葉は、3拍子(3文字)が多くなるでしょう?
それがたまたま、2文字だと、
普通は長く伸ばして言っちゃうものを、
ニノは最初の一拍を自然に抜くんですよ。
あの一瞬にして、答えを考えて、その上、その言葉が2文字だからって、最初の一拍をきちんと抜いて発声するという作業をしちゃう頭脳の持ち主なんですね。 
「銀メダルといったら、に~~い!(二位)」と言わず
「銀メダルと言ったら、●二位!」ってできちゃう。


「僕は硫黄島からの手紙の時には海外で映画を撮るという経験をさせてもらって、それはすごく意味はあったけど、日本でメンバー全員でやる仕事を全部投げ打ってまで行ってやるものかって言ったら、そうではないと思った。だからこっち(日本)で作って、こっちでは発信していく側として、ちゃんとしたものをつくる。自分が今やらせてもらってる仕事と同じライン上に置くのが、一番あるべき形なんじゃないかと思いました。」
これは「日経エンタティンメント」9月号からの、
ニノの発言。 しっかりとしていますね。
ニノの視線、視点が好きです。




2012/08/07 (Tue) 08:46 | トベニ #IRhqFhsY | URL | 編集

トベニさん☆

そーなんです!
日経エンタティンメントの記事すごくよかったですよね
絶対にブログでエントリしたいと思って
あっちでじっくり書きたいと思って雑誌を名古屋に持って行ったんです
それなのに、、(コメ返すら、、苦笑)

海外活動についてのくだりがすごく納得でした
日本で発信することの重要さと
同時に日本でライブすることと、海外ですることを全くわけで考えてなくて
目の前にいるファンに精一杯向き合う彼らの姿勢がすごくよくて

しっかりしてて
だからニノちゃん大好き
嵐大好き☆

ニノちゃんは本当に気配りの人ですよね
だから疲れちゃうんですね(休みの日は携帯の電源切りたいって)
嫌でもいろんなものが見えちゃうんだろうなぁ

しやがれで高尾山に登った時も
早朝なのに勝俣くんの声が大きいって気にしてたし
ヤッホーって叫ぶ時も、後ろを歩いてた登山者に
何気にうるさくて道をふさいで「スイマセン」ってお辞儀して挨拶してた

おーちゃんは生まれ持っての先入観がない人だけど
ニノは意図的に常にフラットでいたいと思ってる気がします

「非常に反射神経の優れた人」っていうのも納得
バラティで感心すること多いですよね

いよいよ週末はドラマですね
役者のニノは無条件に大大大好き
楽しみです~♪

2012/08/22 (Wed) 11:16 | ルピナス #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する