鍵のかかった部屋 #8

#8『犬のみぞ知る』(原作:狐火の家)
  脚本:岡田道尚 
  演出:松山博昭
  ゲスト出演 志田未来、MEGUMI、岩佐真悠子
  放送日 2012年6月4日

「犬のみぞ知る Dog Knows」
原作は摩訶不思議な世界感で
次々登場する劇団員たちの強烈な個性に翻弄されるまま物語は終わってしまった感ありで
こりゃ映像化はないだろうと思ったんですけどね
ドラマ化しちゃいましたよ

飛ばしてましたね~芹沢さん
最初から最後まで面白すぎです
やり切った感あるんじゃないですか?
全力で言った「犬の味噌汁」
ほとんど放送事故(笑)、、、あそこで出るか(←固まるしかないアナウンサー)

脚本家(岡田道尚)さん、流石です~♪

鍵部屋は当初から音楽が良いって評判で
今、サントラが発売されて話題になってるけど
音楽と共にテンポがいいドラマよね

ドラマの面白さってキャラクタの設定で決まるのね
つくづく感じます、3人の個性が際立って息ピッタリ

☆チーム榎本☆
現場につくと黙々と鍵の点検を始める榎本
状況をつぶさに調べる青砥
そして金目のものに目が行く芹沢
役割分担バッチリです
芹沢さん、空き巣に盗まれた時計が今だに悔しくて仕方ないのね
でもそれが結局事件解決に結びついてますからね、流石です芹沢パパ
なんだかんだあっても最後はビシッと決めるしね!
(119番通報の通話記録は弁護士には開示されるんですかね~)

打ち合わせも榎本の職場で
俺はこう思う、異論はあるか?
な~んて、完全にチーム会議
いつの間にこんなにあうんの呼吸?(笑)

画面をすっと横切る径さん(流れるようで綺麗すぎます)
先週のバス停登場から、径の登場場面が可笑さ倍増で
無表情なのに可愛くてたまりません

謎解きの場面は長台詞をずーっと言いつづけるけど
そうじゃない時は一日台詞なしの撮影日もあって
そんな日はさとしっち、本番でも睡魔と闘う瞬間があるらしい(笑)
今回、青砥が犯人に告白を迫るシーンで
ソファに並んで座ってる径さん、一点を見つめたまま動かなかったけど
大丈夫かと思わずガン見してしまった(笑)
そんなこともまでもがドラマの見どころいなるとわ
さとしちゃんの術中にはまった気分(笑)

ちょっとだけ残念だったのは
志田未来ちゃん、あの役じゃ勿体ない気がする
彼女じゃなくてもいいような役だもん
絶対犯人役よね
彼女が犯人だったらもっと面白かったと思うわ~
(浩市パパとは「誰も守ってくれない」で共演してたのね)

ところで、榎本径の泥棒疑惑についてですけどね
実はね
私的にはないと思ってるんですよ

現場のお隣さんにセキュリティの相談を受けて、さっそく社の担当者を手配すると答える径さん
ちゃんと仕事しております
当然ながらトップの技術者でしょうけど
案外トップセールスマンだったりして
だいたい、いつもあの部屋で鍵の研究に没頭してるなんて
特別待遇よね
実は榎本径は東京総合セキュリティの会長の御曹司じゃないかと思ったりしてるんですけどぉ
だって、、あの所作の綺麗さ、隠しきれない上品さ(ん?)、そこはかとなく感じる育ちの良さ、
すんごい資産家のお坊ちゃまだっらどうしましょ(笑)

ラストの「知りません」
いや~~~
榎本さんにあんなこと言わせちゃうのね
「榎本さぁん」って甘~い言い方
天然杉です青砥純子
それに対して無表情のまま拗ねちゃって、ドキドキが伝わってくるなんて
いや、参っちゃったなぁ
榎本さん彼女のこと意識してます?

昨日行われた「鍵部屋」のファンイベントで
戸田恵梨香ちゃんが「最終話では冒頭のシーンで大野さんがいません。なぜかと言うのはその前週のラストで明かされます。」と言ってたそうです
おーちゃんは「斬新な感じになると思います。僕自身もどのように謎が解かれていくのか楽しみ。」って

冒頭のシーンで大野さんがいない
え~~~~~どうなるの~~~~

これだけ評判がいいんだったら、続編あったりしないですかね
謎ディも続編に続き映画だそうですね、、チトビックリ
☆チーム榎本☆
シリーズ化も夢じゃない~

→ 鍵のかかった部屋 #11 『硝子のハンマー 後半』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将、石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #10 『硝子のハンマー 前半』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将 
→ 鍵のかかった部屋 #9 『はかられた男』 脚本:仁志光佑 演出:石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #8 『犬のみぞ知る』 脚本:岡田道尚 演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #7 『狐火の家』 脚本:相沢裕子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #6 『密室劇場』 脚本:仁志光佑 演出:石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #5 『歪んだ箱』 脚本:相沢友子演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #4 『黒い牙』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #3 『盤端の迷宮』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #2 『鍵のかかった部屋』 脚本:相沢友子 演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #1 『佇む男』 脚本:相沢友子 演出:松山博昭
関連記事

コメント

わはは

榎本さんは、東京総合セキュリティーの仕事できてんのか
いつも心配なの
芹沢事務所の方の報酬はどうなってんのかいな

今まで、謎とき・推理物でダントツと思っていたのは
三谷幸喜さん「古畑任三郎」ですが
(こちらの方は最初から犯人が分かってるパターンですけど)
「鍵」もいい勝負でおもしろいですね~

榎本さんと青砥さんのラインはどーなってんの、って
楽しみがおまけでついてるからなー

ちょっと、ちょ~~~とずつ
垣間見える 榎本怪さんの
「ひとがら」
一話につきたった一言くらいのセリフですけど
いつもすごく楽しみです
今回「知りません。」の繰り返し、おもろい!
↑でもその前の「そうですか?」が超ツボ

(ここ追記です:
今この最後の場面、観終わった高3長女
「やべ、キュンときた。」、でこの場面リピートしてる
あーこれでますますうちにおーちゃん贔屓が増えちゃった
来週のsexy an-an 買えたとして、どこに隠すかが今後の母の課題(笑)
まさか一緒に見ようとは言えないしぃ~~
さりげなく置いとくのも変だ~~
うちにはおーちゃん好きの小学生もいるしぃ~あー困った困った)

わたしゃ、ストーリーと関係なく
とにかく榎本さんの動きが面白すぎて
たまらん

チーム榎本・いいトリオだにゃ~~♡

既にセカンドシーズン希望です。

2012/06/06 (Wed) 09:28 | トベニ #IRhqFhsY | URL | 編集

ちょい今回は珍しい形式にしてみましたv-207
コメントの返事はコチラにアップしました~(*^。^*)
クリックするとそちらのエントリーに飛びます~☆☆

http://sutakora.blog37.fc2.com/blog-entry-3818.html

2012/06/10 (Sun) 16:30 | るぴなす #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する