シナリオ受けた瞬間運命だと感じて

「私の愛私のそばに」と「朝鮮名探偵」の記事が交互にきてるような
私が二人ほしい(笑)
同時に二つに萌え萌えするって、なんか贅沢でもったいない~(爆)

常に緊張しなければいけないくて演じながらのがす部分がなく気をしっかり引き締めるのは全く同じです
ただ終わって後遺症があまりないような感じを覚えました
とにかく周囲でたくさん笑うとそれは気持ち良いことでしょう


やっぱりファンも明るいよね
ミョンたんが明るいと~

20110206-4.jpg


キム・ミョンミン、"本で演技習って…私の演技、満足できなくて" (インタビュー)   mydaily
"'朝鮮名探偵'シナリオ受ける瞬間運命だと感じて"
"普段本を通じて多くの経験をして演技を習う"

'徹頭徹尾'という修飾語がよく似合う俳優キム・ミョンミンが新しい挑戦に出た。 映画'私の愛私のそばに'ドラマ'ベートーベン ウイルス''白い巨塔''不滅のイ・スンシン'など多様な演技のスペクトラムを見せた彼が久しぶりに力を抜いた。
キム・ミョンミンは'朝鮮名探偵:トリカブトの秘密'でおとぼけ名探偵役を担った。 名探偵は天才的な頭脳ときらりと光らせる推理、カリスマあふれる容貌を持っているが言葉どおりおとぼけキャラクターだ。 また、朝鮮最大の陰謀を暴く中でも特有の才覚がある話し方で笑いをプレゼントする。

単刀直入に尋ねた。 '朝鮮名探偵'を選択した理由が何か。今まで重くて貴重な役で彼だけの独歩的なオーラを持っているキム・ミョンミンがコミカルなキャラクターを選択した? 気にならざるをえなかった。 そして帰ってきた返事は意外に簡単、明瞭だった。

"シナリオが良かったです。 運命のような感じでした。 ある人に会って一目惚れするそのような感じとしましょうか。 ストーリーがなめらかだったし歴史的な背景が斬新でした。 また、虚構と事実を半々に混ぜた構成が良かったです。"

そうだ。キム・ミョンミン演技の最初の基準はシナリオだった。相手俳優、監督より重要なのはシナリオに会うその瞬間、その感じだった。 ある者は話す。 キム・ミョンミンはシナリオを見る見識が卓越だと。 また、彼が選択したシナリオはキム・ミョンミンの他にはあえて意欲も出すのが難しいキャラクターと。

"いいえ。 絶対そうではありません。 私の周囲の人々はかえってシナリオ見る見識をちょっと育てろというのです。 絶対私は卓越した才能があるんじゃないです。"

キム・ミョンミンは極力首を左右に振った。何度尋ねても返ってくる返事は同じだった。 だがなぜか満足しなかった。 単純にウンというには彼が選択したシナリオがとても良かった。 もちろんキム・ミョンミン印演技があったから可能だったが、シナリオが持っている力を無視するだけではない役だった。

"普段本をたくさん読むほうです。 結婚前にはリュックサック一つだけ担ってあちこちたくさん歩き回りました。 リュックサックの中には本でぎっしりで、旅行先の部屋で静かに本を読んで帰ってきたりしました。 振り返ってみれば本を通じて本当に多くの想像の翼を広げたようです。 何でも夢見ることができて何でもやれて。 俳優が得ることができる数多くの直、間接経験中に最も多い経験を本から得るようです。 普段本を通じて演技を学んで本を通じて作品を読む目を育てます。"

20110206-5.jpg

"オ・ダルス兄さんとは次に必ずもう一度作品を"
"セクシーカリスマ ハン・ジミン、大きくなる可能性が見えて"

本論に入った。 先月27日封切りした'朝鮮名探偵'は初めの週末の30日まで73万4020人の観客を動員、この期間興行1位に上がった。 正月を迎えてそうそうたる作品が先を争って封切りリレーを広げたがキム・ミョンミンのコミック史劇'朝鮮名探偵'を折れなかった。

"俳優との呼吸が本当に良かったです。 特にタルス兄さんのような場合は演技の達人ではないですか? シャーロック・ホームズ-ワトソン博士を跳び越える演技呼吸だったと自負します。 それで'次に必ずやろう'という話を毎日しましたよ。"

ハン・ジミンとの呼吸はどうだったのだろうか。 キム・ミョンミンは映画試写会で'ハン・ジミンのセクシーで我を忘れた'と話して話題を集めた。 清純できれいなハン・ジミンは今回の映画を通じてセクシーカリスマを誇って演技変身に挑戦した。

"残念ながら映画でハン・ジミン氏と一緒のシーンは多くなかったです。 私のそばには常にオ・ダルスお兄さんがいらっしゃいました(笑)。 ジミン氏は本当に美しいく学び態度が正しい俳優です。 '真に向かい合えば態度が正しいんだね'と何度も感じました。 そのような姿勢なら本当に良い俳優になるでしょう。 ア、セクシーな演技も驚くほど上手にしましたし。"

映画のメガホンを取ったキム・ソギュン監督はKBS芸能看板PD出身だ。 2006年劇場版'オールドミス ダイアリー'に続き今回が二番目映画挑戦の彼を巷間では'忠武路のアウトサイダー'と呼ぶ。 '演技本座'キム・ミョンミンと'アウトサイダー'との出会いは興味深かった。

"性格上似た部分が多かったです。 出演決定段階から多くの会話を交わしたが監督様に対する信頼が確かになりましたよ。 一度は全体的なシナリオを分析して問題点を申し上げたところ反映するべきことは反映して意地のとおり行く部分は行ったのです。 '底力がありながらも常に聞く耳を持っておかれる方だな'ち思いました。 互いに心がよく通じたしとても満足した映画作業でした。"

コミック演技の話ができなくもなかった。 映画試写会に参加した多くの人々は似合うキム・ミョンミンのコミック演技にずっと首を縦に振った。 本当にしらじらしくもキム・ミョンミンが作り出した名探偵は憎らしいが憎くなかったし、ユーモラスだったが軽くなかった。

"前作'破壊された男'や'私の愛私のそばに'そして'朝鮮名探偵'は事実全く同じです。 周囲の人々が気楽に眺めてくれることのほかは演技する部分が全く同じです。 常に緊張しなければならなくて、もしかして演じながらのがす部分がなく気をしっかり引き締めるのは全く同じです。 ただ、終わって後遺症があまりないような感じを覚えました。 とにかく周囲でたくさん笑うとそれは気持ち良いことでしょう。"

20110206-6.jpg

"息子が俳優するならば絶対反対…私に勝てば止めなくて"
"黙黙と内助する妻、常に感謝"
"演技の満足できなくて、満足は本人がするのか、いいえ"

キム・ミョンミンは一人息子のパパだ。 子供の話をすると突然目つきがさらに鮮やかになる、俳優の前に一人の子供のパパだ。 どんなパパなのか気になった。 休みなく作品活動を続けたキム・ミョンミンなので、普段子供に良くするのか尋ねた。

"私の父は恐ろしくて教育に徹底したが友人のようではありませんでした。 一言で距離感がありましたよ。 俳優をするといった時も両親がひどく反対しました。しかし私は子供が私の頭をなでてためらいなく近づくほど友人のようです。"

友人のようなパパと…ひょっとして息子の夢が俳優ではないのか気になった。 友人は互いに似ているということだ。

"そのとおりですよ。 息子が俳優をするといいます。しかしあまり荷が重い道、前絶対反対です。 強靭な精神力で武装しなければ持ちこたえることができないのが俳優でしょう。 しかし子供がそれを突き抜けて自力で立ち上がればその時は賛成するでしょう。 砂漠の真中で生き残ることができる精神力を持つならば、その時は賛成という話でしょう。"

妻に対する有り難みも忘れなかった。 振り返ってみれば本当に忙しく過ごしたキム・ミョンミンであったし、多様な作品を通じてキム・ミョンミンでない他の人で生きてきた。

"常に有難いと思ってます。最も大きな内助をする妻でしょう。 特に'破壊された男''私の愛私のそばに'はちょっと暗鬱なキャラクターなので私もやはり暗鬱に暮らしました。その間妻は夫がないと考えて、私が鋭さを見せようがしまいが神経使わなくてすべて受け入れると感謝しないわけにはいきません。演技に陥って、キャラクターに陥って、精神病に関わっているのにもですね。"

最後に'朝鮮名探偵'での自分の演技に満足するか尋ねた。 いや、もう少し包括的に'演技本座'という話を聞くが、それだけ自分の演技に満足するのか気になった。 そして返ってきた返事の中には哲学があった。

"満足? 私は常に満足しません。 いや、満足できません。 その満足というのは観客が満足して認めることであって私がするものではありません。 本人が認める瞬間俳優として、ひとりとして終わると考えます。 他の人々が誰かの実力と能力を認めてくれることであって本人が認めることではないとみます。"

キム・ミョンミンのコミック史劇'朝鮮名探偵'はキム・タクァン作家の原作小説'烈女門の秘密'を映画化した作品で、正祖16年(18世紀)官僚の公納不正を囲んで広がる疑問の事件を扱う。 朝鮮一番の名探偵がおとぼけと度天才の間を行き来して特有のしらじらしさと才覚を武器に朝鮮を揺るがす巨大なスキャンダルを暴く朝鮮最初の探偵劇だ。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する