2011.04.14 チキン配達中
きゃ~~~~!!



そして記事を読んでみると、、

新しいキャラクター演技のために市場で手に入れることができるトレーニング服
もじゃもじゃした頭、若干飛び出た前歯など細心な外的変身まで敢行する熱意を見せて制作スタッフを驚かせた

おもっ
私も驚いてます、、、もじゃもじゃ?、、 歯?

チキン配達

アン・ソンギとキム・ミョンミンが会った! 映画<ペースメーカー>はアン・ソンギ、キム・ミョンミン、アラのキャスティングを確定し4月11日クランクイン後本格撮影を始めた。
映画<ペースメーカー>は一生人のために30km‘ペースメーカー’として走った悲運のマラソンランナーが生涯初めて42.195kmの夢の完走に挑戦するヒューマンドラマ。
マラソンランナー‘チュ・マノ’役にはブラウン管とスクリーンで毎度新しいキャラクターで破格変身する大韓民国最高の演技派俳優キム・ミョンミンがキャスティングされた。 劇中‘チュ・マノ’は韓国で30kmまではどこの誰よりよく走るマラソンランナーで、難しい環境の中でも‘マラソン完走’という夢を失わず絶えず努力する人物だ。
彼とともに国民俳優アン・ソンギが‘チュ・マノ’をペースメーカーに起用する冷徹な国家代表チーム監督‘パク・ソンイル’役を担い‘チュ・マノ’と義理と愛憎の選手と監督の関係を見せる予定だ。 また‘チュ・マノ’と運動選手としての交感と友情を積む棒高跳びの国民妖精‘ユ・チウォン’役にはアラがキャスティングされ、韓国代表俳優キム・ミョンミン、アン・ソンギとともに意味ある国内スクリーン申告式を払う。
映画<ペースメーカー>はミュージカル[ヘドゥウィク][痛む米][キム・ジョンウク探し][ガソリンスタンド襲撃事件]などを演出したキム・タルジュン監督が引き受けて、ミュージカル以外の映画でも観客の心を一気にひきつける彼の能力が100%発揮されると期待される。

クランクイン後撮影した初めての場面はマラソン選手生活をやめてチキン配達をする‘チュ・マノ’の姿が登場、友人のチキン家に居そうろうして配達して全く違う人生を生きる彼の姿を見る。 バイクが故障すると配達地まで走って配達するこの場面はたとえマラソン選手でなく他の仕事をしているけれど走りたい心だけはそのまま残っている‘チュ・マノ’キャラクターを如実に表わす場面だ。 新しいキャラクター演技のために市場で手に入れることができるトレーニング服、もじゃもじゃした頭、若干飛び出た前歯など細心な外的変身まで敢行する熱意を見せて制作スタッフを驚かせた。 その上頭にはチキン配達を象徴する鶏トサカヘルメットまで被って実感ある演技をしたという後聞だ。
キム・ミョンミンは“<ぺースメーカー>はとても希望のある感動ヒューマン ストーリーだ。 常に最初の撮影というのはキャラクターが正確に捕えられない状態で準備してきたことを土台に撮影をするが、今回の映画は感じが良い。今後も不足した部分を満たして毎回進行されたら良いし、また完ぺきな‘マノ’の姿で誕生したいと考える。 熱心に最善を尽くします。”と初めての撮影所感を伝えた。
映画の演出を引き受けたキム・タルジュン監督は“私たち皆は誰かのペースメーカーである。 選択を受け成功した人々ではない以上すべての人々が‘マノ’のような人物だと考える。 そのような平凡な人々に希望をあたえる話をしたかった。”と演出を引き受けた理由を明らかにした。 また“一般的に考える呼吸、息でなくマラソンランナーの運動靴が地面を蹴飛ばす声、その軽快な足音が観客心に残ったら良いう。”と所感を伝えた。 ヒューマンドラマ<ペースメーカー>は今年の下半期封切り予定だ。

情報元 → egn.kr
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/3567-ba6aa6a0