スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道-白磁の人

「道-白磁の人」が明日6/9に公開(韓国では7月に公開予定)
⇒⇒ 公式HP

20120610-2.jpg

浅川巧さんってどんな人か知りたくて
図書館で予約して本を借りたけど、チト借りる本を間違えたかも(難しくて読めず)
「白磁の人」っていう文庫本があったのね、、今度それを読んでみようっと

朝鮮を誰よりも愛した男 浅川巧の生涯を描いた映画「道-白磁の人」⇒⇒ コチラ

↑こちらでコラムを書いてらっしゃる藤本さんは
サンウの映画「野獣」にスタッフで参加された方で
その頃からずっと勝手に親しみを感じてブログを拝見しております
これもきっとご縁だと感じて
「道-白磁の人」
絶対に観に行きます~♪
関連記事

コメント

sutakoさん  こんばんは!

私も必ず観にいこうと思ってました。
車で20分ほどの映画館で上映するのを発見!
お近かったらご一緒できるのに、一寸残念です>>>
感想を聞かせて下さいね。

2012/06/08 (Fri) 22:23 | sanae #4uWMrS5A | URL | 編集
「用の美」の発見と「朝鮮」への愛

るぴなすさん♪

これは、もう、心静かに
公開日を待っておりました。

浅川巧さんのことを知って、まだ日が浅いのですが
彼の収集品や書簡の展示を見て、
思わず涙がでてしまったことを
思い出しました。

日本人が寄ってたかって「朝鮮人」と言う言葉を
差別用語として使っていた、その時代に
「朝鮮」を愛しその美を発見し、守ろうとした
一人の小さな力でも守ろうとした
そのひたむきな、心に
感動したのだと思います。

彼の死にあたって
どこまでも続いたという、「朝鮮」の人々の列
今でも大切に守られているお墓

この映画のパンフレットに
「浅川巧 日本で最初の『韓流』ファン」と
書かれてありました
今こんな時代が来たことを知ったら
浅川さんはどんなお気持ちでしょう

「朝鮮の土となった日本人」は厚い本でしたが
ひろい読みしては感動していました
本「白磁の人」もよかったです。

彼の守ろうとした「用の美」
美術品でなく 日常使われている品に美を見出したその目
同志の柳宗悦氏に受け継がれ
その息子さんである柳宗理さんデザインの
数多くのキッチン用品が 
現代の日本の家庭で愛されていることをおもうと
浅川さんの守ろうとしたものは、
ちゃんと受け継がれている、って感じるのです。

映画本当に楽しみです。

2012/06/08 (Fri) 22:59 | トベニ #IRhqFhsY | URL | 編集

ちょい今回は珍しい形式にしてみましたv-207
コメントの返事はコチラにアップしました~(*^。^*)
クリックするとそちらのエントリーに飛びます~♪♪

http://sutakora.blog37.fc2.com/blog-entry-3818.html

2012/06/10 (Sun) 16:31 | るぴなす #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。