そこに落ちてる宝物を拾ってパズルのようにしたらひとつの映画になるんだ

ただそこに落っこちてる宝物を拾ってパズルのようにしたらひとつの映画になるんだ、それが映画
だから僕は映画は宝物なんだ


クリント・イーストウッド監督が何気にニノと交わした会話
映画はそこにある一瞬の輝きを集めて作ってるってことかなぁ
かっちょいい~
でもこれって結構映画の本質かも~☆


国分太一ニノ
2009年7月19日「ザ少年倶楽部プレミアム」

自分の中で役者として、ハリウッドとか関係なく、こう努力してるとこってどんなとこ?
変に聞こえたら嫌なんですけど、あんまないんですよ
ほぉ
その、周りの関係性で自分が成り立ってると思ってるから、僕は一回自分の役っていうのを他の役者さんに全部預けちゃうんですよ
ほぉ
しゃべって返ってきたのに、あわせるっていう
すげぇ、それすげぇじゃん。それが出来る人がすごいんだと思うよ。なっかなか出来ないよ、それ。それは、監督の演出にも変わるわけじゃないですか。それは、対応するわけだよね
します、します、はいって
それは柔軟に対応しなくちゃいけないよね
それはたぶん、すごい学びました。向こう行って
ふ~ん
だから初日、あっ二日目にラストシーン撮ったんですよ
うん
夕日がきれいだね、なんて言ってたら、じゃ、撮っちゃおうみたいなこと言って
へぇ、自分の中でもあるよね。たぶんこれ、後半の方で撮るんだろうな~と、クライマックスは
日本だと心情を追ってったりだとか、大事なシーンだとかはすごい丁寧に撮るんだよってね、監督としゃべってたときがあって。何でそんなにフラットに撮れるの?って聞いたら、それが日本の晴らしいとこで、日本はドラマと映画を撮ってるんだと。僕は、ただそこに落っこちてる宝物を拾ってパズルのようにしてったら、ひとつの映画になるんだって。それが映画。だから僕は映画は宝物なんだって
それ、言い方の勝ち方だよ、それ。そんなん言われたら、もうねぇ
だから俺、映画撮ったら絶対言おうと思って、それ
絶対言った方がいいよ、それ。だって、宝とパズルっていうワードが、男としてたまらない
たまらない


インタビューかなんかで答えていたんだけど、自分は役者ではない、俳優ではない、アイドルだっていう。そのアイドルっていうこだわりは何?
  *「硫黄島からの手紙」のアメリカの記者会見の時に、日本で5人で歌って踊っていますと言って自分は俳優ではないと言った
なんかね、、勝手な感覚なんですけど。僕、その、、ドラマとか映画とかって、顔を覚えてもらうとか、人気ブレイクするとか、っていうひとつのアイテムっていったら変だけど、きっかけなのかなって、、ずっと思ってたんです
今もそうなの?
今もそうです
へぇ、じゃ、俳優になろうとは思わないわけだ
思わない。もう、これは出来ないです
じゃ、いつまでもアイドルというポジションでいられるなら、これがいいと
うん


ちょっと誤解されそうな会話かなぁ
彼は俳優の仕事を真面目に真剣にやってます
与えられた仕事をいつも最善を尽くして真面目にやる、そこポイントかな
ニノがずっと言ってること、二宮和也でいることが自然体で一貫してぶれない
それが好きかなぁ、、(いや、経験と時の積み重ねで変化しても実は全然いいんですけどね、、)

  1. ニノ
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

間違いない言葉ですねえ… さすが大監督…
でも イーストウッド監督の映画 硫黄島しかみれてないんですよ。
なんだろう つい 逃げたくなるんですね 私。(向き合うのが怖かったりして…)
とにかく こんなことまで 監督に聞けちゃうニノ君って何者?
  1. 2012/01/16(月) 21:54:48 |
  2. URL |
  3. SOON
  4. [ edit ]

ニノ おもしろい奴だ
ほんとにおもしろい
なんでこんなに不思議で面白い?
クリント・イーストウッド監督
その徹底した完璧さの追求を思ったのは
以外にも
『マディソン郡の橋』
彼が電話したのは、「メリル一人」だったということ
それしか考えていなかった、って
作る前に、全部映像が見えていたって
冷静にみると かなりの年だったのに
なんであんなにカッコイイんだろ
あの描き方 深くて美しかった
ほんとうに心に残る作品でした
ニノとクリントさんが全くフツーに
何も構えることなく会話してる事が不思議で
すごく、すごく、すごいわ!!
物おじしないやつだな~ニノは! 
大物だ、ほんと!
ホントに面白い!
ニノと大野君で
仲間由紀恵さんを釣りに連れて行く番組ありましたね
船に弱い(船酔いひどい)ニノ
あー 笑いました。
ひょうひょうと、
どんなことをしでかしてくれるか
楽しみです
  1. 2012/01/16(月) 22:22:07 |
  2. URL |
  3. トベニ
  4. [ edit ]

SOONさん☆
私もイーストウッド監督の映画はそんなにたくさん観てはいないけど
最近では「グラン・トリノ」観ました
印象は、、、意外だった
なんていうか意外な親近感でした(←説明しにくい)
倉本聰さんが、ニノがクリント・イーストウッドをはじめ年配者たちに好かれるのは
馴れ馴れしくてずうずうしいからだって言ってました(笑)
ものおじしないんだろうね~
緊張しないって言ってたもん(ま、カレ特有の言い方だとは思うけど~)

  1. 2012/01/17(火) 22:59:00 |
  2. URL |
  3. るぴなす
  4. [ edit ]

トベニさん☆
「マディソン郡の橋」は私も観ました
いい映画でしたね
ものすごく泣いて観た記憶があります
ニノちゃんは、ホントよくわからんです(笑)
大物に見えたり、ただのインドア派の男の子に見えたり
本当に船には弱いみたいね
だからか海もあんまり好きじゃないみたい(海に来るとテンション下がってそう、笑)
あの番組。なーんか大野君が普通に楽しそうで(←仕事なのか?)面白い番組でしたね~(#^.^#)


  1. 2012/01/17(火) 23:05:10 |
  2. URL |
  3. るぴなす
  4. [ edit ]

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール


Author:sutako/るぴ


別館(映画レビュー)


きゃらめるぽっぷこーん

月別アーカイブ

« 2018 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -