オレが本気でフリを覚えようとすると相当早いよ
うちのリーダーみたいにひとつひとつの動きを自分のモノにしているダンスとは違うかもしれないけど


ニノがそう言ってますが、大野さん本当に上手いです


1997年8月7日~12月10日と1998年4月18日~1998年11月29日
大野君はJr時代に自ら志願して「ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO」で京都の舞台に出てるんですよね
「徹子の部屋」でもその話していて
その頃を振り返ってホームシックで2回泣いたって言ってました(かあちゃんっ子だもんなー)
毎日5公演でクタクタで、1000人入る会場に5列目くらいしかお客さんがいなくて
牛若丸役で舞台の袖でワイヤーで吊るされながら「オレ、何やってるんだろう?」、、って
それが2年間続いたのね

京都で踊りをやり切ったので自分の中では満足感があって
絵の道に進むつもりで事務所を辞めるって言ってたのに
騙されるようにハワイに行って強引な嵐デビューとなったわけですが
これだけの歌と踊りの才能を社長さんが手放したくなかったのがわかる気がする

その後、少年隊の「プレイゾーン」にも出演してるんだけど
東山君の後ろで踊る大野くん見てぶっ飛びました
上手過ぎる☆

千秋楽に観客の前で「本当に出れて良かったです」って泣いてる大野くんを見たんだけど
遠目でも涙がキラキラしてるのがわかる
で、泣きながらもちゃんと笑いとってる
狙ってなくて自然体で笑わせるのはこれは天性の才能だろうなぁ
ふっくらホッペが可愛い
挨拶し終わってもう1回、ヨヨって泣くところが可愛すぎる

「自分でも一歩成長した」って言ってたけど
昔からのファンはこの時代の大野くんがいるから今の大野くんがいるんだって言ってる
そんな頃からのファンがいるんだもんなぁ
私、ファンですって言っていいのかしらん、、って、普通そんな風に思わない私が思わずそう思う

ちなみに、大野さんのCDデビューは「0点チャンピオン」
きゃはは~
これ息子が小さい頃に大好きだった「忍たま乱太郎」のテーマソングよね


、、とまぁ
こんな感じで(笑)
ひとたびアンテナに引っかかると止まんなくなっちゃうんですよね、興味が
ミョンたんもそうだけど、興味が尽きない人が好き~♪
自分で言うのもなんだけど、たぶん情報収集は上手い方だと思うので
どこから引っ張ってきたのーってのを見つけてきちゃう(笑)あー時間ない
それにしても、ターゲットとしては情報量が半端なく多くて
正直、ちょっと困るんですが
仕方ないよね、引っかかっちゃったんだから
ニノさんと大野さん☆
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/3702-a3f34fb1