鍵部屋の原作三部作の第二弾、「狐火の家」を読み終えました。
「硝子のハンマー」が相当な分量だったのに対して、こちらは4つの短編小説。
 ・狐火の家
 ・黒い牙
 ・盤端の迷宮
 ・犬のみぞ知る Dog knows

「本格ミステリーがほかのあらゆる小説と比較して際立って違うのは現在から過去に向かってさかのぼっていくことと、人間ドラマを排除したところに存在する「知的遊戯」という点です。」 ~貴志祐介~

そっか、私が推理モノが苦手なのは、人間ドラマが排除されてるからかもね。

でも、貴志祐介さんとはご縁があるみたいなので
このまま、鍵部屋原作三部作と「青の炎」を一気読みしようと思っております~☆


ドラマ「鍵のかかった部屋」3話は「盤端の迷宮」
1六桂、ドアチェーン、動機、デリヘル
このキーワードがドラマでどんなふうに成り立つのか、楽しみです。


昨日、一回目の手術が終わりました。
看護師さんが検査って呼んでるから手術じゃないのかな?
でも手術台に乗るから私にとっては立派な手術(笑)
無事終わりました☆
明日から食事も始まります。
わ~い(^-^)/
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/3780-19108396