2011.10.28 謝辞
近頃、ミョン界隈では
☆KMM観光の旗が新調され
☆ミョンたんに招待状も送付し
☆傘職人による将軍様との相合傘が並び
☆ミョンたん御用達のニュートロジーナサンブロックの話題(我々にとって美白は最重要課題)と
☆さらに密かにくまモンブームも
20111028-5.jpg←可愛い~

楽しいですなぁ

いやぁ、、そんな中突拍子もなかったのが、まさかのニノ登場(←自分で言うか
おもろいわ(←誰が~~)

風が吹くまま気の向くまま
るぴさん☆思ったこと感じたもの見たものだけ書いていくんだも~ん

それにしたって、こちらは玄関にいらっしゃるのはミョンたんですしね
餅、じゃないモチ基本はミョンたんですから
るぴさん☆突然何を言いだすのか~ってそろ~っとドン引きされる覚悟も多少ありだったんですけど

「寛大なる宇宙空間的なお部屋」 by reo18さん
はい、なんと寛大なるお部屋なんでしょ~自分の部屋ながら感動~~

感じるまま好き勝手なこと書いてるだけなのに
ビビッと来るコメントでお返事貰って、自分の好きな話題でお話してくれて(相手してもらって、笑)
や~ん、楽しすぎます~☆

、、と心より謝辞を送らせていただきます(#^.^#)


そして続きでは、、、突拍子もない繋がりで、またまた突然な話題で許してね~


ホント、突拍子もない話でいきなりなんやねんって思う人もいるかもしれないんですけど
(前置き長し、笑)

はんりゅう~はんりゅう~とかいうじゃない? あ、韓流ね
それってナニ、って理屈っぽくあーだこーだとこだわってきたけど
先日のミョンたんご招待の食事会を見てて
まさに韓流(韓国風)なんだよなぁって思ったの

日本じゃ考えられないでしょ?
でも韓国ではミョンミンさんに限らずこういうことあるんです

韓国には事務所が運営する有料公式FCって(ある場合もあるらしいけど)そんなになくて
ほとんどがカフェのようにファンが立ち上げて公認されて運営していくのが一般的なスタイルなんですよね
だから俳優とファンの関係がすごく近くて家族的な集まりになってる
まさにファンミーティングってそれでしょ
肌触れ合って親交を重ねるとこが、いかにも韓国~~って気がする

ファンミっていう新しい言葉が日本に入ってきて
それがあまりにもファンの数が多くて、遠くでも行きます、料金高くても行きたいっていうニーズが多かったから
自然発生的にできてきたのが日本のファンミーティング
これまたいかにも日本~~って感じ

自分でも参加もしたり否定もしたりしてたけど、基本にある精神は同じなんだよなぁって
ものすごくあたりまえのことを実感しました

笑ってやって、こんなあたりまえのことを今更書いてる私を(笑)

好きな人に会うことはものすごく幸せで楽しいことだし
親近感のあるウリペウ、ファンを大切にするウリペウ
ああ、、ミョンミンさんに任せておけばファンはどどーんと幸せ~
ミョンたんペンになって幸せだ~~~☆
、、ってものすご~~~~~く思いました

それと同時に思ったのは、素顔の、あまりにも優しくて普通な感じなのに品があって知性的で
寛大で頼りががあってユーモアのあるミョンミンさんが大好きだけど
でも、あえて言うなら
私の最大萌えポイントは演じるキレキレのミョンたんなんだなぁってことでした

あれ?、、結論までいってみたら
そんなにたいした結論にならなくて、ちょっとビックリしてます(爆笑)

にゃは、、許されて~~


ぐだぐだになったついでにもう一つ

最近なんとなく感じていることがあって、、
ミョンミンさんの最大の魅力は、自分を消してキャラクタになり切って演じることだけど
それは、ある意味弱さでもあるかもしれないってこと(きゃ~こんな言葉畏れ多いですが~)
上手く説明できないです
ニノを見ててミョンミンさんと真逆なものを感じました
これまた上手く説明できないです

説明不足な言いたい放題、、やっぱり、笑って許されて~~


あ、もうひとつあった(笑)

日本の公式FCってさ
確かにミョンミンさんが公認してるし、日本で唯一の公式FCだろうと思うけど(公式の定義があいまいですが)
実態を正確に言うとMnetファンクラグだよね

例のミョンたんからのお誕生日メッセージ FC三周年のお祝いの色紙が遅れて提示されたとき
宛先になぜかMnetって入ってた
ぷぷぷ、、さすがミョンたん、本質ついてます(笑)

でも、そういうののこだわりって正直全くないです
さらに言うなら
ファンはファン以上でなくファン以下でもないし
どうやって好きでいてもいいし
何年好きでも一瞬好きでもファンはファン

基本さ、キム・ミョンミンの作品が好き
それだけでいいんですよね~
きっと

、、、まとめたけど、なんかあんまりかっちょよくなかったかも、はじゅかし~(笑)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/3675-e9bb98b1