懐かしく振り返ってみますに、ワタクシ、チャングンのおそばに辿り着くまでに
はい、それなりの行程を経ました

カンマエ→ジュンヒョク→ダルゴン
いろんなパターンはあるでしょうがミョンたんペンとしては王道かな?
このあたりからKNTVで「不滅の李舜臣」の放送が始まり
ダルゴンで盛り上がっているさなかに「キム・ミョンミンはそこにいなかった」(これもある意味作品かと

そのあと、デヨン刑事(無防備都市)→ヒョンス刑事(鏡の中に)→→ヨンヒョン(鳥肌)→リュ・ジェウ(リターン)に出会いつつ
「不滅の李舜臣」は1年間かけて視聴完了~
実はインチョルはチャングンのあとに出会ったんですよね

ミョンミンさんの作品は、出会うたびに何段階も底なしに堕ちる(魅力に)わけでして
どこまで堕ちるの~~と絶叫しながらの日々
「不滅の李舜臣」はやっぱり他の作品とは違うんですよね
まず何と言っても圧倒的に長い(←そこ?)濃密☆
あまりの凄さにどうしていいのかわからない感情を激しく揺さぶられつつ
必死にチャングンのおそばに辿り着き
最後はエラ呼吸を習得したのであります
     →エラ呼吸中  →エラ呼吸継続中

そんな中、なんとカンマエと劇的な出会いを果たした直後に
あろうことか! 2作目に「不滅の李舜臣」に挑んだ強者(ツワモノ)が~
過酷な「修行」ではないですか!
これを荒行と呼ばずして何と呼ぶ~~!

まさにその荒行に励んでいるのは、reo18さん☆
さらにtamapiさん☆は、カンマエの後チャングンとダルゴンを同時進行するという
もしやこれは韓国ペンさんでさえもなしえなかった激しい荒行と言えるのでは~(笑)

ワタクシ、これを「チャングン荒行の会」と命名いたしました

「reo18☆ tamapi☆頑張るんだよ」 byミョンたん
20110405-1.jpg
あぁ、、このふわふわヘアがええなぁ
ミョンたんはマノに変身して、あのがっちりヘルメット風ヘアを脱したかしらん、、、(脱してほちい~!
これは「不滅の李舜臣」が終了した頃のミョンミンさん?
ちょっとだけふっくらして
これがもう少しするとKBS演技大賞の林家三平風の髪型になるのね~
それでも好き~☆


「荒行の会」の規定(?)からすると、私などは外れておりますが(笑)
チャング~~ン!!と愛をこめて大きな声で叫べば
もれなく超特例的措置により 荒行の会会員とみなされるということで
もう一度チャングン沼に深く潜んで、、、エラ呼吸(笑)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/3561-565c8191