こんな記事発見
私ね、彼ら見てるとアイドルってすごいなーって素直に感動するんですよね、、
ニノと潤君のところだけ抜粋しました

彼らの心が折れない理由
二宮は、2003年に蜷川が監督した映画『青の炎』と、04年の舞台『シブヤから遠く離れて』で主演を務めた。
「生粋のアイドル、嵐の二宮と松本の舞台での姿は、アイドルという存在の素晴らしさを証明するものだった。二宮はね、何とも言えない猫背と寡黙な表情で時代をちゃんと描けるんだ。なのに、常識的なこともきちんとできて、大人の言語であいさつもできる。こいつらは何だ、と何度も驚かされたよ」
殺人的スケジュールの合間を縫って蜷川の芝居に臨んだ松本は、アイドルの実力を知る蜷川をも唸(うな)らせた。
「嵐であれだけ人気を博しても、松本は決して満足しないからね。もっとできる、もっとファンに届けられるものがある、と考えている。だから、稽古場でも『もっとダメ出しをしてください』『もっと稽古をつけてください』と頼みまくるんだ」
その貪欲さに応えたい、と蜷川は思う。
「生半可な俳優よりははるかに飢えている。でもそれは、見えないところでしている努力のたまものなんだからね」

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/3691-d084d739