スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵のかかった部屋 #11

あまりに鮮やかなラストだったので
気持ち的に終わるに終われない心境、、、助けて~
当のご本人は番宣終了後にバッサリ刈上げにしてスッキリしたご様子で
これで絵も描けるし釣りも行くし、模型も作りたいし、カーギーどうしようか、、なんてね
翌日に24時間絡みでリアルおーちゃんを拝めてファンとしては最高でした(径のイメージ片鱗もなし、笑)
終盤はスケジュールを見てあまりの過密さにドン引きしたって言ってたけど
忙しかったんだろうなぁ、お疲れ様でした
ほんのひと時でしょうけど、どうかゆっくりと休んで好きなこと満喫してください~☆


#11『硝子のハンマー』(原作:硝子のハンマー)
  脚本:相沢友子
  演出:加藤裕将、石井祐介
  ゲスト出演 玉木宏、鈴木一真、宇梶剛士、中丸新将

それでガラスは越えられたんですか?
復讐を果たしダイヤを手に入れて
あなたは解放されたんですか?
僕にはそうは見えません
前後左右、それから上下までガラスに囲まれているように見えます
僕はガラスの箱に閉じ込められるのはごめんです
たとえ向こう側に行けないとしても
自由でいたいんです


榎本と椎名の静かな対決は圧巻でした
痺れた~~~
脚本やセリフやビジュアルや、いろんな要素があるんだけど
俳優の佇まいっていうか、迫力とか、存在感とか、もってるよね
それはひとそれぞれ感じ方があるから、ひとくくりに評価しにくいものなんだけど
二人からはそれがビシバシ伝わってきました
おーちゃんカッコいいわぁ(玉木さんは言わずもがな、笑)

径の目にうっすらと涙が滲んだんですよね
瞬間、ものすごいいろんなこと感じちゃいました
もしかして径も椎名のような想像を絶する過去があるんじゃないかとか、、
この妄想の膨らませ具合が凄すぎて、だから楽しいんだ、このドラマ

そのあたりからエンディングにかけての榎本さんの目
怖かったもん、怖くてゾクゾクした(何を考えてるのかわからない目)
普段の大野さんとは全然違う

原作の椎名は裕福な家で頭脳明晰に生まれながら、親のせいで膨大な借金を背負い
友達の名を借りて追っ手から逃げ、見つかって殺されることに怯えながら隠れて生きてきた
「金さえあれば自由になれる」
自分の人生をもう一度やり直すために
向こう側の、陽を浴びて生きられる人生を取り戻すために、密室殺人を犯したんだよね
でも、今回(ドラマ)は復讐のためで、金はどーでも良かったって言ってたね
原作の椎名のエピソードが好きだったので
「向こう側」に行くためという動機はそのまま残して欲しかったなぁ
でもあれだけの短い登場シーンで椎名の閉塞感は伝わってきた
何度も言うけど、脚本と演出とキャスティングの妙と、演技力と、ホント最高でした☆

「黒だよ、真っ黒!」
ヤクザな回で芹沢さんが叫んでましたケド
あれからツラツラ考えれば考えるほど
えのもっちゃんはやっぱりグレー止まりなんですよね
だって臨時収入としか言ってないもん
ダイヤは最初から社長が偽物をつかまされてたかもしれないし
美術館や宝石店の窃盗事件の防犯カメラに映ってた榎本だって単なる偶然と言えなくもない

「たとえ向こう側に行けないとしても自由でいたい」
そう言い切る榎本が、単純に窃盗犯になるとは思えないんだもん
犯罪者になるってことは自由を失うってことだと思うし
原作の榎本径がグレーのまま現在進行形なんですから
まさにドラマも同様な存在として収まったわけです

ドラマの1話を観たとき、径のオタクっぶりとミステリアスな印象はパッチリだと思いつつ
正直、主役としての重さがちょっと物足りないかなぁって感じたのよね
1話の感想の時に「これからピントがあってくるはず。」って書いたけど
まさにどんどんピントが合ってきて、ラストエピソードでは完璧でございました
大野さんに対する私の信頼は絶大なので、だいたい予想通りな展開ではあったんですけどね
もちろん、佐藤浩市さん、戸田恵梨香さんという、最強の共演者に助けられたことは言うまでもありません
チーム榎本☆最高でした!!

なんかさー
極端な感想かもしれないけど
ラストエピソード「硝子のハンマー」の満足度が半端なく高くて
9話までがそのためのプロローグだと思ってしまいそうな勢い(笑)
いやいや、、ホント全話面白かったんですけどね

楽しかったなぁ
毎週月曜日が待遠しくて仕方なかった
今度は誰がどんな楽しみを魅せてくれるかな
んふ、、次は誰?

→ 鍵のかかった部屋 #11 『硝子のハンマー 後半』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将、石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #10 『硝子のハンマー 前半』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将 
→ 鍵のかかった部屋 #9 『はかられた男』 脚本:仁志光佑 演出:石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #8 『犬のみぞ知る』 脚本:岡田道尚 演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #7 『狐火の家』 脚本:相沢裕子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #6 『密室劇場』 脚本:仁志光佑 演出:石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #5 『歪んだ箱』 脚本:相沢友子演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #4 『黒い牙』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #3 『盤端の迷宮』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #2 『鍵のかかった部屋』 脚本:相沢友子 演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #1 『佇む男』 脚本:相沢友子 演出:松山博昭
関連記事

コメント

4つ子だ、絶対そうだ。

タイトルバックで初めて、榎本さんがニコッとしたとたん、先週からの『深刻な心配』は
吹き飛び、楽しい終わりだな♡ と思って見ました♡

前回、玉木宏さんが登場した時、こいつはもう、人間の心なんか持ってないくらいに悪い奴で
榎本さんがそいつに潰されちゃうんじゃないかと、心底心配しました。

しかし、、「ゼットン」にも、やられなかった、したたかな榎本ウルトラマン。
このしたたかさは・・・・・  すてき♡
グレーで終わってくれたところが絶妙!もしも本当にドロちゃんでもいい!
鼠(ねずみ)小僧二郎吉・ルパン三世と並んで日本の3大ドロボーヒーローになる!

♪鍵が開けば・・bye bye bye bye ♪  ホントでしたね。
しかし、あの重そうな、時代物の錠前コレクションを全部持ってったんでしょうかね~


おーちゃんは、みんなの分のセリフを自分でしゃべって録音して耳でおぼえるんですね!
(これは私の覚え方と一緒です♡ なんでも全部耳で! 嬉しい♡ うふ)
芹沢さん、青砥さんの部分は、モノマネしてるそうですね(笑)
ぜひその録音した音源を聴きたいものです(笑)

セリフ長い役は無理かも、なんて、むかし謙遜して言ってたけど
これだけの長いセリフを歌を覚えるように覚えたとは
いつも感じることですが彼はすごく耳がいいんですね。

このドラマ、芹沢さんのセリフのブチ切られ具合も、ほんとに
楽しみなところでした。青砥さんは戸田さん以外考えられませんね
3人の掛け合いが、これからも続きますように~~
切に祈ります!

        ♡♡♡

それにしても、
奈良美智さんは、おーちゃんがホントは双子なんじゃないかって、言ってらしたけど
私は、本当は4人はいると見てます。
とん吉、チンペイ、カン太、そしてサトシ。

まず、「鍵部屋」で私が最もウットリしたセリフ、
「それは・・ エレベーターの暗証番号というのは最大で4桁使える番号は1~9の9つだけつまり9の4乗で6561通りということになりますがもし使われている4つの数字を特定出来れば可能な順列は4×3×2のわずか24通りになりますこのフロアに上がるための番号は2、3、4の数字の組合せでありどれか一つの数字を二度使っていることになりますから例えば2、2、3、4の場合順列は4×3の12通り2、3、3、4や2、3、4、4の場合も同様ですから合計36通りこれくらいなら全部試しみてもたいした手間はありません」
を一気に言えてる榎本さんを何の苦もなくやってるのが一人。

バラエティーに出て目を開けたまま寝てるのが一人。天才テレビくんのようでもあり、
4歳児のようでもある。
将来はパン屋さんを夢見ている。

ブルースコードもばっちりのフェイクを随所にちりばめた完璧なボーカルをやりながら同時に
セクシーで華麗なダンスができるのが一人。

「こそこそ」部屋にこもって美術作品を作ってるのが一人。


絶対4人いる。4つ子だ。(笑)



本当に本当に楽しみなドラマでした。さみしいよ~~
期待以上のものをやっぱり残してくれましたね!
るぴなすさん、一緒に楽しかった!あ・り・が・と!!
これからもよろしくです♪


2012/06/27 (Wed) 23:16 | トベニ #IRhqFhsY | URL | 編集

トベニさん☆

時代物の錠前コレクションは自宅に保管してるんでしょうかね~
あれは私物?
そうよね、譲ってもらうために休暇取って交渉に行ってたもんね
実は臨時収入は錠前コレクションを売却したのではないか、、とか
退職金が入ったのではないか、、とか
様々な憶測が飛び交っておりました(笑)

赤いセーターにネクタイに細身のパンツの雰囲気って
何気にルパン三世っぽいんですよね
ダイヤをすり替えた1億円は玉木さんが社会復帰した時に渡してあげるんじゃないかとという義賊っぽいイメージを持った方もいらっしゃいました
いろんな話が飛び交って面白い

榎本径がいかに愛されてるかを実感します

トベニさんは耳から覚えるタイプなんですね
私は字を書いて覚えるタイプなんです
おーちゃんも最初は書いて覚えようとしたけど
そしたら字を綺麗に書くことに気がいっちゃって全然覚えられなかったんですってね
字が上手ですからね(書道4段)
わかる気がする~♪


おーちゃん4つ子説☆
言えてる!
しかも、とん吉、チンペイ、カン太、そしてサトシ。
ウシシ、笑っちゃいました
とん吉、チンペイ、カン太、サトシ
みんなおーちゃんなのにみんな違う~
いいわぁ
おーちゃん見てるとすごく楽になります(^o^)丿

あっ、今朝のおーちゃんのラジオで単語のアクセントの話してたんですけど
戸田 恵梨香さんって関西の人なんですって
以前のアクセントの話、、なるほど~~って思いました
おーちゃんがちゃーんと説明してくれたことに、超萌えました(←ぱぼ)

今回のセリフは知らない単語がたくさん出てきたので
最初に覚えたアクセントが違ってるとそれを訂正して覚えなおすのに苦労したって話だったけど
実際にドラマを見てて、あれ?って思う径さんのアクセント結構あったんですよね
(大野さん、単語のボキャブラリが少ないですからね~、笑)
だから尚更、あのセリフ量はすごい苦労だったと思いますわ

最もウットリしたセリフ、、、声に出して読んでみました(なるべく早口で)
読んでるだけでも大変なのに
記憶してセリフで話すって、、ものすごさを実感しました☆

それを難なくこなすのは、、、とん吉おーちゃんかな?ぷぷぷ
楽し~♪
はい、これからも楽しい話いっぱいしましょうね
あー、しあわせ~♪

2012/06/28 (Thu) 09:35 | るぴなす #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。