ディノスシネマズ札幌劇場ディノスシネマズ札幌劇場
札幌駅に大きなシネコンがあるけど
韓国映画は主にすすきのの近くにあるこの映画館で上映されます
でも小さいけどスクリーンは9つあるんですよね
ってことはこの映画館もシネコンって言うのかなぁ
個人的にいつもお世話になってます、こことシアターキノ様~♪

3月5日「私の愛私のそばに」札幌公開☆3月5日☆札幌でも「私の愛私のそばに」封切りました
観てきました~、上映初日の最初の上映で映画を観るのはファンとしての私のこだわりです

映画のオープニングはオーボエの軽やかなメロディと共に監督と主演俳優の名前がパソコンの文字のようにカチカチと表示されます
話すことができないジョンウの会話の手段はPCで、まぶたを動かして文字を打つんだけど、そっか、、これはジョンウがまぶたで打ってるPCの文字をあらわしてるんだよね
まぶたでしか意思が伝えられないジョンウは辛い状態なんだけど、オープニングのメロディは明るくて軽やかで
こういう明るいイメージで映画を観始めるのは初めてかも

今までに何回この映画を観たでしょ
韓国で観て、ネットで観て、DVDで観て、数え切れないくらい観た「私の愛私のそばに」だけど、今までで今回が一番面白かった、純粋に映画を楽しみました
スクリーンで字幕付きで観るってやっぱりいいなぁ~、小さな上映館だったので前から2番目に席に座って、本当に気持ちよく鑑賞しました

同時に初めてこの映画を観た時を思い出しました
CGVミョンドン駅、友達と別れて別行動で深夜ひとり、なぜか英語字幕つきで、観客はまばらで、なんとなーくうらぶれた雰囲気があって(なぜか、笑)、私はその日の夕方にソウルに着いたばかりで、でもほんの少し前にミョンミンさんに遭遇して会話までするという考えても見なかったことが現実に起きて、動揺から気持ちがあっちこっちしてる状態、オープニング曲が始まった瞬間を思い出して不思議な感慨がありました

今回はジョンウというよりジスに気持ちを沿わせて映画を観たかなぁ、それってすごく自然な感情移入よね
ALSと闘ったジョンウや先が見えないまま看病する同室の家族の苦しさより、ジョンウとめぐり合って最後まで添い遂げたチスと同じ心境で観てたのね、きっと
辛さよりも幸せな気持ちを強く感じました
それと、ジョンウって本当に「チャルセンギョッソ」素敵なお兄さんだわ~、こんなに爽やかな青年になったミョンミンさんって他にないよね、 本当にいい映画だな~ってしみじみ思いました
そして、悲しい映画だけど、可愛い映画だった
大好きな人(俳優)の映画観てこんなに幸せな気持ちになるってことが嬉しくてたまりません

普段、韓国映画って上映される館は狭いのに笑っちゃうくらい人は少ないんですよね
木曜日のレディスデーで観ることが多くて土曜日鑑賞って初めてだったんだけど、いつもよりは人は若干多かったです、私の前と後ろは男性でした
先日のレディスデーの「悪魔を見た」よりは絶対に多かった(あれはレディは観にいかないか、笑)
皆さん、終わった後はトイレで泣きはらした目をお化粧直ししてました(私も)


札幌の団体鑑賞は次回にお楽しみ
心だけ参加申し込みはたくさんいただいて実質10名位の団体様だったですけど(笑)
私一人の鑑賞となりました☆

20110305-33.jpg

でも映画鑑賞後は韓国料理でランチ(家族と、笑)☆美味しかったです~
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/3552-1e717c36