スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵のかかった部屋 #10

#10『硝子のハンマー』(原作:硝子のハンマー)
  脚本:相沢友子
  演出:加藤裕将
  ゲスト出演 玉木宏、鈴木一真、中丸新将、佐々木勝彦

あっというまの1時間でしたね
息を飲んで観ちゃった
ニヤニヤしてたかもワタシ
カッケ―って何度もつぶやいたかも

観ててジリジリした
事件の展開も犯人が誰かもわかってるのに、、いや、わかってるからかな?
こんなに面白いとはね!

脚本家の相沢友子さんに脱帽です 
「硝子のハンマー」ってすごい読みごたえがあって
あんなに長い小説をこんなにコンパクトにかつ完璧にまとめちゃうなんてね

相沢友子さんのブログ
  ⇒⇒ 「チーム榎本最後の日」
  ⇒⇒ 「脱稿しました。」 

ルピナスが想像以上にデカかった(笑)
おーちゃんにルピナスと呼ばれる日が来るとは、、

模型デカすぎで役に立ってないし~
でもこんなに盛り上げてくれたアイテムだから
やっぱりラストエピソードに模型は必須よね
製作チーム様ありがとうございました☆

玉木宏はひっぱってひっぱってラストにやっと登場したけど
最高の見せ方でした
存在感が半端ない、カッコいい
全部持ってきそうな勢いだわ(←いや、もってってる、笑)

でも負けてないよ、われらがおーちゃん、いや径ちゃん
最終話は社長室で二人っきりになるシーンがあるんだよね
ううううう、、、想像するだけでゾクゾクする~☆

榎本とふたりになった佐藤は、社長室にいる違和感を口にした。自分は、ガラス越しに眺めることしかできない存在なんだ、と話す佐藤。そして、あなたも自分と同じ側の人間だろう、と言うと榎本の様子を伺い…。 (公式サイトより)

榎本の過去がわかってきた
鴻野刑事が榎本径の指紋照合の書類を手にしてた理由がやっとわかった
それと、なぜ彼が倉庫室に籠っているのかも
そっかー、そうきたか~
あくまで榎本径は会社員なのね

原作を読んじゃうと深読みしちゃうんですよ
正直ちょっと物足りない
もっと深い過去があるんじゃないかと期待してたからね
でも、それやっちゃうと話が盛りだくさん過ぎてまとまんないんだろうなぁ

エレベーターボタンに粉を吹きかける径の手に痺れましたわ
今回は、無表情だけど目の表情で彼の心の揺れが伝わってきたね
今まではそういうのしないでともかく無表情で演じてほしいって言われてたらしいから
微妙な心情や揺れを伝える演技って難しいはず
やっぱおーちゃんいいわ~☆

副社長の穎原はもうちょっとやり手なイメージだったけどね
原作を読んでる時は、最初は絶対にこいつが犯人だと思ってた
鈴木一真さんって久しぶりにじっくり見たけど、彼は若い頃カッコよかった
髪型のせいなのか子供警察の鈴木福くんみたいだった(同じ鈴木だし、笑)

今回共演する男性陣はみんな大きいよね
大きなおっさんに囲まれた径がちっこくてかわいい

今までは笑いの要素がたくさんあったけど、今回はずっしり重かったから
青砥純子の可愛らしさに救われました
多分次回もそうなんだろうなぁ
径と純子の二人のシーン、、期待します(ほんわりでいいから)
PCを覗く純子と意識しまくりの径さん、可愛かった

久々に痺れました
堪能しました、アリガト☆

→ 鍵のかかった部屋 #11 『硝子のハンマー 後半』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将、石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #10 『硝子のハンマー 前半』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将 
→ 鍵のかかった部屋 #9 『はかられた男』 脚本:仁志光佑 演出:石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #8 『犬のみぞ知る』 脚本:岡田道尚 演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #7 『狐火の家』 脚本:相沢裕子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #6 『密室劇場』 脚本:仁志光佑 演出:石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #5 『歪んだ箱』 脚本:相沢友子演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #4 『黒い牙』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #3 『盤端の迷宮』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #2 『鍵のかかった部屋』 脚本:相沢友子 演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #1 『佇む男』 脚本:相沢友子 演出:松山博昭
関連記事

コメント

るぴなすさんっ♪

この回やっぱり特別に面白かったですね。
すごくよくできた演劇の芝居見ているみたいな感じ
続きが見たくてたまらなくなると思ったから、
やっぱり2話続けてみようか、って思ったけど
とても我慢できなかった、

「るぴなす」って
呼んでましたねっ
きゃ~~~~~ 呼び捨て~~~♡
「さん」もいらない間柄~~!!!
何度もリピートしたいその瞬間!!
しっかし
介護ロボット『ルピナスV』、ホントでっかいロボットだった(笑)
せめて、あの「介護ザル」の名前は、私の名前であってほしかった(笑)

PCの前での二人よかったですねぇ
青砥さんを意識してる榎本さんがね
一瞬の芝居ですね

5話の終わりだったかな?
「青砥さんは、そんな人じゃありませんよ」って
言って、榎本さんがチョコを食べて、おそらく
このドラマで唯一と思いましたけど
ホンノすこぉぉぉぉし、笑う??表情があったよね
あれよかったわ

「ルピナスV」 以上にロボット的な
榎本さんの動きが今回更に強調されて
あーたのし

玉木宏さんが、窓の外にゆっくり上がってくる姿
チョン・ウソンさんに見えちゃった

ちょっとヘンなことですけど
このドラマ見ながら、私がちょっと楽しみにしてることのひとつは
関東と、関西の発音の違いが良く分かることなんですよ
青砥さんは、まったく関西のイントネーションではなくて、ぜんぶ、
標準語で話しているけど、単語の発音が、キチンと母音を出す、関西の音。
榎本さん芹沢さんが、子音だけで終わることもある関東の音。

「密室」っていうたびに、あれ、って思うんです
おーちゃんたちは「みっshつ」
青砥さんは「みっし(ぃ)つ」って発音が違うのが

薬、なんていう時
関東では「ksり」と言う発音する人も多いと思うんですが
関西の方は必ず「くぅすぅりぃ」っておっしゃるんですよね。
「目」なんかも「目ぇ」ってきちんと。
母音の発音が丁寧だなぁ、って感心して。

ドラマと全く関係ないんだけど、なんか楽しみで。

あと一話でおわりか・・・・・

2012/06/19 (Tue) 23:23 | トベニ #IRhqFhsY | URL | 編集

るぴなすさん♪あんみょんです☆


昨日食器を洗いながら、TVから聞こえる、お馴染みフレーズにピタりと手が止まり、、

『えっ?』

もーいちど言わないかな~って、水を止め、手を止め、耳をダンボにして、その瞬間をじっと静かに待ちました(笑)

やっぱり~~~♪
ルピナス!!!ブイ
って言ってましたね~☆

私もkocco9さん同様、るぴさんにメールをしようかと思いました(^-^)v


いや~~ん♪
おーちゃんのルピナスコール☆良かったですね!!!
なんか…やっぱり、るぴさん凄い、、ってツブヤイターしちゃいました(笑)


さすがです( ̄- ̄)ゞ

2012/06/19 (Tue) 23:56 | さら☆ #EZ1qFLmQ | URL | 編集

トベニさん☆

さすがに力の入れ具合が違うなと感じる10話でしたね
面白かった~♪

原作で読んでたから「ルピナスV」にそんなに反応してなくて
呼ばれたのも気がつかなかったの
メール約2通☆
「大野君がるぴなすって言ってる!」ってお知らせいただいて気がつきました(笑)
ありがとうございました~~☆

チョコ食べるシーン、良かったですね
青砥さんとの二人のシーンがホントに可愛い
二人のキャラが原作と全然違うんだけど、ドラマはこのイメージがぴったりですよね

来週は榎本さんの、抑えながらも感情が高ぶる場面が見られるのかな
楽しみです
寂しいけど、、楽しみです

発音の仕方
面白いですね
あとで確認してみよ~っと

2012/06/20 (Wed) 16:10 | るぴなす #/ziU86Hc | URL | 編集

さら☆ちゃん

むふ(#^.^#)
さら☆ちゃんもおーちゃんのルピナスコールに反応してくれたのね
ありがと~~♪

原作を読むと、榎本さんより先に介護ロボット「ルピナスV」が登場するんですよ
もうちょっと可愛い家政婦さんみたいなロボットを想像してたんですけど
デカかった(笑)

でも、おーちゃんに名前を呼ばれるなんてね
こんな日が来るとはね~i-179

2012/06/20 (Wed) 16:14 | るぴなす #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。